2007/2/15  1:53

再び訴訟  

あの一澤帆布工業がまた訴訟を起こしました。
この内容の訴訟をたぶんやると思っていましたが、
この金額。もう笑っちゃいます。
だいたい、従業員は自分の意思で移籍した。
こんな事ばかりやっているから誰もついてこない事を
気がつかない悲しい人達。以下、記事を一部抜粋させて頂きました。

「一澤帆布工業」(京都市東山区)の経営権を巡る問題で、
先代会長の長男の一澤信太郎さん(61)と
四男の喜久夫さん(55)の同社代表取締役2人が14日、
三男で前社長の信三郎さん(58)ら4人と三男が設立した新会社
「一澤信三郎帆布」(同市左京区)など2社を相手取り、
商標権侵害による損失など総額約13億3000万円の損害賠償を
求める訴訟を京都地裁に起こした。
訴状などによると、原告側は、
三男が2005年12月に取締役を解任され、
新ブランドのかばんの販売を始めた際、
一澤帆布工業からミシンなどを持ち出し、
従業員も移籍したため、休業状態に追い込まれ、
さらに、似たような商標で営業していることで、
売り上げ減につながったとしている。

売り上げ減の原因が本当にわかっていない。悲しいです。
もうやめて欲しい。一澤帆布は更にカバンが売れなくなると思います。
何よりも「信頼」「人柄」「無欲」が大事なんじゃないかと。
うーん、また何か動きがあるかな.....
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ