Solution of Life 

出逢いは一瞬 出逢えば一生

思ったコト書いてます。

 

プロフィール

cha-ko 踊るの好き、ダンスを教えるのも好き。 おおざっぱ、繁華街好き 熱くなってる時の自分が好き。流行りもの好き。 空気読めない人、ネチネチ系、バナナが苦手! さっぱりイイ女イイ男が好き♡ 真顔怖いといわれます。 ストレス発散はお酒&ピラティス&愛DOG♡♡♡

最近の投稿画像

最近の投稿画像
10/18 変身

最近の投稿画像
10/18 スクール事情

最近の投稿画像
10/13 幸せすぎる打ち上げ

宝物

あなたが私を見ておしゃべり。 いきなりサブン。 とっぴょうしもない明るさに、いつもはつかない明りが灯る。 私の言葉であなたが笑った。 都会の猜疑心はこの一瞬でバカらしく流されてしまった。 あなたは懸命の中に素直さを秘めた波。 静かに小さく自然な波。ありがとう。 月が綺麗な夜2011年 cha-koへ  ROMIより

メッセージBOX

検索



このブログを検索

過去ログ

最近のトラックバック

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

舞台での再会

今日は、
午前は公演の舞台屋さんとの打ち合わせ
細かく話を進めている

そのあと、朝霞市の11月のイベントのリハサ−ルの進行として市民会館へ・・・。

いつも出演している11月のイベントは公演があるため、初めてお休みした。
洋舞踊連盟の登録の要請もありメンバーも増えた。
今回はそちらに時間を譲ることにした。


最年少の文化協会の役員としての勤めを果たすべく、午後から夜までリハーサルに携わらせていただいた。

日舞の先生が多い・・・年齢は65歳を超えてあろう先生方とずっと時間を共にさせていただいた、みなさん背筋がシャンと伸びて自信にみちたオーラをはなっている


昔ながらの師匠という感じはややもすると怖いオーラで自然と私まで背筋が伸びてしまった


芸に長い時間を費やしてきて方とお話する。
なかなか出来ない経験をさせていただいた気がする。


上手の花道近くで日舞の先生に進行のやり方をアシスタントとして教えをこうた。


日舞の出演者は全員、舞台に入る前に、私に土下座し「お願いいたします」っと言う。

私は初めての経験に動揺し、
「こ、こちらこそお願いいたします。。。」とマイクを通じて発した!!


日舞の先生が
「はい、ご苦労様」っと答えるようにと・・・


人生経験の増しているでろう方だし日舞に関しては何も知りませんからそんな言葉はいえませんっと言うと。


「役員であり、この舞台をどうぞ使ってくださいという自分の立場を忘れないように・・・」っとかなり厳しい口調で喝を入れられた。

昔、仕事上仕方なくとった「秘書検定」の中には

「ご苦労様」は部下や年下、後輩にいう言葉

「お疲れ様でした」は同等もしくわ先輩、目上に使う言葉


「お疲れ様でした」でいいですか???っと聞きなおすと

「だめです」

舞台以外で「お疲れ様でした」っといいなさい。

はい・・・・なんともやりずらい・・・


上手の花道でマイクを前にすわり、みなさんの日舞を何回も観た。

日舞の女踊り、男踊りの違いにも今日はやや詳しくなった気がする。

「年取ってガンガンおどれなくなったら日舞でもやりなさい」っと言われたが
これもまた奥が深くて難しそうだ
うちの母は小さい頃、地元じゃ有名なくらい日舞の舞を披露していたらしい。
教えてもらうかなぁぁぁ。

などと考えていた。


っとそのとき


ん・・・???あの方しってるぞ・・・・?!
絶対知ってるぞ!


うわぁぁぁ
小1から小6年までの6年間習っていたそろばんの先生だぁ

もう20年も前の話・・・

・・・すくなくとも70歳以上になられているはず。

一度、私が中1の時、道路をはさんだ向かいで会い、先生から声をかけていただいた。


ねがいましてぇは・・・・なんてかなり通る声で教えていただいた先生


暗算2級。そろばん1級取得できたのもこの先生のおかげ。
暗算に関してはそのころの頭の回転をすっかり失ってしまっているが。


頭の中で計算する時は今でも絶対そろばんだもんね。

覚えているかなぁ


目が合う

ニコッっとしてくれた


舞台上での再会なので、お話はできなかった。


最後に先生に「ありがとうございました」っと土下座された時だけは
「ご苦労さまです。」は言えなかった。
「ありがとうございました」っとマイクを通して言わせていただいた。

気を張った数時間にすっかり疲れ、家に帰ってからグタグタのデレデレに変貌した私でした長い一日でした

投稿者:cha-ko
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ