한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2005/9/29

二本木の思い出  プロフィール

 1953(昭和28)年5月3日 憲法記念日に熊本市二本木五丁目に生まれました。あとから考えるとこの年は、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた年でもあり、平和を求めて生きていく運命を象徴しているのかもしれません。
 また、626水害で熊本市内はひどい被害を受けた年でもありました。幸いに二本木の私宅あたりは周辺部より少し高かったのか水には漬からなかったようですが・・・それにたまたま私はその時花園の親戚の家に預けられておりました。

 以前遊郭があったことで有名な二本木町でしたが、そんなことはあまり記憶にありません。私が生まれたのは、古町小学校の西側で、古町幼稚園から古町小学校へと、歩いて近い距離でした。近くに豊肥線の踏み切りや操車場があり、機関車の物悲しいポーっという汽笛は幼い頃からのなじみでした。

 田崎の陸橋を越えて、田崎映画に両親に連れられてたまに見に行くのが楽しみでした。今から考えるとあんな身近なところによく映画館があったものだと思います。幼い足で田崎陸橋を越えて歩いていくときの、長い長い距離感が印象に残っています。

 花陵中学校にあがるつもりでしたが、五年生のときに熊本駅から南下してくる道が拡幅される余波で、池田町の山下市営住宅に移り、池田小学校から京陵中学校へと進むことになりました。

0

2005/9/28

○×クイズ・あなたも政治通に  日本共産党

 小泉内閣が『改革は進めないといけない』と称して、庶民増税や福祉の切捨てをすすめています。『改革』という言葉に何かいいことをするんだろうかと思われる方もおられるかもしれませんが、7兆円負担増をねらっています。

 そんな広く知っていただきたい政治の知識を、○×形式でクイズをやってみましょう。あなたも政治通になれますよ。

 ↓下にアクセスされるとご覧いただけます。
htt://www.jcp.or.jp

 
0

2005/9/28

三分の二を超す与党の議席は『虚構の多数』だ  日本共産党

 3分の2を超えるという与党の圧倒的な獲得議席数にすっかり目を奪われ、与党圧勝を書き立ててきたマスメディアですが、ここにきて選挙結果に対する冷静な見方が現われ始めました。

 「朝日」26日付の天声人語は小選挙区の得票数をあらためて計算して「まさか」と書きました。自民・公明の票が3350万票に対し、無所属も含めた与党以外の票が3450を超え、「なんと、100万票も与党より多いではないか」「(小泉首相は)まるで、小選挙区で民営化への白黒をつける国民投票を仕掛けたように見えた。ならば、この票数では民営化は否決されたことになりはしないか」と驚いています。

 小選挙区の得票でみれば、郵政民営化の賛否が相半ばしていることは、日本共産党の志位和夫委員長が投票日翌日のNHK討論番組で指摘していたことですが、ようやく新聞もそこに目が行くようになったようです。

 もう一つ「読売」25日付も政治面のコラムで、「衆院選で小選挙区選での自公両党の合計の得票率は、実は49%しかない。郵政法案に反対した野党票の全体の51%を下回った」と書きました。さらに、自民反対派に漂う無力感と対比して「『巨大与党と言っても、得票は半分だ。何でも出来ると思ったら、間違いだ』(志位共産党委員長)」と、共産党の意気軒昂ぶりを紹介しています。

 3分の2の議席というが、たとえ一票でも勝ったほうがその地方での全部の代表になり、その他の少数意見、いや約半分の多数意見は切り捨てられてしまうという、小選挙区制のマジックによる虚構の多数です。
 ろくな審議もなしに郵政民営化法案を押し通そうとする与党の姿勢は、世論の支持を受けていないということ。ましてや消費税増税やサラリーマン増税、また憲法改定に国民が白紙委任の支持を与えたものでないことは、今後広く認識されていくことでしょう。

 日本共産党は、議席には表現されませんでしたが、国民多数の、生活をまもれ、平和憲法を守れという意志に応えて、今後9議席は頑張っていきます。
 また護憲政党としての社会民主党の7議席もあります。その他の政党ともくらしと平和の問題で一致点を見出して力を合わせていけるように、田島敬一は期待し努力していきたいと思います。

 まずは阿蘇の9条の会を幅広い人々を結集して作り上げることです。



                      
0

2005/9/28

長洲町で議席を守る  日本共産党

 先日の日曜日投開票の、玉名郡長洲町議選。日本共産党は6期目挑戦の川本ゆきあき氏を擁立して、定数4削減の厳しい選挙戦をたたかいました。

 大企業には5800万円も税金を返還(奨励金)する一方で、住民には下水道料金24%・汲み取り料金64%値上げを「オール与党」で押しつける。こんな町政を正し、国保税引き下げはじめ、くらしを守る町政にきりかえようと訴えました。

 国と地方の借金の総額が795兆円(語呂合わせ=泣くごたる)にもなっているにもかかわらず、大企業が払う法人税は値下げをめざす一方では、庶民が払う消費税は10%に増税しようとする与党の方針。1988年の消費税導入の時には高齢化社会のためだと説明していたのに、今年間消費税で12兆円国庫に入っている一方、法人税は当時の税率より約12兆円まけているという格好。
 つまり消費税は大企業の法人税値下げに回されているというのが実態。来月10月から、高齢者のみなさんの中で施設に入所されている方々、デイケアにショートステイを利用されている方々、ホテルコストと称して宿泊代と食事代をあらたに上乗せして徴収することにされてしまいました。
 高齢者の福祉が切り下げられていくはずです。
 もう、巨大与党の圧倒的な力でこれ以上庶民を苦しめることは許せません。
 そのためにも、日本共産党のへのご支持を国でも地方でもお寄せ頂きますようにと訴えました。

 結果は7位で当選。町民のくらしを守るたしかな議席、確保することができました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/9/27

歌に興味がなかった人が歌ってる  

夢運来風(ムーンライフ)』。この西原村のイメージソングは、全国水準のできばえだと思えます。

ご当地ソングはその土地でしか流行らないとは限りません。知床旅情や無錫旅情までご当地ソングにはヒット曲があります。曲がよくて上昇気流に乗りさえすることができれば、全国ヒットする可能性も決して皆無ではありません。
私は今まで、歌謡曲はもとより鼻歌にも無縁な人でした。家人が歌謡番組を見ていると政治討論の番組に替えたがったり、クルリと背を向ける。普通の人とはかなり違った変人だと家内からは言われてきました。
それがバイクや車を運転中にもこれを歌いっぱなしとは。不思議なものですが、それだけ魅きつける力を持つ歌だということでしょう。
もっとも、歌詞の2番の、イースター島のモアイ達が故郷・デンマークの方角を見つめて立っているという下りには、私の発想を取り入れていただいたことで、余計に愛着を感じるということはありますが

0

2005/9/26

長洲町で当選  日本共産党

  昨日開票した長洲町の議員選挙において、6期目の挑戦をした川本幸昭さんが無事議席を獲得できてホッとしました。
  心配をしたのは、今回議席数を4減らして14議席に定数削減となり、約二百得票を増やさねば当選がおぼつかないという危機感があったからでした。
結果は、140程度しか伸びませんでしたが大量得票者があり、幸いに滑り込めました。
ともかく、総選挙において与党だけで3分の2を超えており、改憲と増税へ踏み出そうとする動きを阻止するためには、地方議会選挙で1議席たりとも負けるわけにはいきません。

 地域経済を活性化するために、小規模の増改築工事に町が補助を十分の一ほど助成する制度を提案していたのが、印象的でした。西原村においても、建築業者が比較的多くおられるので、このような制度を設けるならば、西原村の経済が活性化することになると思います。

 風力や太陽光の家庭用発電機を設置する場合においても、村の助成を。また、布田川活断層が通っているために、耐震性の向上をはかる改築・改造が必要な家屋もあるでしょう。ほんの筋交いを入れるようなことだけでも耐震性は大きく向上して、地震の際の家屋の倒壊は減らせて死者をなくしていけるのではないでしょうか。 生命・財産を守りながらお金が村内を循環して何倍もの経済活性化の効果が期待できるのですから、このような助成制度はけっしてムダではなくて、必要だと思います。
0

2005/9/26

歌声のすばらしさ  

 村山幸子さんによる『夢運来風』の歌声を、『時の蔵』喫茶店で、ごく少数の人々とともに聞かせてもらいました。すばらしい声量でまったくの肉声であるにもかかわらず、あれ?マイクを使っているのではないかと錯覚するほどでした。CDの大音の伴奏に対して負けていません。
しかも、柔らかくて優しさにあふれた声で、森山かよこのサトウキビ畑のザワワよりも味わいが深く、聞き惚れてしまいました。

西原村だけでなく、全国的ヒットをしても決しておかしくないと感じました。

 ただ、サチコさんはCD吹き込みに抵抗感を持っておられて、歌はほかの人が吹き込むことになりそうです。
0

2005/9/24

消臭の努力を  環境・教育

『畜産のひどい悪臭が、高遊の県道の方までするので、これは何とかせなんいかんですよ。高遊で給油する時臭くてですね』
と村外から村内企業に通勤しているある人から言われました。悪臭を無策で放置していることは、村内の経済活動に支障をきたすだけでなく、企業誘致して税収を増やそうとする努力を損なうことにもなりかねません。


 行政にたいして消臭実験にとりかかることと消臭努力にたいする助成制度を設けるように働きかけを強めたい。

0
タグ: 悪臭 臭気対策 畜産



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ