Blue Tiara イメージ

2006/4/8

南欧自然素材の家とは?  南欧自然素材の家

家を建てようと考えて、少し調べて見ると・・・
みな大きな所(構造体)小さな所(詳細)は
建設会社ごとに違いがあります。

だから・・・
うちの建てている建物で、どこに気を使っているのか
まとめて見ます。

1:耐震性
2:断熱性
3:自然素材
4:施工の均一性
5:個性

これだけではありませんが、特徴になります。

よく、設備的に高価な物を標準化しているところ
よく、基本構造体の事より、使用部材の話のところ
よく、建設費用の安さを売りにしているところ・・・

など、他社では色々ありますね。

では、

1の耐震性では、うちでは枠組壁工法(2×4工法)です。
 耐震性は抜群の性能を有していますし、
 省令準耐火建築物でもあります。
2の断熱性では、気密が取り易い2×4工法に魔法瓶の
 断熱の外断熱・壁も屋根も外側から家を包みます。
3の自然素材では、見た目、肌触り、匂い、自然の人間が
 やすらげる空間に絶対に必要な自然素材。
 これを多く取り入れています。
4の施工の均一性では、高性能の建物を造る場合、
 造る人は人です、プロですが、施工が難しく、人により
 違いがあれば、高性能と言っていても意味がありません
 当り・はずれがあってはダメです・・・
 1の構造も、2の断熱も、この均一な性能を造らなければ
 意味がありません。
 だから、容易な工法で、高性能を作る場合、
 弊社の1番と2番は理想の造り方になるんです。
5の個性では、フリープランでご家族の ライフスタイルに
 合わせてのプランの提案、色や素材の自由性など、
 様々なご要望にお答えしていますよ。

他社の付加価値での強調より・・・
本当に大切な所をしっかりして欲しいです。

6:デザインコンセプトは南欧の佇まい
  スローライフデザインです。
クリックすると元のサイズで表示します
造り手側から伝えたい事です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ