한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/10/27

五大湖 ラトビア・リトアニアなどの記憶術  村のあちこち村おこし

 五大湖の覚えかたを、語呂合わせ法で何とかできないかと、随分長い間にらんでいました。

 ふと、内陸部からではなくて逆に大西洋側の下流から上流に向けて、覚えていけばどうだろうと、試したらうまくいきました。

 エリーの夫がヒューと見せて滑りおる

 エリー湖・オンタリオ湖・ヒューロン湖・ミシガン湖・スペリオル湖

 確かに五大湖は滑り台に見えないこともありません。

 何を見せているのかは疑問符ですが…



 次に、近年ロシアから独立した東欧諸国である、エストニア・ラトビア・リトアニアなど三国の覚え方です。何となく三国ともどことなく名前が似ているので頭が混乱しやすいのですが、北から順番に
 フェスティバルは ラリルー露

 つまりフィンランドから始めて、エストニア はバルト海に面しています。あとはトビア・トアニア・ベラルーシ・シアです。
0

2006/10/27

熱田神宮前駅は、もうちょっときれいに掃除をしてはどうかと感じた  環境・教育

 先日、愛知県まで行きましたが、そのついでに織田信長が桶狭間の戦に出て行く直前に、熱田神宮に駆けつけて祈ったというので、神宮前駅に行ってみました。

 熱田神宮は目の前にあり、その門前商店街も通りました。

 今から四百五十年ぐらい前の、織田信長が馬に乗ってカッカッカッと右手から走ってきて、その後を木下籐吉郎ら兵たちが走って追いかけている姿が今にも現われるような気がしました。

 しかし、神宮前駅の雑沓の下は薄汚れており、パリのルーブル美術館地下鉄駅前ぐらいにぴかぴかに掃除するぐらいやってみたらどうだろうと、残念に思いました。

 というのは、煙草の吸殻か何かがへばりついたような、ニコチンで汚れたように黒っぽい汚れが、足もとに見えるようなのです。さすがに吸殻自体はみかけなかったにしても。
 後で知ったのですが、熱田神宮には草薙の剣という三種の神器のひとつが安置されているというではありませんか。

 私は見ていて、タワシを持って来てゴシゴシとこすりたくなりました。

 でも人の振り見てわが振りなおせ ということわざの通り、人のことばかり言うべきではありません。それで実は今朝から思い立ちました。西原村内をバイクで走り回る時にビニール袋を持参して、道路沿いに捨てられている空き缶や煙草の吸殻を拾うことを始めました。

 これも継続が力でしょう。いっぺんにやろうとすると長続きしないと思いますので、毎朝目についたゴミをできる範囲で少しずつ拾って帰るということで、あまり時間的にも量的にも無理をしないようにしたいと思います。



0

2006/10/27

クロスワードは頭の体操として活用したいものです。  健康

 パソコンの立ち上げ画面に、ダウンロードした詰め将棋を表示してみたら、毎日毎日にらめっこしながら考えることになったので、とても頭の体操になるようになり満足しています。

 私の棋力からすると、三手詰や五手詰だと物足りなく感じますので、大体九手詰めぐらいがちょうどよいように思います。

 皆さんも立ち上げ画面は、じっと見つめるのはイライラしませんか?詰め将棋もいいし詰め碁もいいし、何か頭の体操を工夫してはいかがでしょうか。

 トイレの壁に赤旗日刊紙の日曜クイズを貼っていたら、家族のみんなは目を通してくれていたことがわかりました。クロスワードクイズは、将棋や囲碁ができない人でも頭をひねることができるので、好都合です。

0

2006/10/27

順子・梶子の道にふさわしい昔の道かも  村のあちこち村おこし

 河原村営住宅から杉堂に伸びていく昔の細い道は、今、通れるのかどうか確認してみないといけません。

 肥後の猛女あるいは猛婦である矢島梶子と竹崎順子が往復した道であると確認できれば、つまりは横井小楠が歩いた道でもあるわけで、ウォーキング・ハイキングに適当な道になっていくのではないでしょうか。
 特に夏の日射しがない木陰の道は、健康コースとして絶好ではないでしょうか。

 女性解放運動をしのぶにふさわしい道というのは、全国にほかにはないかもしれないわけですから、西原村と益城町の宝が持ちぐされにならないように、よく検討したいものです。

0

2006/10/27

ブラジル移民の父・上塚周平の母も小楠門下生  村のあちこち村おこし

 社会教育委員研修大会で城南町に来ました。

 会場に着いてみると、ブラジル移民の父と言われる上塚周平の出身地だということがわかりました。
 銅像を作ろうという運動で、会場ロビーに展示が行われ、2名の方が説明に当たっておられました。

        クリックすると元のサイズで表示します


 城南町は、高速道路が古墳群の下をトンネルで通過する、全国でも珍しい、考古学資料に配慮した工事をした町です。

 上塚周平とは、今まで新聞紙上で目にしたことがないわけではありませんでしたが、(かみつか)れそうな名前だなと思い、なかなか覚えることができませんでしたが、本当は(うえつか)だそうです。

 高速道路の上に塚があって周囲が平らな、城南町の地形をずばり表現した名前だと連想を働かせて、やっと覚えることができました。

 それにどこかUCCコーヒーの上島に似た響きがあり、まさしくコーヒー王国ブラジルを連想させます。

 また、周平という名は、周囲が平和であるようにという意味でしょうから、横井小楠の『大義を四海に布かんとす』という言葉に近いものを感じさせます。

 その両親が西原村ゆかりの竹崎茶堂・順子夫婦や徳富一敬・矢島家の面々らと肩を並べていたた小楠塾生だったというではありませんか。

        クリックすると元のサイズで表示します

 いつの時代にも少数派は大変苦労をしますが、実学党の旗色鮮明な人であったことを展示で知り、共感を覚えました。

 銅像は1500万円を目標に進めているそうですが、高いものです。

 西原サンバを南米に広めたいと思ってきましたが、サンバの本場は何と言ってもブラジルでした。

 熊本県人としてまた小楠に私叔するという共通点から、ひょっとして、上塚周平があの世から助け舟を出してくれたのではないかなあと思われ、城南町の町づくりに力を入れている人々との交流を今後もちたいという気になりました。

        クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ