한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/4/24

1284議席。市町村議の議席占有率が前進した  日本共産党

 22日投票のいっせい地方選挙で、日本共産党の議席占有率は、しんぶん赤旗の記事によれば、東京特別区では15.9%で前回並み。市議では9.2から9.8%へ、町村議会議員では5.4から6.7%へと前進したそうです。

 これは、小規模の選挙になればなるほど日本共産党の前進率が大きいということでしょう。つまり地方議会において日本共産党の存在価値が大きくなってきていることを示しているのではないでしょうか。しかし町村といえどもせめて1割には前進して国政革新を下支えできるように早くならなければと思います。

 とくに立候補をする挑戦者さえいたならば議席を得るチャンスがあると思えるのに、党の力が弱かったり立候補できる人がいないために空白を続けている自治体がまだまだ多い。とくに熊本県内においては。

 今年からは団塊の世代が大量に退職していく時代。ひとりひとりのつながりを強化して、空白を埋めていく挑戦者を作り出すうねりがほしいものです。

クリックお願いします。→ 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ