Blue Tiara イメージ

2009/6/21

いすゞ・117クーペ  スローライフ

1970年代の名車
いすゞ・117クーペ、久しぶりに見ることが出来ました
クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら、乗った事はありません

曲線の美しい、エレガントな車
今でも乗り継がれていて、走る楽しみが湧いてくるようです
この色とっても似合っている(^−^)
また、和風でも洋風でもモダンでも、どこでも似合いそうです
このデザインはジョルジェット・ジウジアーロの手がけたもの

今、最近の車には無い、雰囲気が漂っていますね

117の番号は開発コードナンバーだそうです
この後継モデルは、ピアッツァです
高校時代には全盛期で結構見かけていました
でも、そのデザインは当時好きではありませんでした
でも、今見ると、とてもとてもかっこいいんです

ピアッツァは少し早く世の中に出てしまったんだと思っています
時代を超えて、時代を先取りした、そんな車がピアッツァです

ジウジアーロのデザインの魅力は車の目
ライトデザインだと思います
そこにどうしても引かれてしまいます
大好きなパンダも同じにライト周りが魅力を感じます
(テールランプも同じに素敵です)

昔の車は目で語っていたような気がします。

もっと小さい頃
鮮明に覚えている、車があります
それは、日産チェリークーペ
黄色い綺麗な色で、テールがこんもりしてて
丸目のテールランプ(^−^)
それが眠たそうに見える、目
クリックすると元のサイズで表示します
この場面が脳裏から今も、離れません(^−^)

チェリークーペは今も見かけることはあるのだろうか?

いつまでも気に入られて、大切にして頂ける
それは、性能でもなく、機能でもない
デザイン、フォルムです。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ