Blue Tiara イメージ

2006/4/22

屋根断熱  草加市H様の家

ビーズ法ポリエチレンフォーム、「EPS」と呼んでいます。
ドイツ生まれの代表的な発砲プラスチック断熱材です。

これから、屋根にこの断熱材を施工します、
まず1枚目の野地合板を張上げます、
次にこの「EPS」断熱材を軒の出以外の屋根面に
すき間なく張り付けていきます
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は仮止めです・・・・
簡単にすき間なく施工できて、均一な施工を可能にします
この上に垂木を流して、通気層を作ります
次に2枚目の野地合板を張り付けます。
そして防水紙に屋根瓦葺きで仕上がりです。

太陽に温められた空気は通気層を介して、上部に登り
棟換気で外部へ排出される原理です。

断熱の基本は防寒服と同じですから・・・ね
すき間なく覆い隠すこと、これが重要です!
屋根の断熱は壁よりも、多く、広く、長く、影響が出る所です

他の会社で・・・
ここをどんな考えで、収めているかを見てください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ