2005/8/31  1:35

水。  

先日の土曜日に大田区内へ行く用があったのでちょっと立ち寄り。
今回は東京都品川区にある「大井の水神」を。
京浜東北線大森駅北口を降り、線路沿い大井町方面へ
大井水神公園が伸びています。その公園北端の交差点はす向かいに
大井の水神はあります。小さな神社が祀られています。
中に入ると手水舎、井戸、祠隣の溶岩の3ヶ所から水が出ています。
この中から手水舎を。竜の口から水は出ていますが、
水量は多くありません。2Lのペットボトルに入れるのに
すっげぇ時間がかかります。かなり根気が必要。
この大井の水神、かつては湧き水が豊富な場所で、
村民が飲み水や農業用水にしていたようです。
祀られたのは1685年で、この水は柳の清水と呼ばれ
日照りの時はここで雨乞いをし、また本社は歯痛を止めるご利益も
あったと伝えられています。昭和50年頃まで水は湧いていましたが、
マンション建設などによって水脈が切られ、湧き水は消滅しました。
しかし復元しようという努力の末、ポンプによる汲み上げですが
地下水はそのまま出ています。柄杓にとって水を飲むと
軟らかくてなかなかおいしい水でした。
この水でお茶(宇治茶ね)を淹れましたががやはりいい味出します。
ここも水汲みは自由です。並んで汲むという事も殆ど無いと思います。
地元の方々の努力により、本当にきれいに整備されています。
柄杓を使用したら元に戻す、ゴミを散らかさない等
地元の方々の気持ちも大事にしましょう。神社にもお参りを。
この水が心配な方は煮沸して飲用にして下さい。
ここには専用の駐車場はありません。
交通量が多い所なので水神前に路上駐車など言語道断。
隣にコインパーキングがあります。そちらのご利用を。

「大井の水神」 東京都品川区南大井5-14-9
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ