2009/8/27  1:03

SONGS  SONGS

今回はわらべの「時計をとめて」を。
何気にこの曲も大好き。優しい曲。

わらべ
時計をとめて(1984年)

時計をとめて このままそっと
過ぎゆく今が 淋しがるから
 心の振り子を その手でとめて
 話す言葉が 消えてゆくから
  いつまでもよりそい夢の中
  今日の終わりにさよならすれば明日になるけれど
時計をとめて このままそっと
夜空の星も みつめてるから

時計をとめて ふたりのために
かさねる手のひら 淋しがるから
 心のブランコ ゆらしていたい
 あしたがそこまで むかえにくるから
  いつまでもよりそい夢の中
  今日の続きをさがしてみれば明日になるけれど
時計をとめて このままそっと
夜空の星も みつめてるから

時計をとめて このままそっと
過ぎゆく今が 淋しがるから
 心の振り子を その手でとめて
 話す言葉が 消えてゆくから


メロディも歌詞もすごく優しい曲。*^_^*
聴くたびにホッとします。
欽ちゃんのどこまでやるの!で歌われていましたが、
作曲がYMOのプログラマーだった松武秀樹さんなんですね。
なので聴いてみたら......あらいい曲。◎o◎
まさか松武さんだとは思わなかった汗
ホントにいい曲だと思います。

注意改行は歌詞カードそのままの状態です。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ