Blue Tiara イメージ

2006/2/6

住んでみて・・・・  私達の創る家って

外断熱工法で建てた、家・・・・
すでに5年が経ちました。
クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐ桜の咲く季節になりますね、
春は桜もミモザも満開になります、桜色と黄色と緑の葉・・
しかし、今日から明日にかけて、雪の予報が出ています。
明日の朝は白銀の世界かな?現場の予定が・・・・
怪我などしないように、朝は余裕を持って出かけてください。

今は外断熱工法の建物が標準で施工していますが、
その当時は
オプション品で坪当たり5万〜6万UPで施工してと思います。
35坪で約200万円のUPでした。
(それが今は標準化の坪当り58万円)
価格の差は断熱工法の一般化や工法のコスト軽減などです。

この外断熱工法の家(うちの場合ですが・・・)
まず当然ですが、断熱性能がよい
・夏はエアコンで冷房の冷気を保温効果で長時間保ちます。  
・冬は灯油を熱源としてFF暖房機での暖房も保温します。
断熱が良いと、少ないエネルギーで大きな効果を出して
くれるんです。
家全体の断熱なので、玄関やトイレ、廊下など移動しても
部屋の温度はほとんど変わりません。
基礎断熱を施していますので、1階に居て、足元からの
冷気は感じません、逆に地熱があり床下からほんわかと
暖かさを感じたりします。
冬に建物の性能がわかります。

建物を建てる時、同じ費用でも、性能が大きく変わるんです
住むなら、外断熱の家をお薦めですし
デザインも考えないといけませんし、愛着のある家を、
マルミハウジングは創ります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ