Blue Tiara イメージ

2008/10/9

大正ロマン  アイアンやアルミ

クリックすると元のサイズで表示します
下北沢の近くの、レトロな佇まい・・・・
大正時代ではないけど、イメージは昭和より、大正ぽい

なにが、そうさせるのか?
それは、形と色、たぶんこれだけ
簡単なとこだけど、大事でもあり

窓の格子が、まずあります、これが一番かな!
この感じは、今はもう無いですね・・・・
それに、玄関の両開きの扉と斜め2本ある、ハンドル
映画に出てきそう!
そう、頭の中にある、
どこかで見た、思い出と突き合わせています
それが、大正ロマンと判断したんですね
(この時代に生きていた訳ではないですから・・)

あとは、色。
開口部の色が深緑で、少し色褪せてる・・・・
外壁がまた、リシン吹き付けで、色は何色と言うのかな?
この色の組み合わせが、レトロに見えて来ます

その中で、特にイメージの濃いのは
格子のひし形です、これが無いと、大正にはならない・・・
(私のイメージです)
全体をそれぽく見せていますが、その小さな要素が大切です
建物は小さな要素が集まって、ひとつの建物になりますから

この考え方から、
ちいさな要素を組み立てて、全体を創る
ロートアルミの外部に使う、製品は
面格子・フラワーボックス・表札・妻飾り・壁飾り・開口部飾り
など、実用があるもの、またないもの、さまざまです

この製品達が、集まると、洋風・・南欧風な建物になります
妻飾り、ひとつでまったくイメージが変わりますよ
それも、既成品ではなく、その住まいの為にの物
それを創り続けて行きたいと思います。
0
タグ: ロマン 大正 レトロ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ