한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/4/13

熊日社説に登場した『政党助成金』受け取り批判  日本共産党

 昨日12日の熊日社説には、注目すべきことが書いてありました。

 それは、先般行われた県議選挙を分析して、党派別の得票率を比べて論評しているのですが、第一党は前回に続いて『無所属』だったということで、無所属が47%、自民党が40%、民主が5%だった紹介しながら、政党の関心事はもっぱら参院選、その一方で県議選挙の候補者は政策を有権者に伝えようとせずに相変わらず選挙カーでの連呼と電話による投票依頼ばかりだったと批判しています。

 そして、2007年分の政党交付金(助成金)は奏楽339億4000万円にのぼり、無所属に敗北しているような政党側に、これだけの税金を受取る資格があるのだろうかと、疑問を呈しています。

 これまで日本共産党は、政党助成金は憲法違反だとして受け取りを拒否してきました。しかし、いいかげんに一方的に不利になる受取拒否はこの辺で止めてはどうかと、善意の支持者からの意見がたまに聞かれていました。しかし、苦しいけれどもこれまで支持者・読者・後援会員のみなさまからの浄財をいただきながら、頑張ってきて、このような社説に出会うことができて、ほんとうによかったと思います。

 政党を腐らせ怠慢にさせてしまう税金からの補助制度の廃止に向けて、もうひとがんばりです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ