Solution of Life 

出逢いは一瞬 出逢えば一生

思ったコト書いてます。

 

プロフィール

cha-ko 踊るの好き、ダンスを教えるのも好き。 おおざっぱ、繁華街好き 熱くなってる時の自分が好き。流行りもの好き。 空気読めない人、ネチネチ系、バナナが苦手! さっぱりイイ女イイ男が好き♡ 真顔怖いといわれます。 ストレス発散はお酒&ピラティス&愛DOG♡♡♡

最近の投稿画像

最近の投稿画像
2/18 つぶやき

最近の投稿画像
2/17  新作紹介

最近の投稿画像
2/16 WDS新作

宝物

あなたが私を見ておしゃべり。 いきなりサブン。 とっぴょうしもない明るさに、いつもはつかない明りが灯る。 私の言葉であなたが笑った。 都会の猜疑心はこの一瞬でバカらしく流されてしまった。 あなたは懸命の中に素直さを秘めた波。 静かに小さく自然な波。ありがとう。 月が綺麗な夜2011年 cha-koへ  ROMIより

メッセージBOX

検索



このブログを検索

過去ログ

最近のトラックバック

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ジャポ〜ン

愛犬が私を見つめる

散歩に行きたいと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

その目に弱いのよん

忙しいけど・・・行っちゃおうかねぇ


ジャポ〜ン
土手から川に飛び込んじゃった・・・・

暑いと必ず入ってしまう


クリックすると元のサイズで表示します
(注)ネズミではありません。犬です。

綺麗な川じゃないから、そのあとシャワーさせるのが大変



土手を歩いていたらなんとも不思議な光景に出会ってしまった。

なぜに?かぼちゃスイカが並んで出来ているの?

誰かが土手にかぼちゃとスイカをうえたのか?

種が飛び火して出来たのか?

柵もないし、畑でもない。

クリックすると元のサイズで表示します

もって帰ろうか・・・イヤイヤ・・・やめておこう。

0
投稿者:cha-ko

秘話

もう何度も聞かされたラブストリー


【3回のお見合い】

1回目はズングリムックリの栗のような人

2回目は自慢げに自分を大きくみせるだけの会話センスゼロの人

上記2回は

「送らなくていいぞっという祖父の言葉で、母はホッとしたらしい。


3回目のお見合い相手・・・・。

加山雄三とエルビスの大ファンだった母


わぁ、加山雄三に似てるっと第一印象は

「送ってやれ祖父の言葉もOK!

不器用なかっこつけマンだけど、仕事には熱い情熱で取り組んでいる姿に徐々に惹かれた。


毎日電話し・・・数回目のデートで

彼は昔の女の話を長々とし続けた・・・。自分はモテるという話を・・・。
はじめは黙ってきいていた母は、だんだん腹が立ち、こんなデリカシーのない人こっちから願い下げだ・・・

彼に一言吐き捨て、車から降りた。
「さっきから黙って聞いてりゃ、調子にのって、なんなのあんたは・・・。もう二度と会わない・・・冗談じゃないよ〜


得意の江戸っ子言葉・・・今までのしおらしく、優しいキャラも限界のようだ。

そのときの彼は、鳩が豆鉄砲をくらったような顔


母は泣きながら家に帰り両親にその話をした。
以外にも

祖父が一言  
お前はデートを楽しむ為に何かしたのか?
自分から会話をふってやったりしたのか?
男はなぁ・・・沈黙しないように何か話題はないかと気を回していらぬことも話してしまう時だってあるんだぞ!


祖父も昔はモテモテ男、祖母から聞いていたから知ってるよ。
おじいちゃん・・・遊び人同士で分かり合えちゃったの??


1週間後、彼から電話・・・何もなかったようにいつものように電話してきたらしい。

それからは2度と他の女の話はしなくなる


そのケンカ以降、母のニセキャラのおしとやかさはなくなり、本来の姿で対応。

お見合いから9か月・・・・無事結婚・・・妊娠

「彼」は私の大好きな「父」となった。

この物語はノンフィクションです。

よかったよかった、おじいちゃんが母を諭してなかったら、私はココに居なかったヨ。
ブログなんて書いてないわ。
危ない危ない


今でも仲がよい
二人で遊園地にいったり、映画をみたりしている。

めでたしめでたし。

0
投稿者:cha-ko

言葉

昨夜、親友から借りた本を読みました。

本というか小冊子みたいな1時間もあれば読めてしまうような不思議な本

ミリオンセラーにしようという気などみじんも感じられない本

聞けば、発行部数が少ない為、コピーで大変多く出回っているようで、ブームになっているとのこと。
本として読めたのは有り難いことのようだ。


本の内容は明確だ

言葉を発する大切さについて、

「ありがとう」
「感謝します」


まぁよく聞く話よね〜なんて思ったけど最後まで読んでみた。

上記言葉について、イスラエルに旅した時に出合った親切なおばあさんのとの会話が興味深くかかれており、彼は人生観が変わったというもの。


うまく伝わらないとは思うが1つあげてみると

「ありがとう」は何かしてくれたから出る言葉なのは当たり前だけど、

辛いとき、悲しいとき、こそ発する言葉なのだとイスラエルのおばあさんは話したそうです。彼は日本に帰ってから、

「ありがとう」を漢字で書く機会があり驚く

「有り難う」

「難」が「有る」というふうに書く。


難が有るときに「ありがとう」

言葉が自分の心を創って前向きになれると書いてある。



この本を借りたのは詳しくいうと、親友のお父さん

親友のお父さんは証券会社の社長である。娘に読ませたくてそれが私に回ってきた!


自分が以前、勤めていた会社の会長・・・「稲盛和夫」
稲盛和夫さんの本、松下幸之助さんの本にも「言葉の大切さ」「感謝する気持ち」の部分については経営方針よりも多く記してあったなぁ。

親友のお父さんを含め・・・彼らは
そんな気持ちを持っているからこの地位まで登ってきたのか?


登ってきたからこの意味が分かるのか?

は分からないけれど


会社経営など興味もないし、なりたいなんて思わないが、人脈をつくり、信頼を得て、会社を大きくしていく人に「言葉を大事」にする人が多いのは、興味深く、そして間違いなく大切であるということは理解できた気がする。


綺麗な話し方、言葉・・・とても憧れるけどなかなか難しい。
でも松下幸之助の本に、「結婚式でどんなにジョウゼツにスピーチしている人がいても、長いな〜早く終わらないかな」っと思ってしまう。

でも、つたなく不器用な言葉でも心からの言葉は人を引き付けるものだっと書いてあった。

本当に伝えたい気持ちは話し方がうまい下手ではないらしい。

心からの言葉を発し、感謝の気持ちを忘れない。

覚えておこうっと

0
投稿者:cha-ko

危機一髪

玄関を出る、あたりを見回すのが日課・・・
今日は雨だから「トカゲ」はいない・・・ホッ


車に乗り込もうとしたが、進行方向にトラックが停車していたので、

あららでれないわぁっと、おもむろに自分の車の前に出てみると

すっごい巨大カタツムリが、前輪タイヤのすぐ前にノタッ〜〜と休んでるではあ〜りませんか


「わぁ〜〜超でかっ!!」

頭から先まで10センチ以上の超ビックサイズ

大きなカタツムリはたくん見たことあるけど、こ、こ、これは驚くほどデカイ

トラックが停車してなかったら、間違いなくひいてしまうところだった


私は「カタツムリ」が昔から大〜好き


小さい頃
雨の日、近くのトンネルにいくと、これでもかってほどのが群生していた。

それを両腕に何十匹も乗せて、

「お母さん見てぇ〜かわいいでしょう


「ぎゃぁぁ〜気持ち悪い」と母に怒られる。

しぶしぶ家の前の土手に逃がしに行くんだけど、

家の冷蔵庫からきゅうりを内緒で持ち出して、カタツムリがきゅうりを食べるのを日が暮れるまで見るのが好きだった
↑(今、思うとかなり暗いなぁ


な、わけで

「あ〜よかった

近くの梅の木に乗せました。

雨の木にカタツムリ・・・似合う

クリックすると元のサイズで表示します

びっくりすると、ひっこんじゃうし、ゆっくり進むかんじがかわいくて好きなのかも。

0
投稿者:cha-ko

リメンバー

mabi先生とレッスンの合間にランチをした

ランチ後、コーヒーを飲みながら、次回の公演の話を進めていた。

どんなキッカケだったか忘れたけど、今まで踊ったナンバーや時期などを振り返りだしてしまった

そう・・・あれは、2003年の7月のイベントが最初だった。

踊った曲名、衣裳、その時の状況などを

思い出し・・・懐かしみ・・・シミジミ

思い出し・・・懐かしみ・・・シミジミ

を繰り返す。

しかし、最初からモレなく思い出すのは、かなり大変で、ちょっとした脳トレ


書きとめておかなくては・・・

その時ソノトキの思い出話しに花が咲き

結局2時間で半分もいかなかった。

その先は、来週に持ち越すことにした

本当にステキな時間と出会いだから、思い出と年月日は一致しておきたい。


これからの未来、今以上のステキな思い出が増えていくことを祈り。

過去の改善点、忘れちゃいけない気持ちと合わせて整理できたらステキ


0
投稿者:cha-ko

イベント

昨日は、朝霞市のイベント

毎年行なうこのイベントが私は大好き

ただ音響の不備が目立ち、私のテンションは正直下がってしまった

事前のリハで打ち合わせたのに・・・。

でも、舞台にトラブルがあったときのみんなの対応は冷静で救われた。

違う曲がかかりだしても慌てることはなく、気をとりなおしていつもと同じ、それ以上のダンスを見せてくれた

もう本当最高に可愛かったし、上手だったし、言うことなし

慌てたのは私・・・客席から舞台そでに走る間に2回転ぶし、
苛立ちを舞台監督に感情のままぶつけてしまった・・・


そんな時に冷静に対応できない自分のふがいなさを感じる。


昨日はそのことでイライラブツブツ一人で怒っていた。。。
危ない人だ


でも今日になれば、これも勉強・・・しつこいくらいのアピールをしていこう♪
相手はプロだけど、こっちだってプロだ。

念には念を・・・「何度も言わなくてもわかってますよ。」っというセリフを言わせてやるくらいの気持ちでいってやる


その後は、JAZZクラスとの恒例打ち上げ・・・・

私はこの時間がとってもとっても楽しい

レッスンではダンスの指導でいっぱいいっぱいだし、話をする時間も限られてる分、打ち上げではた〜くさん話ができる。

共通点はみんな
ダンスが好き
だということ。

そんな仲間があつまって楽しくないわけがない。


私も熱い方だと思うけど、みんなもかなり熱い。もうホッとホッとな会話で深夜になってしまった

熱くて優しくて素直な人たちに囲まれたステキな時間

クリックすると元のサイズで表示します

ステキなお花いつも本当にありがとね。シアワセです

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:cha-ko

やる!!!


前々から興味があった。

「スポーツリーダ資格」を受講することを決めて申し込みをした

ブログに書くのをややチュウチョしたのは、来年1月の結果が不合格だったら、かっこわるいかと思ったけど・・・。

書いたことでいいプレッシャーになればいいかなぁっと思っています。

内容は・・・

【文化としてのスポーツ】

【指導者の役割】

【トレーニング編】

【医学的知識】

【スポーツと栄養】

【指導計画と安全管理】

【ジュニア期のスポーツ】

【地方におけるスポーツ振興】

内容をみればかなり興味深い・・・。
必ずプラスになるはずだ


やってみなければわかりませんが、教材はそろそろ届くはず・・・。

絶対頑張る!

もし1回で受からなくても絶対諦めないぞぃ

0
投稿者:cha-ko

ぎゃぁぁぁ〜

またこの季節がきてしまった・・・・・

彼らが活動しはじめる。世の中で一番嫌いなもの。


それは   トカゲ


彼らは不意に訪れる。玄関先が一番の穴場・・・

さぁ出かけるかと玄関をでるやいなや  ササッ  ササッ


んっ!???


ぎゃぁぁぁ〜っといいながら、走り幅跳びの要領でかけぬける

隣の人が、「どうしたんですか?」って出てきてくれたこともある
2回目からは出てきてくれなくなった。。。本当に何かあっても気づいてくれないかも


すっごい頑張ってとりました・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

小さい頃、父親に「可愛いいトカゲちゃんだぞ」っと腕にのせられて、その時
トカゲの小さい口がガオォって開いて私を見たんです。
もうホラーが現実になった気がして、2日くらい夜泣きしました
0
投稿者:cha-ko

万年筆

人は、影響されるものだ!


今日、「万年筆」を買った。

クリックすると元のサイズで表示します

PILOTのLegance CUSTOM(カスタム レガンス)

私にとっては安くない買い物


字は綺麗さではなく、読みやすさだと思っていて、私は自分の字が嫌い。
なんとも読みづらい。手紙を書いていても、「あ〜汚い字だなぁ・・・」という気持ちばかり先行してしまう。


冒頭に戻りますが、人は影響されるもの・・・・

6月の本で紹介した「クローズド・ノート」の中で、万年筆について興味深く書いてあるシーンがあって、欲しいと思ったんです。

そうです。ミーハーです


1週間前にも文具店に足を運んだけど、よく分からなくて2〜3分見て、帰った。
でも今日は、ショーケースに30分くらい見入った

店員の方が来て、
「試し書きしてみますか?」っと言ってくれた・・・。

そうそう確か、本でも万年筆は試し書きをして、自分の指にあうもの、書き心地をじっくり確かめて購入するものと書いてあったし・・・

「お願いします。」


店:「ボクも万年筆は大好きなんですよ。ご予算はどれくらいですか?」

私:「初めて買うんであまりいいものじゃなくていいと思ってるんですけど・・・」

店 「ボクは1度買えばいいと思います。高い、安い、ではなくて、長く使えるものを選んでください。」


おっとおっと・・・・本と同じようなステキなことをいう方じゃないの・・・。この人にいろいろ聞いてみよう。そんなやる気がみなぎった。


試し書きの紙を置き、ペン先にインクをつけて渡してくれる。

確か、試し書きをする際に書く字があったなぁ・・・本を思い出す。
「永」という字だ!これをかくとツーらしい。
万年筆フリークの中では当たり前のこと・・・らしい。
でも私フリークじゃないし・・・自分の名前を書いたあと、店員さんがいないうちに小さく「永」って書いたけど、別にどの字でも同じだった


何本も何本も・・・試し書きさせてくれて説明してくれた。
クリックすると元のサイズで表示します

この人は万年筆好きなんだなぁ。
ますます本の世界とリンクしてしまった。

私も話を聞いていくうちに、たかが万年筆・・・されど万年筆のように感じてきて
さらに欲しくなると同時に長く使えるものを買おうっという気がした。

店:「この前、おばあちゃんとお孫さんが一緒に来ましてね・・・・おばちゃんがもう35年使っている万年筆を見て、お孫さんが欲しいっということで、一緒に選びに来たんですよ。」

やはり・・・万年筆に歴史あり。


30分くらい試し書きしてこの1本を選びました。
クリックすると元のサイズで表示します

ショートではなく、ロングを購入!持ち歩く気はさらさらない!
私の目的は「手紙を書くこと!」

これで、生徒達に公演後のお手紙を書く。
最近はパソコンで打った手紙にしていたことが気がかりだったし・・・。
少しは自分の字を好きになれることを祈りつつ

久しぶりに気持ちのよい買い物をしたような満足感で、親友に電話して、本に影響されたミーハーな自分、気に入ったものが買えた嬉しい気持ちを話した。

「いいんじゃない?人はみんな何かに影響されて、それが自分の歴史になるんだから、ミーハーではなくて、行動を起した時点で自分のものでしょ?あたしまで欲しくなった。買おうかな・・・。」

・・・・なんか大人なんだか、ミーハーなんだか分からない親友・・・。
類は友を呼ぶ・・・そんな言葉がよぎる。

大事に使うぞ
0
投稿者:cha-ko

ブログ生活

ブログをはじめてからもう1か月以上たった。

正直、ブログなんてやるのは恥ずかしかったし、ワタクシゴトの話なんておもしろくないとも思った。

日記は密かに書きしたためることに、その意味があるんじゃないかとも思ってた。


でも毎日生きているわけで、昨日と同じ1日なんて1度としてないこと
当たり前のことだが実感することも出来た、いろんな気持ちを感じる中で成長しているんだとも思えたことはブログの力もあるかな。


365日、毎日書こうと決めてるわけではないけど、始めたからには「もういいかな」って思える日まで続けようと思っている。


たまに自身のブログを読み返してみると、成長のためにはじめたブログなのに、
なんだかつたない文章だし、幼い部分も多い。

でもそれが今の私だと思う。


かっこつけたい部分もあるけど、どんなにとりつくろっても、そのボロは表情・行動・話し方に出てしまうもの。
等身大の自分でいることの方がよっぽどマシだ。

なりたい自分に近づくためのプロセスを諦めずに自分のペースで追いかければいいんだな。

ここで終わりなんてないだろうし、向上したいという気持ちがさらなる目標を打ち立てていくんだろう・・・。

気づけば「いい女」になってるなって感じれたらいいなぁ。

ダンスも上手になりたい。
満足いくレッスンをしたい。
厳しさも優しさも持ち合わせた、自信に満ち溢れた女性になりたい。
いろんなものを見て、教養や知識を増やしたい!
(2007/7.2記載・・・とでもしておこう)

いまんとこ、これが私の「欲望」だぁ。

これからもブログを楽しんでいきたいと思いまっす。
0
投稿者:cha-ko
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ