Blue Tiara イメージ

2010/2/7

吹き抜け空間に花台  フラワーボックス

前回の下地の確認ミスから、再度お伺い
本日、取り付けして来ました(^−^)無事にOK

1階のリビング空間が吹き抜けていて
2階の子供部屋の両開き窓、その下にDデザインで黒とシルバーの
2色塗りアルミ製フラワーボックス
クリックすると元のサイズで表示します
高さが思っていたより、高くて、持参した脚立では届きません・・
アルミの良さは軽さ、この花台3キロくらいなので、
窓からの取付をしました(^−^)(外部窓でも窓から付けられます)

デザインを気に入って頂いて、ご注文
黒1色よりも、シルバーを掛けた、今回の色
画像には写っていませんが・・・
1階のブラケット照明はこの2色の仕上げなので、合わせました(^−^)
下地の位置も、今回は問題無くスムーズに取付完了でした
クリックすると元のサイズで表示します
お客様の、花台の目的は花を置く、飾る、は当然として
それと、それ以上に大切な目的があります
それは、お子様の部屋なので、転落回避策です
踏み台を使って、登ったりしてなど、もしもの危険が無いように
この花台は転落を回避させてくれる要素を持たせています

だから、下地にしっかりとビスを止めて、固定したかったのです
ステンレスコーチスクリューでビシッと取付出来ました。
お待たせをして、すみませんでした
また、ありがとうございました(^−^)

こちらは埼玉県北葛飾郡鷲宮町、こちらは3月から
久喜市に変わります・・・・菖蒲町、栗橋町も久喜市に変わります
北葛飾郡の郡の付く町は、ここ鷲宮町、杉戸町、そしてうちの松伏町
でも、これで、鷲宮町が無くなるので、郡は杉戸と松伏だけとなります
さびしいですね・・・・
こちらが鷲宮町最後の仕事になるのでしょう・・・・

ただ今3年目へ、ブルーティアラの製品が日本の全ての市町村で
使われるのは、いつのことでしょう(^−^)
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ