한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/4/28

中国大陸および朝鮮と九州および紀伊半島との相似    隣国との友好と平和

 自宅のトイレに貼っている日本地図をしげしげ見ていて気づいたことがあります。

 縄文・弥生の時代に、中国の山東半島あたりからきた人や、朝鮮からの新羅人、百 済人が、日本列島の中のどこに住めば心理的に一番落ち着くだろうと、例のフィーリ ング考古学をやってみた次第。

 故郷の風土や東西南北と海や山・川の位置関係ができるだけ似た場所に住みたがる のが人間の心理だと思います。

 海を西に、阿蘇の山々を東に見ながら西流する熊本市に育った私が、北流する紫川 のほとりに北に海を見た北九州市に住んだ時の違和感はありませんでした。

 斉の国の、山東半島の北の付け値に住んでいた人は、おそらくは大分県の国東半島 の北の付け根の宇佐あたりに住みたがるでしょう。大体【山東】と【国東】。地名も どこか似ているではありませんか。

 そう言えば瀬戸内海は黄海や勃海に似ており、その速い潮流は黄河の流れを思い出 させるかもしれません。

 中津なんていう地名もありますが、中つ国とはすなわち中国。

 さてそうなれば山東の南の付け根から船出した一団はどこに落ち着きたがるでしょ う。【別府】という地名が見えます。別の府とはまた本当の府、すなわち【本府】が どこかに存在していると主張しているかのような奇妙な地名です。それは【大宰府】 でしょうか それとも長安でしょうか?。大体中国の歴史の中で【府】という文字が 出てくるのは【安南都護府】とか【安東都護府】などが出てくる唐代のことです。

 となると別府あたりは唐の植民地だった可能性はないのでしょうか?

 また別とは、英語ではanotherということでしょうが、Newという意味に解釈できな いでしょうか?

 大航海時代と産業革命を経験したヨーロッパ勢力は、アメリカ大陸にしきりにNe wという文字を頭につけた町を建設しました。ニューアムすテルダムからニューヨー クになったのが代表格でしょう。故郷がどこかを暗示しています。

 【別府】うーん。ほかの日本の地名が漢字で表記してあっても、どこか当て字の匂 いがするのに対して、『別府』はちゃんと中国語の匂いがします。

 それらの人々が次に東進するならば、志摩半島の北の付け根にある伊勢あたりかな ?宇佐と伊勢は、どこか発音が似ているのは偶然でしょうか。

 ついでに宇土半島の北の付け根は宇土。宇土と宇佐も響き合う古代からの地名です 。

 土佐とは宇土と宇佐を足して二で割った地名ではあるまいかと見つめて見ました。

 それでは朝鮮半島の百済出身者はどこに落ち着くでしょう?地形が故郷に似ている 熊本県は球磨郡の多良木町あたりか?あるいは奈良県あたりか。

 新羅から入れば九州では宮崎県。都城あたりの感じが慶州に似ているかな?また西 都という意味深長な地名もあります。

 それが紀伊半島に入ってくれば三重の南部海岸あたりか?

 これら三つの、出身地を異にした勢力が重なり合って融合した地点が三重県か?

 民族の大移動をしてきた人たちの子孫が混血してできたのが、現在の日本人だと思 います。

 多民族モザイク国家は、平和な時代にはモザイクのままでしょうが、倭国大乱や大 和朝廷による天下統一、それから戦国時代の戦乱によって随分かきまわされたこと、あるいは平和の時代における支配者側や豪族同士の婚姻政策がモザイク模様をかなりぼやけたものにしてきただろうと思います。

 しかしそれにもかかわらず、町を歩くわが日本民族の人々の顔をしげしげと見ますと、多種多様なバラエティがあり、単純な単一紋族ではないことがありありです。

 各民族ブレンドの混合率が、戦乱や改易などいろいろな歴史的な経過によって各県ご との、あるいはもっと細かく各地域ごとの性格を決めていると、私の直感考古学は語 ってくれています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ