2006/9/9  2:16

CANCION@原宿アストロホール  LIVE

とうとう、この日がやってきてしまいました。

でも、とっても楽しかった〜
何度かウルウルっとはきたけど・・・私は泣かなかったよ

整理番号は早い方だったけど、2人をそしてサポメンを含めて5人をしっかり目に焼き付けたかったので、一段高くなったバーのところから見ました。
私、最初で最後。サイン入りカンT着ての参戦です♪(笑)

にしても、昨日のDIARYを見て「もしかして・・・!?」とは思っていましたが、思ったとおり今日いらっしゃっていました、K氏が!!!(笑)
王子とデート中だったので(笑)、邪魔しちゃいけないなぁと思って、特に話してはいませんけど。
対バンでのCANCIONしか知らないのであれば、K氏も王子もビックリしたんじゃないかな?
まさか、上半身裸になるなんて!!しかも下は海パンだし・・・。
あの日記はナニ????
手品までやっちゃうなんて〜って(笑)


照明が落ち、スクリーンに映像が流れる。
2人が3歳の頃の写真。智志くん、顔が変わらない・・・(笑)

真夏の公園で2人が語り始める。
智志くんの幼い頃の夢は野球選手か宇宙飛行士。
穣くんは・・・聖闘士聖矢!?
今まで、そしてこれからの思いを・・・。

スクリーンが下りてる間に、CANCIONの2人、そしてサポメンのKey.心太郎さん、Ba.ユウヤくん、Dr.のハゼくんはセッティング。
スクリーンが上がり、ライブスタート♪♪

1、EGO
私は初めて聴いた曲。昔よくやってたみたいだけど。

2、RAIN
“さ迷い続ける衝動〜♪”ってところが大好きな曲。『CROSSROAD』で音源になってくれてよかった

3、Beautiful day
サビのところの振りが前のファンの方々が揃ってて、後ろから見ててすごくキレイだった〜
実は、それを見ていてちょっと私は涙が出そうになりました・・・
“ワン・ツー・スリー・GO!”も大合唱♪

ここでMC。
「どうもこんばんわ〜!カンシオンです!!」で、2人とも仮面ライダーみたいなポーズ(笑)

4、Merry-Go-Round

5、疾風怒濤

6、夕立ち

大林監督や尾道の人に、人に優しくすることを教えてもらったと智志くんが話してから

7、嘘つき

ステージから5人がはけて、BGMが。ウクレレと波の音!?
アロハシャツを着て、智志くんと穣くんが登場(笑)
椅子に座って、2人だけでの演奏です。

8、光と影
智志くんは、鍵盤ハーモニカを演奏。
久しぶりに聴いたんじゃないかな?昨夏はよく聴いたけど。
夏に聴くと、より一層グッっときます。

9、流れ星の予感
とってもカワイイ曲。って表現したらいいのかな?
この曲の穣くんのハモリが好きです。

10、慕情
たぶん、あまり今まで聴いたことがなかった曲。ファンの間では人気が高い曲なんですけどね。
最後に聴けてよかった♪

MCでは、座って二人だけでやると、初めて高校の文化祭で演奏したときの事を思い出すって言ってました。

11、月あかり
智志くんが、初めて人のために作った曲らしい。
高校生の時、失恋した友人に向けて作った曲。

12、FREEDOM
前4曲とは、一気に雰囲気が変わりました

この曲の後、2人ははけました。
で、ウォーターボーイズでよく流れてる曲がBGMに。
まさか!?とは思いましたが・・・

笛の音が聞こえ、白い体操着姿のユウヤくんに続いて・・・海パン姿の智志くん・穣くん・ハゼくん!?!?(爆)
「We Are Waterboys!!!」

13、しあわせのふた
久しぶりだぁ!(笑)
しかも“ラブ・ラブ・ラブラブラブラブ〜♪”のところには手でを作って皆で振りつき〜
穣くんの壊れっぷりに爆笑!
あの水着だったら、ハゼくんじゃなくても股間に目が行っちゃいますから〜!!!
私もユウヤくんにレッドカードもらっちゃうな・・・(笑)
最後の最後に智志くんの弦が切れてましたな・・・(^^;

最後はポーズも決まって、ユウヤくんの笛で退場(笑)

着替えて、今度は心太郎さんも含めて5人で登場。

14、ZERO
さっきの大爆笑はどこへやら・・・って感じですが(笑)
良い曲です、この曲は。

15、MOMENT
CANCIONの曲で、音源になってる曲で私が一番好きな曲かな?

また空気が変わって、楽しい感じのBGMが。
あのコーナーですよね?
「穣のセキララララ日記」(笑)

1つ目の日記は、改めてプロフィールを読み返したと。
智志くん、二重人格説。
ツアー先のホテルで、シャワーを浴びていた智志くんがなにやら穣くんを呼んでいるようで、聞こえなかったからドアを開けてみたら・・・
智志くんは穣くんに喋っていたんじゃなくて・・・・・・シャワーに向かって話しかけていた!!(爆)

2つ目の日記は、自分のこと。
「シゲモトミノル」。あだ名は「シゲ」
だけど、下の名前を「シゲル」だと思っている人が多い。年賀状が「シゲモトシゲル」で友人から来たこともあるらしい・・・(笑)
大林監督にも、「シゲル」と呼ばれるらしい・・・(苦笑)
もっと稀に「サトル」とも呼ばれる事もあると。そういえば、Akashiくんは「サトル」て間違えて言ってたな・・・(笑)
穣くんの子供の名前は「シゲモトシゲル」になるんでしょうか?

セキララララ日記の後は

16、そこんとこヨロシク
穣くんのナンバー♪
ついこないだも聴いたけどね(笑)
穣くん、マジシャンに変身
残念ながら、最後の最後は失敗してたけどね〜(爆)


17、太陽とカイト

18、気球に乗って

19、草分け

20、栄光の鐘

21、僕らのモラル

終盤、ノリノリで・・・もうぶっ壊れました(笑)
最後だから寂しいはずなんだけど、そんなこと考える余裕もないくらいに突っ走りました♪
お客さんも、みんな「笑顔〜」だったんじゃないかな?


22、春風
本編最後はこの曲でした。
前回のワンマン同様、ユウヤくんはコントラバスを使用。
この曲によって、再びCANCIONと出会えて、そしてその後いろんなアーティストに繋がっていっているので、感慨深い一曲です。


そして、アンコール。

なんかスタッフがソファーとかテーブルなど小道具を準備してて、アンコールやる気マンマンなんですけど(笑)


1、Home Sweet Home
智志くんの1人芝居(?)が始まりました(笑)
相方は智志くんのシャツ姿に、私は智志くんのメガネ姿に・・・萌え!?(爆)
智志くんがソファーに座って、リモコン操作してる仕草。穣くんにリモコン向けたら、穣くん停止しました(爆)
曲間で、智志くんがメンバー紹介。

2、青春の影
またガラッと空気が変わりました。
確か昨夏のワンマンで、会場も同じこの場所で、初めて披露されたんじゃなかったかな?

3、STARTER
またまた空気が変わって。
“まず1歩か〜ら〜だ♪そしたらもう一歩ぉ〜だ♪”
今のCANCIONに、ファンから一番捧げる曲じゃないかな?

4、交差点
この曲で終わりかな?と思ってました。
サポートの3人は、この曲が終わったらはけました。

2人だけ残って、もっと皆と思い出を作りたいってことで

5、I'll be there
この曲をやらないのか?と思いました。
でもCANCIONが初めて作った曲だもんね。やらないはずがない!
アンプなし、マイクなしで全員で大合唱。
これ、さすがにウルッときたよ〜
横で相方は号泣だし・・・(^^;
でも、2人の姿をしっかり目に焼き付けておこうと私は泣かなかったよ!
CANCIONの2人もウルウルしてたけどね


全27曲、トータル3時間近いライブ。
思い出に残る、とっても、とってもいいライブでした。
ステージ上の2人、いやサポートも含めて5人が、そしてスタッフ全員の気合が感じられました。
それに負けない客席の気合も。
二つが一緒になった時の会場の雰囲気が凄かったね。
そんな空間に自分がいれたことに感謝です。

活動休止は寂しいけれど、2人がもっともっと成長した姿で目の前に現れてくれることを願って・・・
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ