한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/5/30

北朝鮮情報は?松岡農水大臣の自殺  日本共産党

 キム・ジョンイル氏が、糖尿病と心臓病だという未確認ニュースが、今インターネ ットをかけめぐっているようです。

 ひょっとして…

 松岡敏勝・農水大臣自殺も衝撃的で、お悔やみ申し上げます。

 強そうでいてガラス細工のようにもろい人だという、鈴木宗男氏の評です。

 逮捕・投獄が近いと悟り、そんなショッキングな光景を郷里の人々に見られたくな かったのではないかというのが連続する自殺者の一般的心理ではないかと想像することもできます。

 自殺する前に林野行政のお金の流れを洗いざらい明らかにしてほしかったと思いま すが、それが難しくなったのではないでしょうか。

 真相が明らかになると困る人々は、ホッと息をついたのかもしれません。

 膿を出してしまわないとまた同じことを繰り返すかもしれないというのは、世間の もろもろにあてはまることですが、東京地検が動く時に次々に自殺者が出るような気 がしています。

 ターゲットはいつも大物

 いつまでも総理が辞任させないものだからとうとう自殺に追い込んでしまったでは ないかという論理で、熊本県人としては安倍総理を責めたい人もあるかもしれません が、もっともっと人生の手前からそのような運命につながる道を松岡氏自身が選んで しまったことをこそ、私は残念に思うべきだと思います。

 北朝鮮においては、キム・ジョンチョル氏を後継者にという母親の遺書があるとか ないとか、未確認情報が錯綜していますが、どうなんでしょう。

 ジョンチョル氏は優しそうなので、息苦しい先軍政治から、住民が声をあげやすい 民主的な政治に切り変えていってほしいというのは時期尚早でしょうか。

 改革解放政策もうまく機能して経済が次第によくなっていくのが、軟着陸として一 番よい形なのですが…たしか若い頃に西洋に留学していたとか…民主的な空気をいく らか吸っていた人なら期待できるかもしれませんねえ…

 拉致事件も完全解決して、ひとみさんなどが続々と帰国する情景が映し出されたら、日朝関係のトゲが抜けますから、すべては好転していくのではないでしょうか。

 ともかく軍拡の種・頭痛の種が東アジアからなくなり、日米合体の軍事同盟・世界 の憲兵・唯一の帝国主義国アメリカが、世界から愛される平和国家に転換していく、 というのが望ましい未来だと思います。

 破滅的な地球温暖化が目前に迫っているので、山岳地が多い北朝鮮には、経済難民 を外に出すよりもむしろ逆に、大干ばつに襲われてもはや住めなくなった国ぐにから の水難民を受け入れる側になるかもしれません。

 そんな国を核兵器でけがして住めなくしてはなりません。緊張はそんな未来構想か ら溶けていくに違いありません。平和憲法前文結びに書いてあるように、この崇高な 理想の達成めざして全力をつくすべきなのです。

 英語版では、with all our resourses すべてのresorces手段・資源を尽してと書か れています。

 日本語の【全力を尽して】は、ひとつの手段で懸命にというようなニュアンスです が、英語では柔軟な思考法をも含めたニュアンスが込められているように思います。

 このように考えていくと、徳川家康のように【鳴くまで待とうホトトギス】もなか なかよい方法なのかもしれません。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ