한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/7/3

童門冬二さんは熊本と縁が深い  村のあちこち村おこし

 童門冬二の『小説・横井小楠』を読み終わりましたが、小楠の福井における鮮やかな財政改革の様子が出ていました。

 松平春嶽に橋本左内や由利公正…今まで幕末・明治における福井藩の果たした役割について、全く認識不足でした。
 自分の国だけが高い所にあるとして、他国を蔑視したり、攻め込んで行ってその国民にさんざんな目に合わせても痛みを感じない思想こそ、歴史の教訓として反省的に汲みとらねなりません。

 尊皇攘夷勢力が維新の主役になったことによって、朝鮮に手を延ばし日清・日露・日中から第2次大戦敗戦までが導かれてしまいましたから。

 福井などの公武合体派の動きは、穏健派・中間派・妥協派というイメージで描いていましたが、むしろその先に平和と民主主義の未来が見えるのではないか、と思えてきました。

 そう言えば『阿蘇9条の会』の結成総会で記念講演に駆け付けられたの猪飼隆明氏は、福井の人らしい。
 熊本の幕末・明治について深い研究をされたのも、小楠や竹崎茶堂などの実学党と福井の関係によるものかなと、はたと思い当たりました。
 それにしても天草の鈴木重成公や細川重賢公に加えて、横井小楠…童門冬二さんは東京の人でありなから肥後・熊本の歴史と深い関係がありますね。

 【財政改革】と【平和】という、今日の政治の2つの焦点を考えるに、熊本の地は福井とともにもっと注目されていい土地なのではないかと思いました。

 中でも竹崎茶堂という西原村布田で17年間も塾を開いていた人が、実は明治の熊本の文明開化を先導したばかりか、実学党の考えで県政を指導したことを知り、たんなる田舎先生に少し毛が生えた程度かと思っていた私も、これほどの人物だったのかと驚いています。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ