한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/11/28

ユーチューブで「千手観音」中国障害者芸術団の妙技を見ることができます。    村のあちこち村おこし

 ユーチューブという動画を投稿することができるサイトのことを書いたら、またたくうちに以下のようなメールが寄せられましたのでご紹介します。

  ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 YOUTUBEは前から知ってました。よく利用していますよ。ひとつ紹介したい凄い動画があります。日本テレビの「極上の月夜」という番組で中国の障害者芸術団によるパフォーマンス
「緊急来日!視聴率74%10億人が泣いた衝撃の美少女パフォーマンス“千手観音”美輪明宏感動…号泣」というのがありました。中国の耳の聴こえないダンサーによる「千手観音」の踊り!凄い〜(~o~)信じられない技・豪華絢爛な美しさ〜奇跡のようです。あそこまで到達するのにどれだけの鍛錬を積み重ねてこられたのだろう〜と想うと本当に胸が熱くなりました。天界の天女さまたちが降臨してきたようでした〜。ぜひ見てください。
千手観音動画 
http://www.youtube.com/watch?v=1sh6RzzMrcw

0

2006/11/28

西原マップを韓国語で作成する  村のあちこち村おこし

 昨夜は、『四季即贅喰』に行き、西原村観光推進協議会の懇親会に出席しました。

 会費千円と手料理を1品ずつ持ち寄りです。

 よかったのは、「にしはらドットコム」という最近できた西原村の紹介サイトの管理者に会えたことです。

 私のブログもそのサイト集に登録できると聞いて喜んでいます。
 私は、年末に韓国ウルサン市から社員ツアーの一行がキャンプに来村されるのをいいきっかけにして、西原マップの韓国語版を作ってはどうでしょうと提案しました。

 ハングル・フォントが入っているので、私がハングル原稿を書きさえすればハングル版の西原マップは可能だそうです。

 それができましたら、今度はサイト自体をハングルで作成して韓国から直接読めるようにしてもらいたいと思います。

 実は西原村の公式ホームページは、韓国語・中国語・英語に自動翻訳を見るアイコンがついています。これは、私が提案したのが採用されたものですが、あくまでも自動翻訳サービスであるため韓国側からの検索にはひっかからないのではないでしょうか。

 ホントはハングル版の表紙を作成できれば、検索にもリンクにも好都合ではないでしょうか。

 でも新たな経費増は好ましくないということなら、いっそ『西原ドットコム』がハングルからの入り口になって、リンクで西原村のサイトに飛ぶことができるようにしてはどうでしょうか?

0

2006/11/28

ユーチューブで見る羽ばたく折り鶴  村のあちこち村おこし

 http://www.ex1st.com
を見ていただきますと、そこには今話題の、ただで動画を投稿できるユーチューブという人気のサイトを利用して、羽ばたく折り鶴がどのように生き生きと羽ばたくものかを展示してありました。

 この動画サイトのことは、私も新聞記事で存在を知ったばかりです。

 このサイトは、チャールズ・ワードさんというイギリス青年が、憲法9条を守るためにURLを羽に書いた折り鶴を、全国行脚して配っているのです。

 まさにインターネットを利用して効果的なプレゼンテーション、デモンストレーション、つまり新しい形の運動ができることを示してくれたのです。

0

2006/11/28

鶴の折り紙9チャンのサイトを発見。ちゃんと存在していました。  隣国との友好と平和

 数日前に、憲法9条を守ろうと折鶴を配っていたイギリスの青年の話をしょうかいしましたが、羽の部分に書かれたURLにアクセスしてみるとコンピュータソフトの会社が出てきたと書きました。


 しかし、今日、ある人からURLが間違っているとの指摘がありました。

 正確にはhttp://www.ex1st.com/
で、英単語のイグジストではなくて、エックスファーストでありました。
 これは勝手に解釈すれば大英帝国のことではないでしょうか。かつての世界一の国?

 今度は鶴の折り方や平和を求めるメッセージが出てきました。

 それにしても何と紛らわしいURLでしょうか。
クリックお願いします。→ 

0

2006/11/28

朝早くの河原小学校  村のあちこち村おこし

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/11/28

河原小学校方面からガソリンスタンドを  村のあちこち村おこし

      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/11/28

場所の記憶を使って行政書士試験準備   村のあちこち村おこし

 資格の取得マニアに変身した私として、まずは熊本検定だし簿記三級です。次に韓国語検定です。

 来年秋の行政書士試験を受けると言ったら、合格率2%なのでうかるはずがないからやめて!と家内が叫びました。金は出せないと言うのですが…。

 また準備にかけるお金が無駄になるというのですが、この勉強自体、議員活動にも直接役だつ知識が身につき、村民の相談にも応ずる力ができるのです。

 さあて金を使わず行政書士をめざすという大変無謀な挑戦にかからないといけません。

 それなら自分なりに記憶術を工夫・修練して、その実験場が行政書士だという形でとりくむことにします。

 いろいろな場所の記憶を頭の中に蓄えて、それらにひっ掛けて覚えることができるようにしよう。そのために携帯であちこち写真をとりまくろうと思います。

 美しいさを追求して撮る写真ではなく、どこそこにはこんなものがあるという空間把握のためだけの写真です。だからかえって誰も写真に撮ろうとしなかった映像が出るかもしれません。郷里を遠く離れている人にとって懐かしさを感じる写真が出てくるかもしれませんのでお楽しみに・ー・ー・ー・ー
0

2006/11/28

白か黒か・ー(@_@;・ーーーー善か悪かの思考法  村のあちこち村おこし

 *<|:-) 1週間ほど前だったでしょうか。

 ある人が深夜ラジオを聴いたそうです。その内容をまたぎきですから、不正確かもしれませんがメモがわりに書いておきます。

 人間の精神の病は、薬だけでは治すに十分ではないと・ー・ー(*^-^*)、専門家が話しておられたとか(^_^)b


 ものの見方・考え方が、白か黒か、善か悪か、どっちかに分類しなければ気がすまないのが人間というものですが、その状態というのは、脳内物質が出ない状態で固定されるとか…

 しかし現実のものごとは、何にしても決して黒か白かいずれかの色分けはできないから、現実に心が適応できないで苦しむのだと。心が極端から極端に揺れ動いて自殺するようなうつ状態になるというのです。

 なるほどどんな悪条件に陥っても、柳に雪折れなしのやわらかい思考法・すなわち弁証法的唯物論を身につけた方がよいというわけですね。

 実は、私は、林直道氏が書いた『百人一首の謎』とかいう本と、もうひとつ別の方が書いた(百人一首には兵法が暗号としておりこまれている)という内容のを読んだことがあります。兵法三十六計と六十四掛を足し算すれば、百になります。まるでピタゴラスの三平方の定理が組み込まれているみたいです。直角三角形が建築に必要だったのでしょうか。

 声東撃西だとか暗渡陳倉だとか、中国の春秋戦国の戦乱の中で、いかにして困難を乗り越えたかという処世術が盛り込まれているというのです。

 みなさんも『三十六計逃げるにしかず』ということわざを聞いたことはおありかと思います。

 私はこれを読んで、藤原定家とは忍者ではなかろうか?百人一首とは忍者が口にくわえてドロンと煙の中に消える巻物ではなかろうか?と思い、何とか私も百人一首を全部そらんじることができるようになりたいと思いました。

 最近自殺したりニートと呼ばれる閉じこもりになったり、親殺しなどまでひんぱんに聞きます。

 これらの人々は百人一首を本屋さんから買ってきて丸暗記をしたらどうでしょう。

 西原村にも山田邦博さんという忍者屋敷に住んでいる忍者さんがいらっしゃいますから、百人一首の忍者的解釈の仕方を、印を結びながら教えてくれないかなあと思いますね。

 そうすればうつにもならずに自殺のピンチからも逃れる助けにもなるのですが・ー・ー(^-^)/

 ちなみに林直道さんが『百人一首の秘密』について詳しく解説したホームページを開いておられます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ