2006/8/17  20:41

旅・京都  京都

えー、そんな訳で続きやね。
奈良から京都に戻り、夕食。
訪ねたのは15年近く寄らせてもらっている「うを市」さんへ。
ここは鱧料理を気軽に楽しめるお店です。
鱧懐石(要予約)などもあるので一度訪れてみては?
この場を借りて、おかみさん・娘さん、またよろしくね〜。

今熊野弁当・はもの落とし付(3150円)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

これでお腹いっぱい。今熊野神社の夏祭りで賑やかな商店街を後にして
宿へ向かいました。

次の日は太秦・西陣方面をレンタカーで。
レンタカーで回るのは初めて。でも、道に不安は無かったな。
徒歩やバス、タクシーなんかで結構道を覚えているからかも。
ナビ、地図を殆ど見ないで普通に走っていました。
うーん、住めるかも?(笑)
まずは廣隆寺さんに寄り、弥勒菩薩半伽思惟像の優しいお顔に会いに。
いつ見ても心が洗われるお顔をしていらっしゃいます。
そして鹿苑寺(金閣寺)へ。拝観料400円を支払うと参拝券を頂きます。
この券が何と御守護になっているんですね。
そして金閣寺の美しいこと!晴れていたからなおさらきれいです。
現在の金箔は1987年に張り替えが行われました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

次に今宮神社(境内自由)へ。参拝後は当然あぶり餅を。
神社の門を出ると、右に「かざりや」、左に「一文字屋和助」さんが。
私は毎回交代で入ります。前回はかざりやさんだったので、
今回は「一文字屋和助」さんへ。(10:00〜17:00、水曜日休、
但し1日か15日が水曜または祝日の場合は翌日休)
これ、何度食べてもおいしおすえ。(笑)お茶も井戸水で淹れてます。
一人前500円。お土産もできます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そして釘抜地蔵さんで心の苦しみを抜いていただき、
映画「陰陽師」で一躍有名になった安倍晴明を祀る「晴明神社」へ。
恋の祈願をして(笑)サッカー人が必ず訪れる白峯神宮へ。
もちろん必勝大宮と日本代表を祈願。
左・釘抜地蔵。苦しみを抜いてくれますよ。ここ大好き。
中・晴明神社。五芒星の印が随所に。
右・白峯神宮。毎度お世話になります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この後は錦市場、祇園商店街、八坂神社、仲源寺さんへ。
これはまたこの次に。最後は夜の八坂さん西楼門を。
クリックすると元のサイズで表示します

原寸サイズの画像ご希望の方はご一報を。

リンク「うを市」追加。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ