한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/3/21

着陸の脚が出にくい外国製の飛行機より、何とか安全な小型飛行機の国産はできないものか  村のあちこち村おこし

 高知空港で脚が出なくて胴体着陸した小型飛行機の事故に続いて、今度は西原村に隣接している熊本飛行場でも同型機による、あわや胴体着陸かという事態が起こりました。

 連続して同じようなことが起りましたが、熊本飛行場においては、手動に切り換えたら脚が出てことなきを得たということではありますが、高知空港の事故があってから同型機を保有している飛行会社は緊急点検をしたという話が報道されており、安心していたところまた同じことが起ったということには、点検ではどうしようもないどこか根本的な設計的な欠陥があるのではないかと想像されます。

 近距離を飛ぶ割安な飛行機の需要はあるのに、供給側としては小型の飛行機の機種がボンバルディアしかないというようなことなのでしょうか。

 それなら、軽薄短小の分野を特異としている日本の技術者の出番ではないでしょうか。

 この分野に日本の企業が進出しているのではないかと思いますが、寡聞にして知りません。この手の飛行機には西原村議会の愛媛・高知への議員研修の際にも搭乗しました。

 私は窓側で丸窓から翼の下に脚がガチャッと出る様子を観察していました。まるでかぶと虫とかコガネムシの脚みたいな機械的な様子は、ガンダムの合体ロボットみたいで子どもが喜びそうな感じでした。
0

2007/3/20

ミニ中国語もあるけれど、ピンイン表記がケータイではなされていないので・・・  隣国との友好と平和

 ミニまぐのメールニュースサービスの一覧の中に、どのようなものがあるのか、少しずつ閲覧をしているところです。

 私は『韓国ローマ字でつづる観光阿蘇案内』というようなものを発行申請しているところなので、似通ったものがほかにないのかと探していたら、『ミニ中国語』というのがありました。

 数日に一回のペースで、中国語の一文を紹介してありますから、学習者にとっては役に立ちそうです。私も一応中国語は3級なので、忘れないように購読してもいいなとは思いましたが、躊躇した問題があります。それは、ピンインが表記されていないために、どのように実際に発音したらよいのか、さらにインターネットのサイトにアクセスしなければならないようになっているのです。インターネットアクセスについて定額契約をしている人なら関係ありませんが、そうでない人にとっては課金が発生するのは苦痛になるでしょう。

 私なら、ピンインの四声を1234という数字で表現するのですが。たとえば、mei3guo2 jin1nian2 quan2wei2 ri4ben3che1のように

 このことを提案しようとしてメールアドレスを探すのですが、ないようです。

 毎日一文聖書の英訳、というメルマガには、レスを受け付けるアドレスが併記してあり、親切です。私が試しにコメントを返したら、翌日にはそのコメントが書いてありました。一方交通ではなく、これこそ双方向性のメルマガだと感心しました。私はこの、レスを受け入れる手法を学びたいと思います。
0

2007/3/20

資金力がモノいう改憲CM  隣国との友好と平和

 それでは、改憲問題に関する有料CMの問題について、次にマスコミ9条の会の、三枝和仁さんの談話を読んでみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 資金力がモノいうCM
               マスコミ9条の会 三枝和仁さん

 国民投票法案(改憲手続き法案)では、投票日の一、二週間前になるまで有料のテレビCMをいくらやってもいいことになっています。CMは資金力がモノをいう世界ですから、これは大変な問題です。

 CMにかかる広告費は、新発売の商品のちょっとしたスポットCMでも一億円はくだりません。それも関東地区だけの話です。全国レベルで流すとしたら、四〜五億円ぐらいかかります。

 国政選挙時に投下される政党広告費(新聞、テレビ、ラジオ)が、いま合わせて百億円ぐらい。投下期間が二週間ほどです。そこから考えると、改憲案の発議から投票日まで二ヶ月から六ヶ月ほどある国民投票には、数百億円という莫大(ばくだい)な広告費が使われる可能性があります。

 財界をふくむ改憲派はそれくらい用立てするかもしれません。国民投票にかんする有料CMの圧倒的な部分が、巧みにつくられた改憲イメージアップのCMで埋められてしまう恐れがあります。

 もうひとつ、莫大な広告費が動くことで、マスメディアの報道姿勢にも影響を与える恐れがあります。これまでにも、サラ金の会社が、サラ金被害を報道した新聞社に、記事を止めないなら広告を出さないと圧力をかけた例があります。

 ほとんど広告収入で成り立っている民放のテレビ局はさらに深刻です。改憲派という巨大スポンサーの意向をそんたくし、報道内容の「自主規制」がおこらないといえる保証はありません。今国会で、こんな法案を通したらメディアもひどい目にあいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  三枝和仁さんの談話では、有料CMの巨額のお金も魔力に、マスコミ界が言論報道姿勢を変えてしまう恐れという指摘に、慄然としました。

 ただ、マスコミの言論報道があてにならない、信用にならないということが国民の常識ということになってくると、インターネットでの個人レベルの議論のネットワークがテレビ・新聞への信頼感を追い抜いて比重を増してくるという、歴史の転換点になる可能性もあります。

 憲法改悪に反対している議員や運動家は、ITを有効活用するように、その面の力をつけてブログぐらいは少なくとも毎日書くのは当たり前という段階に、たくさんの人がなって、洪水のように垂れ流される改憲賛成のCMに対抗していけるようにしたいものだと思います。
0

2007/3/20

改憲派に有利で不公正な『改憲手続き法案』許さない  隣国との友好と平和

 今日の赤旗しんぶんに、『改憲手続き法案』について、許さない識者の談話が特集されています。

 その中で、自由法曹団事務局次長の阪田勝彦さんの談話がもっとも分かりやすく解説されていますので、ご紹介します。以下はその引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      改憲派に有利で不公正

        自由法曹団 事務局次長 阪田勝彦さん

 今の法案は、提出者自身が改憲派である結果、非常に不公正な、改憲派に有利なものになっています。

 与党法案では公務員、教育者の「投票運動」を禁止しています。当初案では刑事罰を科すとしていました。刑罰は「修正」で撤回するといわれていますが、行政処分対象になることは変わりません。禁止される以上、現場には「日の丸」「君が代」の強制問題と同様の萎縮効果が生まれるでしょう。

 与党はこの運動禁止条項を決してはずそうとしません。「修正」では逆に、民主党も運動規制に同意しました。

 「過半数」の定義についても同様に不公平です。与党案は「有効投票総数の過半数」としています。「有権者総数の過半数」とし、最低投票率を設ける方が、より多くの国民の意思を反映できることは、与党もわかっています。しかしこれも決して譲りません。

 有料CMが自由に行えるのも問題です。テレビなどのメディアは決して中立ではありません。どのCMを流し、どのCMを流さないという判断が、資本と深い関係にあるメディア側に握られることになりかねません。

 二月にイタリアの国民投票制度の現地調査をしました。有料CMは禁止され、無料CMについても公平な時間の扱いが要求されています。違反を監視する独立行政委員会も機能しています。過去、選挙を通じてファシズムを生み出してしまった欧州の経験が生きていると思いました。

 今の日本国会には「郵政民営化選挙」で生まれたゆがんだ多数派がいます。この状況を利用しての採決は絶対にさせてはならないと思います。そもそも憲法とは国家を拘束するもの。縛られる側から「変えよう」と言い出すのはおかしいのです。

 憲法を変えるということは、主権者として大きな責任を負うこと。その危険性も含め、年月をかけて十分議論すべきです。「アメリカとの約束」や「財界との約束」で拙速に進めることでは決してありません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  この談話の中で、とくに注意して読んでほしいことは、有権者の過半数の賛成で憲法の改正が可決される国民投票ではなくて、有効投票総数の過半数で、改憲が支持されたとみなすという法案を、与党が用意しているということです。

 よく東京都知事選挙などで、20%とか30%など、投票率がとても悪くても、その過半数をとった候補者が当選していますが、結果として10%20%の低い支持率で知事が誕生するという状態にあります。これをよりにもよって国家のあり方の根本を定める憲法改正に適用しようというのです。20%の得票率で100%の国民が拘束される改憲がなされてしまう、これは民主主義として由々しき問題ではないでしょうか。

0

2007/3/20

韓国京畿道の果川市議会の皆さんの名刺はみな写真つきです。  村のあちこち村おこし

        クリックすると元のサイズで表示します

 インターネットで検索してみたら、ソウルの南に隣接した田園都市・果川市は、首 都機能の一部を移転しようという計画も実施されかかっているようで、韓国の地方都 市の中で、自主財源度が国内最高という、韓国人がもっとも住みたがる都市として有名な、とても豊かな町らしいことがわかってきました。

 運によって天から降ってきたようなこの、西原村への公式訪問は、絶好の一期一会 として、まずはハガキでの交流を絶やさないようにしたいと思います。

 それに国立現代美術館が存在し、国史編纂事業もおこなわれるような文化都市らしいことも私にとっては絶好の条件です。

0

2007/3/20

熊日チラシに紹介されていた琉球の店・『ゆい』の娘さん  村のあちこち村おこし

 西原村のいろいろな店の情報を、手書きの新聞『ぱらぷう』で紹介してくれていま す。

       クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/20

俵山の観光山焼き  村のあちこち村おこし

       クリックすると元のサイズで表示します

 このような見事な山焼きが、昼間ではなく、敢えて日没後の暗くなるのを見計らっ て行われることは、もっともっとたくさんの人に知ってほしいものです。

クリックお願いします。→   メールニュース・【韓国ローマ字でつづる観光阿蘇】の発行が認められたら、大い に韓国にも読者を広めていって知らせたい光景です。

 放牧というものが済州島以外にはないと思える韓国には、おそらく山焼きというよ うな習慣はないでしょうから珍しい光景だと思いますね。

0
タグ: 山焼き 西原村 俵山

2007/3/20

ヤマタのオロチが登場した山の神祭り  村のあちこち村おこし

       クリックすると元のサイズで表示します

 これはヤマタのオロチが、酒を飲まされてとぐろを巻いたところです。

 日曜日の山の神祭りで、背景に観光山焼きが燃え盛る中、波野の岩戸神楽の皆さん が強風にあおられながら数時間も舞い続けておられます。

       クリックすると元のサイズで表示します

 神楽の中には天照大神の例の岩戸隠れの場面があることは知っていましたが、須佐 のおのみことのヤマタのオロチまで登場する場面があるとは初めて知りました。

 というのも、大蛇などかなり手のこんだ工作物が必要だからです。

 波野の岩戸神楽だからこそのはまりだと思いました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ