한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/1/16

せっかくのイギリス女性宣教師フリースさんを偲ぶ記念碑が、破れ金網に囲まれているのはどうも気の毒です。  村のあちこち村おこし

        クリックすると元のサイズで表示します

 かつて、大正から昭和初期の戦前まで、宮地の商工会の隣にある武道場あたりに、 イギリス聖公会の教会があり、そこにフリースさんというアイルランド出身女性が赴 任して来られて、日本および熊本の幼児教育の歴史に始まりを告げられたらしい。

 しかし、戦争前夜の日英の緊張を反映して、教会に石が投げられてガラスを破られ るなどにより、オーストラリアのパースに逃れざるをえなくなったというのです。

 この石碑は、近年フリースさんの遺徳を偲んで教え子たちが建てたものです。よく 新聞などにこのエピソードは紹介されて、日豪友好の証とされています。

 現在、熊日新聞夕刊に竹崎有斐さんによる連載小説が出ていますが、ちょうど阿蘇 宮地のフリースさんの教会を訪ねる場面になっています。

 しかし、今日初めて石碑の現地に足を運んでみたら、この写真のように、破れた鉄 製のフェンスに囲まれていまして、まるで通せんぼされているような感じがして、あ まり気持ちいいものではありませんでした。

 『通せんぼ』と言えば、道路からみた外観から、阿蘇神社もまた、通せんぼされて いるかのように見えてしまいます。

 有料駐車場の横木です。まるで【ストップ】と言って両手広げて道を塞いでいるよ うに見えます。

         クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/1/16

阿蘇市長への手紙。返事もまた公開しています。  村のあちこち村おこし

 これは、一の宮図書館に掲示されていた、『阿蘇市長への手紙』とそれらへの市長 からの返事です。

 意見を出した人に対しての、たんなる個人的な対応にとどまらず、出してもらった 意見に含まれた問題意識を広く大勢の市民と共有しようという姿勢が表れており、共 感しました。

       クリックすると元のサイズで表示します

2
タグ: 阿蘇市長 手紙 

2007/1/16

阿蘇宮地の【木こずみ】  村のあちこち村おこし

       クリックすると元のサイズで表示します

 木こずみとは、草こずみに似ています。阿蘇に独特なものでしょうか?

 私はその原型にモンゴルのパオがあるのではないかと思います。緯度が高くて寒い 草原になじんで移動してきた遊牧の民が、九州に新天地を求めなければならなくなっ たら、標高が高い阿蘇や久住など、比較的寒くて樹木が少ない草原の地を選ぶのは自 然なことで、その住居は、取り壊しと作ることが簡単でな様式だったのかもしれませ ん。

 素材となる木はいたるところにあるので、九州の阿蘇では、中央アジアでのように 筋交いとなる木を馬に乗せて歩かなくてもよいわけです。
0

2007/1/16

松岡利勝農水大臣の政治団体は、備品費も不透明  日本共産党

 松岡大臣の地元後援会事務所が、菊陽町に置いてあるようです。

 今度通る時に場所を確かめなければなりません。

 というのは、今朝のしんぶん赤旗に書いてあったのですが、地元後援会の2005 年の政治資金収支報告書によると、事務所費が莫大かかったという話だけでなくて、 『備品・消耗品費』にもなんと年間に千三百四十三万円もかかったと報告していたと いうのです。
 価格が百万円を超える自動車や絵画を購入するならば「動産」の欄に品目と数量を 記載する必要がありますが、該当の記載がありません。

 となれば、備品費も不透明だということで、ホントは何に使ったのかなぜ明らかに できないのか、ということになります。
 いよいよもって熊本およびわが母校・済済黌の恥をさらさないでほしいと、本人に は辞任を要求したくなりました。

 三綱領が泣いています。廉恥を重んじ、元気を振るう後輩たちに肩身の狭い思いは これ以上させないでほしい。

0

2007/1/16

阿蘇神社には縁結びの松あり  村のあちこち村おこし

 阿蘇宮地一帯の地域活性化策を考えてみました。

 阿蘇神社境内を入って右には、縁結びの松があることは、あまり知られてないよう に見受けます。

 謡曲で有名な高砂の松だそうです。

 しかし、謡曲なんて聞いたことがないのでどれほどありがたいのか、よくわからな いのですが、たまたまお参りにこられた女性二人に、

『この松は縁結びの松だから、男と女は、左からと右からと回り方が違うんですよ』

と話しかけたらウフフと笑ってお賽銭を上げた後、オリンピックの陸上競技の回り方 で2周、砂利を踏んで回られました。

 全く箸がころんでも笑いころげる年頃の娘さんたちです。

 私は、せっかくの謡曲の説明などが掲示板に書いてあるのですから、QRコードも そこに表示しておいて、観光客が読み取りさえすれば、後でインターネットで検索し てさらに深く調べることができるようにできていいのになあと残念に思いました。
 今度そんな活用法の提案を、神社だとか阿蘇市役所、県の地域振興局、あるいは阿 蘇デザインセンターに提出したいと思います。宮司さんや周辺の活性化を望んでいる めぼしい人にも手書きのハガキ作戦、すなわちハガキ道で働きかけることで実現にこ ぎつけることができるに違いないと確信するととも、西原村の活性化にもつながる人 脈ができるようにしたいと思います。
0

2007/1/16

宮地の水基は何基あるのでしょう。  村のあちこち村おこし

 阿蘇神社の周辺には、旅人の喉をうるおす水基というのがあります。

 全部で十五基あるそうですが、よそにはあまり見掛けない、幕末など江戸情緒をか もしだす風流なものです。

 あれをもっと観光に活かさなくてはもったいないと思います。

 わざわざ遠くから、健康のために水汲みに足を運ぶ人は本来たくさんいてもいいは ずなのに、誰か飲んでいる光景を私はいまだかつて見たことがありません。
 車社会の現代、ここはこうやって歩いて回るコースですよ。と示されなくては誰も 歩こうとはしません。

 しかし、神社境内の中に、男は右回り、女は左回りに回れば良縁に恵まれると掲示 板に書いてあるだけで、参拝客は2回巡っています。

 でも松の回りをいくら二回回っても男と女がその場で実際に出会うことはありませ ん。

 そこで四国霊城八十八ヶ所を作った弘法大師に習って巡りをやれば、右に回ってい く男と左に回っていく女の出会いと縁結びはありえましょう。

 すなわち掲示板に、松の周囲を回った後、水基十五基を順番にやはり男は右回り、 女は左回り、一ヶ所ずつ水を飲みながら歩いた後で、もう一度謡曲の松の周囲を回っ たら縁結びのご利益はありますよという文にに切り換えてはどうでしょう。

 十五基の風流な水基を一周する間に、謡曲の調べを静かに流すだとか、雰囲気を盛 り上げる工夫をするのです。

 阿蘇ナビとQRコードの支援のもとに、一基ごとに次の水基にはどういけばよいの かという道案内を記しておけばいいのです。

 誰もが携帯を持っているわけでもなく、またどの携帯にも必ずしもQRコード読み 取り装置がついているわけでもなく、たとえついていても、なかなか読み取り操作に 慣れない人も多いのがQRコードの実情かもしれません。

 ところがその弱点が逆に縁結びの神さまとしての役割を果たすのです。

 若い男女の会話のきっかけ→出会いのきっかけになるのです。

 そしてこのシステムを構築したら、阿蘇神社が縁結びの神様として、広くマスコミ や旅行雑誌にも乗って喧伝されることは間違いありません。デンソーや携帯電話製造 会社や通信会社も喜んで阿蘇神社界隈の宣伝に協力してくれることでしょう。

 あとは喫茶店やユニークな飲食業や芸術家たちがうまくはりついて来るように観光 推進協議会あたりを作って誘導していけばよいのではないでしょうか。

0

2007/1/16

首にタオル巻くだけでもだいぶ寒さはしのげる  プロフィール

 小国から夜、バイクで帰る時に、『小国の寒さバ甘うみたらいかんバイ』と、タオ ルを渡してくれた人がありました。

 首に巻いて走ってみたら、たしかに暖かい。これなら少々気温が低くてもバイクを 走らせることができそうです。

 タオルの知恵を授けていただいたのはさすがに冬は天然のスケート場ができる小国 の人ならではのことでした。ありがとうございました。
0

2007/1/16

阿蘇宮地の『古代の郷美術館』の活性化策は、五十三次占い  村のあちこち村おこし

 阿蘇の宮地駅から仙水峡の方へ行くと、『アゼリア』などとともに、『阿蘇古代の 郷美術館』が、ひっそりと静まっています。

 中国秦王朝時代の兵馬ようの馬も展示されていることをどれだけの人が知ってるで しょうか。ほとんどがかつて繁栄を誇った阿蘇家の宝物で占められていますから、見 て回ると歴史の勉強にもなります。録音テープで説明を聴きながらひとつひとつ見る ことができますから、親切ではあります。

 しかし、せっかくのすばらしい展示品の数々にもかかわらず、どうも来館者がそれ に見合うほどはあっていないらしい『阿蘇古代の郷美術館』。

 もったいないなあとつくづくと残念に思いまして、私なりに活性化策を考えてみま した。

 それは、阿蘇神社にならって、おみくじを用意してはどうかというものです。

 お客さんに百円でひかせると、東海道五十三次いずれかの宿場町を描いた浮世絵が あたり、それぞれの観光スポットの説明やそのQRコード、弥治・喜多道中記ととも に、それにちなんだ占いを書いてあるというふうにすればどうでしょうというもので 、2階に展示されている安藤広重作【東海道五十三次】の浮世絵をいかそうというも のです。

 阿蘇神社に参拝した後には美術館へ、という流れがこれでできるのではないでしょ うか。

 『動物占い』の『東海道五十三次』版です。名づけて『弥治・喜多占い』。野次馬 根性でたくさん来館者が増えたら嬉しいですね。

 でもこの案、美術館が採用してくれるかな?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ