2009/4/14  20:58

出来ればカッコいいね  

先日、仕事で耳が不自由な方の家へ行った。
当然、会話は筆談でしたんだけどね。
筆談で会話をしていることを、
相手の方は申し訳なさそうにしてた。
「気にしないで何でも聞いて下さいね」と書いたよ。
その時の相手の嬉しそうな顔が忘れられないな。
まだ30代くらいの女性だったんだけどね。

そこで申し訳なさそうにするのが残念だったな。
世間に対して迷惑をかけてしまっているって
思うのは、やっぱりまだまだ壁があるってことだよね?
逆に自分が申し訳なく思ったよ。
「少しでも手話が出来れば」って。
スペイン語や英語がペラペラよりも、
手話が完全に出来たほうがカッコいいなって思った。

あ、これはスペイン語や英語がペラペラの人が
カッコ悪いとか、いけないって事じゃありませんからね。

障がい者が差別や壁を感じない様にしていかなくちゃね。
ちょっとだけでも手話を勉強したくなったな。
.......暇を見つけて本でも見るか。。。。


注:「障害者」という表記は好ましくない為、
「障がい者」という表記にしています。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ