カーラジオ  労働

地震当時、某団地の駐車場に停車して、荷台から配達荷物を持って、「4階かぁ、かったりいなぁ。」階段に行こうかと思った時でした。わ!一瞬、強風が吹いたのかと思いました。それとも眩暈?おかしい。立てなくなって。荷物を持ったまま車の脇で座り込んでいると(腰が抜けた)、団地から、犬を抱いた若者や、老人が続々と逃げてきました。「これはヤバイですね」大音量でカーラジオをつけて数人に聞かせてあげました。数分揺れていたらしい。

しばらく足の震えが止まりませんでした。

今日から、普段、帰り道、もしくは休憩中しかつけない、カーラジオをつけています。

緊急地震速報が流れるかもしれないから。
昨日は、走行中に何回か鳴ったので、速度落とし。
古いマンションの下なんかに停めたら、何が降ってくるかわからないし、電柱の脇も恐い。

今日は到着個数激減。昨日の持ち戻り+αくらいです。

朝から、集荷制限のメールが連続で。

夜になって「災害派遣」のゼッケンやステッカーをつけた自衛隊のトラックと多数すれ違うようになりました。

21:55 また余震です。
0




AutoPage最新お知らせ