한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/3/14

ソウル近郊の果川(クヮチョン)市から市議らが西原村に表敬訪問に来訪予定16日  隣国との友好と平和

 一般質問がある15日で、3月の定例村議会は終了しますが、その翌日の16日に、韓国のソウルの南に接する市の市議会から数名が、西原村議会に表敬訪問および見学に訪れる予定です。

 広島から九州に南下し、熊本から大分湯布院を通って韓国に戻るというコースの途中に、ぜひ熊本市近郊のどこかの議会を訪問して研修をしたいという希望で、急遽福岡の旅行会社からの問い合わせで決まりました。

      クリックすると元のサイズで表示します

 その市の名前は果川(クヮチョン)市と言い、ソウル市の南に接している市で、京畿道に属しているようです。ソウル市とその周辺の京畿道を合わせえると、韓国の総人口の4分の1を占めるらしいと聞いているのですが、ファックスで送られてきた市の概要を見ると、西原村の半分の面積に7万人が住んでいるという大都会のようです。

 ソウル市の漢江(カンガン)より南のカンナム地区が、高級住宅地としてオリンピック頃から急速に都市化しておしゃれな街になってきたと聴いているので、ひょっとして、その南に接するという果川市もベッドタウン化しているのかもしれません。

 いずれにしても所得の多い富裕層が住んでいるところだと想像されますから、心して16日の会見ではあたらないといけないなと思います。
0

2007/3/14

3月議会一般質問  村議会

● 子育て支援策について

   小学校卒業までに医療費無料化を延ばしてはどうか

 近隣の南阿蘇村では、中学校卒業する3年生まで無料化をしています。

 また、阿蘇市では、小学校6年生まで通院が1000円までは自己負担で、入院の場合は2000円までが自己負担となっているそうで、1000万円の予算となっており、先般選挙があってあらたな任期の市議会に当選した、日本共産党の川端忠義市議は、あと500万円予算をプラスして、すなわち1500万円の年間予算で小学校6年生までの完全医療費無料化が実現できると言っています。

 阿蘇市と西原村の人口比、児童数から考えて、西原村はその約3分の1の見当で見積もれば、500万円をあてたら西原村でも小学校6年生までの児童の医療費を無料化することができる勘定です。

 南阿蘇村の中学校3年生まで医療費無料化というところまで一挙にということでなくても、この少子化の時代に熊本市や菊陽・大津などの企業立地を進める都市圏近郊にある西原村として、南阿蘇村や阿蘇市との格差があまりにも開いてくれば、若い働く世代が住むところとして西原村というのが次第にはずれてくるのではないかと心配されます。何しろトンネルを抜けた隣村での話ですから。

クリックお願いします。→ 

 ● 歴史的村の資源をどう活かすか

 今、村内の温泉の客の入りが少なくなったという現象が入湯税の減少として如実に象徴しているように、俵山トンネルができたことの影響が微妙に影を落として西原村の経済活性化、あるいは税収という西原村が自立してやっていけるようになるための要素に、懸念材料となっているような気がします。

 しかしもっともっと地域にある歴史的な村の資源を十分に活かせば、国際的にも訪問客が多い村にできるのではないか。というのが、村長が尊敬されているという幕末の蘭学者蘭方医・高橋春圃のことや、明治初年の熊本近代化の功労者とされている竹崎茶堂律次郎、あるいは『肥後の猛婦』としてはいつも筆頭に挙げられる竹崎順子や矢嶋楫子など、明治から大正にかけて活躍した人物がまさしく西原村にゆかりがあることが、徳富蘆花による伝記『竹崎順子』一冊を全部入力する作業を通じて、私自身よく見えてきました。

 インターネットのブログにアップしておりますから誰でも読むことができるようになっています。

 また大切畑ダムを建設した矢野甚兵衛も含めて、高橋春圃に竹崎夫妻も横井小楠の弟子である私の感想です。

 標柱に、日本語・英語・韓国語・中国語・スペイン語での解説に飛べるQRコードやカラーコードを装着してはどうか

 もろもろのイベントに、熊本市内に多数来ている留学生を呼んで、感想を述べてもらうなどしてはどうか

クリックお願いします。→ 

 その上で「外国人留学生青年の主張コンクール」を村でやれば、意外な視点から西原村をよくするための指摘や提案を寄せてくれるかもしれず、また、取り組みを通じてその出身国の家族・友人・知人に西原村のよさを伝えてはどうか。

 ● デマンド乗合方式で第3の公共交通体系へ

 定時運行バスは、少なくとも昼間の運行は非効率的にとれるが、この際、村内の公共交通網の体系を、総合的に再構成することを、デマンド方式とともに検討・研究を始めてはどうか。

 宮城県の加美町では、無線を利用して従来のデマンド方式よりも割安なシステムを採用したようです。去年の秋から運行を開始したようで、名称はデマンドというカタカナ語の代わりに『予約制』という言葉を採用しています。40分前までに連絡すればよいとなっていますが、朝早い時間帯だけは前日の予約を求めています。

0

2007/3/14

メールニュースのまぐまぐ  

 メールニュースに無料の『まぐまぐ』というものがあったことを思い出しました。

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ