2006/3/11  12:01

アコースティックDAY♪  LIVE

LADYBUGのアコースティックライブを見るために、東久留米へ。
今日は、いいお天気でした(笑)
東久留米駅には、14時ギリギリに到着。
大きな出口から出たら、北口って別にあったのね(^^;
でも、無事にステージを見つけることができました。
というか、チラシ配ったりしてたからね。地元のお祭りのゲストにLADYBUGは呼ばれてたみたいです。手作りの案内板が、なんか素敵♪

クリックすると元のサイズで表示します

でも、14時過ぎてもなかなか始まらない・・・。
ギターとベースはセッティングされてるんだけど。
と、相方が駅前に1人で居るデニーを発見(笑)
しばらくして王子が1人で現れ、2人でステージへ。

セッティングが終わったあと、王子がLADYBUGの歴史(?)を語ってました。

ふと、振り返ったら・・・ユーキくん、先生、Oさんの3人が観客になってそれを聞いてました(笑)
王子に呼ばれて、二人はステージへ。お蕎麦食べてたらしいです(うどん部なのに?笑)

そして、ライブが始まりました。結局20分位は押してたと思うんですけど・・・。


<セットリスト>
1、五月雨
2、オレンジ
3、地球は何色ですか
4、REAL SONG
Enc、声

3日連荘ライブなのに、あんまり寝てないはずなのに、王子の声メチャ出てました
あの声だったら、人も集まるよね。途中地元の○ンキー君たちがちょっと野次ってきてて大丈夫かな?と思ったけど、結局ライブ終わったらサイン貰ってたし(笑)彼らを相手してたユーキくん、違和感なかったぞ!(爆)
映画を見てから彼らを知って見に来てた人もたくさんいたみたいで、横にいたオバさま方が、
「黒い帽子を被ってるのがリーダーよね?彼は台詞あったわよね?あとの3人は台詞なかったわよね?」と。心の中で私は「カットカット!」(笑)

アンコールもありました♪
今日も想定してなかったみたいで、ステージ上でミーティング。
の割には、王子の独断で「声」に決定したみたいです(笑)

ここで、15日のワンマンライブの告知。これはいい。
その後18日の札幌ワンマンの告知(笑)
ユーキくん、目の前の線路を指差し
「ココ、電車通ってるしね」
王子「青函トンネルという便利なものもありますしね」
そして王子が「あとフェリーという手段もありますから。でもフェリーだと16日には出発しないとライブに間に合わないと思いますけど」(笑)

3/25、東久留米で「REAL SONG」再上映が決定してますけど、この時もLADYBUGのライブあるみたいですよ♪♪

CD買ってる方がたくさんいました。嬉しいですなぁ

終わって、先生とちょっとお話。ライブ中、花粉症辛そうでしたね。気合で鼻水止めてたらしいですけど。(笑)
そして、CANCIONのインストア行くから時間がないと言ったら、智志くんへの伝言を預かりました(笑)


その伝言を持って、池袋へ移動。

会場にはギリギリに到着。たくさんの人でした。東京ではインストアライブここだけだもんね♪


<セットリスト>
1、I'll be there
2、太陽とカイト
3、青春の影
4、Merry-Go-Round
5、僕らのモラル
6、交差点

横に男の子の赤ちゃんがいて、超可愛かった

って、もちろんライブも真剣に見てましたよ(笑)
今日着てた服は2人ともどっかで見たことあるな・・・と思ってたら、ジャケ写の衣装でしたね。
6曲も歌ってたんだね。短めVer.だったのも何曲かありましたけど。心太郎さんのKeyも入ると、アコでもまた違ったものになります。
3曲目までアルバムの曲順だったから、一瞬「全部やらないよね?」と考えてしまった・・・(笑)

「僕らのモラル」では、ハコライブじゃないのにスケッチブック登場!
穣くん、一枚多くめくっちゃった時もあったし、智志くん、歌詞間違えそうになった時もあったけどね(笑)
でも、最後は皆で「笑顔〜
あ、その後、穣くんが自分の秘密を暴露してました(爆)
私は完全に穣くんに騙されてた1人ですからね。ワンマンライブ、期待してます(笑)

アルバムタイトル「WEROAD」の由来はいろんなところで目に耳にしてますけど、その意味を噛みしめることができた、いいライブでした

そして、その後サイン会。
列が長くなったので、私達の前にいた親子から2列目に並ぶことに。CANCIONの目の前です。一応、会釈(笑)

自分の番になって、智志くんに先生からの伝言を伝える。
そしたら、伝言返しされた!(笑)
お互いメアド知ってるんだから、私を介さずに自分達でやり取りしてくださ〜い!(爆)
ぁ、でも先生から智志くんに返事がこないのか・・・(笑)
そんなやり取りをしてたら、穣くんに握手忘れられそうになった。
「ぇ?握手してくれないの??」と言ったら「ゴメン、ゴメン(^^ゞ」
その笑顔で許します(笑)


2ヶ所とも、とっても楽しい時間でした
多少無理してでも、両方とも行ってよかったよ♪
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ