2006/9/4  2:36

甘く見たんちゃうか?  6人HOUND DOG

1人DOGのリーダーはDOGファンを甘く見てはいなかっただろうか?
もっとついてくる人はいるだろう....と。
DOGファンの絆、結束はそんなもんじゃないですって。
ライブ中を見ればわかるでしょ?初めて来た人は大抵、
ピッタリ合った拳や一体感に驚きを隠せませんよ。
これは自慢だったでしょ。そしてマナーがいいと。
(中にはしょうもねぇ奴もいたが)これは自分もそう思う。
HOUND DOGのファンは自然と身に付いていったんです。
誰に教わった訳でもない、6人のメンバーに教わったんですよ。
たくさんある楽曲の中で、聴きながら、励まされながら
身に付いていったんです。その事に一番気がついていなかったのが
1人DOGのリーダーさんだったとは信じがたい事だ。
オレは初めてのソロコンサートも行った。でもその後は行かなかった。
その後もソロやバラコンには絶対行かなかった。頑なに断った。
サポートが1人ツアーについていた時も、3年程ライブを拒否した。
それだけ6人に拘る人もいる訳ですよ。
ここまでする奴もアホかもしれませんが、
オレは頑なに6人のみのライブに拘った。
この拘りは本当の「HOUND DOG」に教わったんだ。勘違いするな。
今回、ファンを甘く見ましたね。
ロックンロールがあっても、絆が無くては誰もついていきません。
歌詞の中にもたくさん出てくるのにこれじゃ説得力が無いでしょ?
武道館の日からため息、悲しさ、空しさ、
昔みんなで行ったライブの想い出しか出ない。
ここのブログタイトルだってこの曲に励まされ、再出発になったから
現在も使い続けているんだ。そういう想いを簡単に打ち砕くなんて、
1人DOGのリーダーさん、そりゃねぇぜ。。。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ