Blue Tiara イメージ

2009/10/29

雨だれ・・・・  スローライフ

建物が出来上がり、外溝工事に入って来ますと
門扉や門柱、塀など、敷地内を囲って行きます
隣地の境界線などは、ブロックを3段積んでネットフェンスなどで
区画して行きます、このネットフェンスは施工が簡単でお値段が安い
普及していますね、自宅も使っています・・・・が・・・・
もう少し違う物にすれば良かったなと、今思います

それとは別に、ブロックを積んで左官仕上げの門柱や塀
これは、味があって、雰囲気造りには持ってこいです
でも、笠木の造り方で参考にして頂きたくない事例です
ただ煉瓦をそのまま乗せて行くと、こうなります・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
目地のところから、綺麗に水が流れて・・・・
雨だれが幾重にも壁を伝わり流れて行きます

こちらと同じ状態を、改修したところがあります
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/775.html
改修後は
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/861.html
そして、ポストやネームプレート、インターフォンカバーなど
取り付けて、完成しました(^−^)
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/874.html
屋根材を置くのもひとつです、スペイン瓦だから出来ました
これ以外では雰囲気造りが難しいです

人を一番に迎える門柱や表札達、雨だれは防ぐやり方があります
上の画像でも、目地部分、雨だれが出ている所と出ていない所
その違いは???
水は正直ですから、上から下へ流れて行きます

ブルーティアラのお客様で
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1398.html
こちらの門柱は、この施工ですと、雨だれ出ないと思います(^−^)
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1174.html
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1210.html
こちらは笠木が無いので、雨だれはありません
こちらも、大丈夫です
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1425.html
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1430.html
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1082.html

問題は煉瓦の大きさと傾きと目地の造り方です

綺麗に創った、ネームプレートを付ける門柱や壁
雨だれの無い、壁に付けて欲しいと思います。
ご注意くださいm(__)m

後、外壁に出来る、窓からの雨だれ・・・・
これも綺麗ではありません、そのお話は次回です。
2
タグ: ブロック  笠木



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ