한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/4/21

夢を運ぶ風はイグサ舟に乗せて  村のあちこち村おこし

 青い地球と風わたるイメージで【夢運来風】を平野裕子さんがさわやかに唄えば、風が夢を運んでくるような気がするのです。

 八代の農家がイグサで編んだ古代葦船ミニチュアが帆に風をいっぱいはらんで、ステージに飾られました。

 夏に八代のイグサを使い、実際に人が乗れる大きさの古代葦船を復元し、大切畑ダム湖に浮かべようという構想が考えられています。

 大人10人が2日かかる作業量だとか。

 子どもたちを乗せたイグサ船が湖を帆に風を受けて静かに移動する、のんびりした光景が目に浮かびます。

 今年夏のイベントにして【夢運来風】を平野裕子さんが唄えば、実現可能ではないかなと思案中です。

 イースター島の文化大使をお迎えできれば、握手の場面があるのでは。

 以前筏乗り競争のイベントをやっていた湖です。子らもきっと喜ぶことでしょう。

……………

 イグサ舟は締め縄にもどこか似ていて、結婚式などに飾ればとても縁起がいい雰囲気をかもしだすことがわかりました。

 実は八代市や氷川町のイグサ農家安い外国産に攻められて消費拡大に苦労されています。

 おめでたい席にはイグサ船というパターンが定着すれば、どんなにイグサ農家が助かることでしょう。

 実は我が田島家先祖代々は、イグサの産地・八代郡鏡町に住んでいました。

 平野裕子さんが【夢運来風】や【ありがとう(嫁ぐ朝)】を唄う場所には必ずイグサ舟をマスコットとして置いていただければ、イグサ農家から涙流して感謝されるかもしれません。

0

2006/4/21

今後につながる実りあったリサイタル   村のあちこち村おこし

 地球環境を守る歌・風のイメージソング・【夢運来風(ムーンライフ)】のお披露目リサイタルを、何とか終えることができました。

 ご協力いただいたみなさんには心からの感謝を申し上げます。

 これは大袈裟に言えば、いつか去っていくと決まっている懐かしいこの世への遺書を皆さんとご一緒に残したイベントだったかもしれません。

 また、将来にさまざまな夢を描くためのきっかけとして、まるで神仏の陰からの助けがあるかのように向こうの方から色々な縁がやってくる不思議な感じがありました。

 動員力など私の力不足を痛感した面もありますが、皆さんが描いてこられた【夢】が実現に向けて一歩また一歩と動き出す感じがするのです

 まさに【夢運来風】=風が夢を運んでくるという歌の題名通りの、あらたな始まりを予感させます。

 歌詞にあるイースター島の文化大使がこられるかもしれないという希望が湧いてきました。

 それが実現するのであるなら、できれば平野裕子さんがRKKに在職中の9月までのうちに来熊していただけると、RKKにも恩返しができるのではないかと思います。

 イースター島と古代日本との行き来を暗示するかのように古代葦船のミニチュアが直前に風流(カザル)に寄せられてステージに飾られました。

 俵山の中腹にある一群のペトログリフの中に、古代帆船らしき図柄があるのを武内一忠さんの案内で確認できました。しかも船の上には未明であることを示す下弦の月(ムーン)がかかっており、古代のある日のおそらくは午前2時ごろの空気までかすかに伝わってくるようです。

 夏に八代のイグサを使い、実際に人が乗れる古代葦船を復元して大切畑ダム湖に浮かべてみようという構想が考えられます。大人10人が2日かかる作業量だということです。

子どもたちを乗せたイグサ船が湖を帆に風を受けて静かに移動する、のんびりした姿が目に浮かびます。宿泊客が増えることでしょう。

 熊本県と友好姉妹関係にある韓国忠清南道熊本出張所長の協力を得ての、韓国語に訳して下さった韓国ドラマ『コッチ』の撮影経験者チャン・ウヨンさんとの出会い。

 今度は語学の天才でインターネットの世界にも通じた昆虫研究者・藤田慎一さんとチャンさんとが共同して、『火の国旅情』の韓国語訳にとりかかっていただけることになりました。
 できれば次々と県内のご当地ソングを韓国語で唄えるようになれば、熊本県への韓国人観光客が倍増するのは間違いないでしょう。
 中国語に翻訳できる可能性も、宮崎滔天の歌をきっかけに見えてきました。

 デンマークに留学された県立大の西英子先生との出会いは、環境と福祉・公共交通などの先進国のユーザーデモクラシー社会のありようについて示唆を与えてくれました。

 また、風力発電のシェア世界一で原発もやめた国・ドイツとのつながりもできました。風力発電機のイメージソング【夢運来風】をドイツ語に翻訳して下さるというのです。その人は、戦前・戦後の時代、南米やアフリカにまで、価格の安さと発電性能のよさで広がっていた山田風車の開発者をお父さんにもつという、風に関係がとても深いオペラ歌手・山田レイさんです。

 はるばる北海道から連絡をして下さいました。

 このことから、いったんは送電線が全国津津浦浦・山間僻地、あるいは地球の裏側まで行き渡ったけれども今はすたれてしまっている山田風車が復活するという夢が湧いてきました。

 山田風車の優秀な点は、猛烈な風で洞爺丸を転覆させた洞爺丸台風にももちこたえたことに示されるように、強風に強いことです。

 風が強くなればヘリコプターのプロペラのようにローターが天を向いて力をそらせる工夫があります。

 地球温暖化の今世紀は強風・暴風が常に吹き荒れる時代です。強風になると回転をとめて発電を停止してしまうのではなく、強風になってもちゃんと発電ができる山田風車は、これからのニーズに合致しているのではないでしょうか。

 西原村に風力産業が興せたら地域経済に図りしれない好影響がもたらされましょう。

 産業を興すと言えば実学党の横井小楠の歌を、うらた剛さんが高らかに初めてこの西原村で披露して下さり感激しています。

 横井小楠については、毎年春に熊本市で記念ウォークが行われていますが、小楠記念コンサートを開くなら、小楠と同時代完成のダムの湖畔にある『風流』がぴったりだと思います。

 小楠の思想は平和に通じます。

 実は西原村は、横井小楠の3高弟のひとり、竹崎律次郎とその妻順子が開いていた塾があった村なのです。
 あまり知名度は高くはないようですが、大宅壮一が熊本の女性を評して『肥後の猛婦』と呼んだのは、竹崎順子に端を発する一連の熊本女性のことです。

塾はその後熊本市本山に塾を移して『日新堂』と称しました。
 教え子に徳富蘇峰・徳富廬花・北里柴三郎などそうそうたる人物を輩出しているのですから、大した教育者ではないでしょうか。

 明治の全国小学校の原型は、日新堂にありということで、【教育県・熊本】の呼称は竹崎夫婦が始めた塾に始まるとするなら、西原村の布田会所前にあったという竹崎塾跡の歴史的意味は非常に大きいのではないでしょうか。

 そしてその師は小楠です。横井小楠の歌は、うらた剛さんに加えて古家建雄さんの作曲もあります。

 これらを世間に広く西原村から発信することが、文化の村づくりになりますし、平和目指した音楽運動から言っても大事なことだと思います。

 戦争ばかりしている世界には、今こそ『大政奉還』をやって立て直しが必要だとの持論を展開される、横井小楠のひ孫・井上さんにも出会うことができましたし、氏は歌手でもあり、すでに横浜で横井小楠の歌を唄っておられるかもしれません。西原村から平和の歌声を発信するということには大いに応援していただけるに違いありません。

 宮崎滔天の歌も人を動かす力を持っており、うらたさんの歌を聴いて心揺さぶられた方がおられます。

 それは、阿蘇市でひとり人形劇をされている方です。宮崎滔天を題材にシナリオを作りたいと決意されました。

反響がこれほど多面的・全方位的であることに驚いています。

 色々な人と人との縁が広がって、活気ある地域づくり・平和や環境問題・文化活動の振興・歌に合わせた踊りの創作での健康なからだ作りという、デパートの品揃えのような多角的な広がりが得られました。

 平和運動は難しいことではありません。『人間らしく生きようよ』という、単純な原点に立てば、思想的には違いがあろうとも一致できると思いますから

 今後に多面的につながるイベントが実現したのは、私財を投じて文化創造館・『風流「カザル」』を建設し、場を提供していただいた吉岡七郎館長のおかげという部分が大きく、感謝申し上げます。

 【夢運来風】を唄って下さった平野裕子さんの向上心には感銘を受けました。イースター島だろうと韓国・中国・デンマーク・ドイツだろうと行けるように今後のご活躍を期待しています。ありがとうございました。

 最後に古家建雄さんとスタッフを勤められたフレンズのみなさんがいっそう活躍されますように祈念し感謝の言葉とさせていただきます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ