한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/4/14

山桜は山間の黒川温泉郷で光を求めてせいいっぱいに咲いていた  俳句鑑賞

山あいに 手かざし眺む 山桜

    田島敬一

       クリックすると元のサイズで表示します

 黒川温泉地域に南小国民報を配布していた時、V字形の峡谷の緑というよりどちらかといえば黒っぽい山の陰に、桜の木がせいいっぱい枝を広げて花をつけているのを見ると、やはり平地の桜とは枝振りがだいぶ違うなあと思いました。

 植物は与えられた土地を離れることはできませんから、その条件のもとでせいいっぱい光を求めて枝を孔雀のような具合に放射状に広げています。

 逆光で太陽の光線とともに目に入る桜の大木は、周辺の山陰を背景にしていますからいっそうまぶしくて、手をかざして見なければならないほどの絢爛豪華さです。        クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 山桜 逆光 黒川温泉

2007/4/14

まつぼり風に吹き飛ばされる桜の花びらたち  俳句鑑賞

花びらの 流れて止まる 石の坂

 田島敬一

 これは、西原村の萌の里前の駐車場にバイクを止めて一休みした朝の句です。

 「まつぼり風」が西から吹き荒れている時に、桜花びらたちも次々に吹きやられ流れおちて駐車場一杯に点々とへばりついています。しかし、つむじ風か突風か?強烈な風が通れば花びらもころころと走り出します。

 しかし、ちょっと走りながらも風のぐあいかデコボコにひっかかってかすぐ止まり、へばりつきます。

 本当は路面を走り出す桜の花びらを描くつもりでしたが、石の坂としました。歩く息づかいも伝わってくるような句になりましたか?

 西原村の指導者・矢野越子さんに俳句を添削してもらった中の、没になった俳句ですが、私には愛着があるので、ここに掲載した次第。
0

2007/4/14

杉村春子さんも筆まめな人でしたね。  

 昨夜構造改善センターで教育関係者の懇親会がありました。

 気疲れして今日は一日中動かないでコタツで寝ていました。

 ハガキ道の安部友子さんに西原村に来て話してもらえれば、社会教育としてとてもいいし、情報の発信力と収集力とで、西原村の活性化にも役立つことになりはしないかと、関係者に話して、賛同を広めつつあります。

 でも、私自身がハガキ道を実践し、現在の900枚どころではなく、1万枚を達成するぐらいやって初めて、村内にこのことは本当に浸透していくのではなかろうかと思います。

 精進をしなければなりません。
0

2007/4/14

ベネッセが、全国一斉学力テスト受託を利用して、業者テストの売り込みをしている  環境・教育

 今朝のしんぶん赤旗の一面記事によると、文科省がこの4月24日に実施する小六と中三を対象とする全国一斉の学力テストを請け負う受験産業最大手のベネッセ(進研ゼミ関連)が、自社が行う業者テストの売り込みに利用している『契約違反』を、日本共産党の石井郁子議員が衆院文部科学委員会で指摘したそうです。

 以下はその引用文です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 学力テストで“商売”
 受託ベネッセは「契約違反」

 全国一斉学力テストを受託した受験産業大手のベネッセが、自社のおこなう業者テスト「総合学力調査」の売り込みに学力テストを利用していることが、十三日わかりました。衆院文部科学委員会で日本共産党の石井郁子議員が指摘したものです。

 文部科学省の銭谷真美初等中等教育局長は「全国学力調査の中立性・公平性に疑いをもたせかねない。テスト業務委託契約書では、事業を委託したことで宣伝行為を行わないよう同社に申し入れている」と述べ、契約違反との認識を示しました。

 同社が各地の小学校長に送ったダイレクトメールでは、「小学校六年・中学校三年生を対象とした全国学力調査が本年四月二十四日に予定されておりますが」と述べた上で、同社の「調査」を購入・実施することで@記述式の出題で多面的な学力を正確に測れるA全国比較や意識調査とのクロス分析資料が入手できる−などと宣伝しています。同「調査は今月五日から行われています。

 石井氏は「文科省の行う学力テストに先行して売り込みをはかっている。重大な問題だ。学力テストはいまからでも中止すべきだ」と批判しました。

 質問を聞いていた自民党委員から文科省に対し「重大だ。もっと厳しくあたれ」などの声が上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上引用終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ベネッセの業者テストを受ければ全国比較や分析資料が入手できると宣伝することは、結局全国学力テストを受託したからできることなんですね。それを販売促進の重要な強みとして利用しているわけで、業者を設けさせるために国民の税金を百億円を超えて費やそうとしていることになります。

0

2007/4/14

うぐいすの初鳴きは『初音』と表現するそうです。  村のあちこち村おこし

 『難聴の 父に初音を 手真似して』

黛まどか

 私の家の庭でもうぐいすが『ホーホケキョ!』と、それは美しい声で鳴きました。

 俳句にしたいなと思うのですが、なかなか表現できないでいましたが、初音という 、どんぴしゃりな言葉があることを教えてもらったのが黛まどかさんのメルマガなの です。

 俳句鑑賞にめざめて河原門出の矢野さんに、黒川温泉に行って作った俳句を送って ご指導をお願いしました。

 私がいただいているメールマガジンの中で、みなさんに一番推奨できるのが、先日 日曜版に紹介されたこともある黛まどかさんの『俳句でエール!』です。
 日本語の奥深い味わいを教えてくれる、このメルマガは、国際交流にも日本文化と して身につけていけば役に立つことウケアイです。

 日経にも紹介されたそうで、読者が急激に増加しているらしいです。
 私のブログで紹介した後で日曜版に掲載され、またそのすぐ後で日経に紹介されて …と、どうも私のブログがオヤクにたったのかもしれないなと、自分では感じて勝手 に喜んでいますヨ。

 信ずる者は幸いなり

 若くて美人だし、若い人たちが手にもつケータイにいっせいに届くメールマガジン という手段に着目した俳人としては、おそらく空前でしょう。

 俳句を愛好する層を若い世代に広げるという、大きな仕事をされています。

 それに、平和に関した何らかの運動もされているらしいです。

 韓国をプサンからソウルまで、俳句を作りながら徒歩で縦断したというような行動 力・企画力も、隣国との友好と平和を願ってのことだろうと、私は見ています。

 お父さんも有名な俳人だったということで、この句は父と娘の春の縁側を思わせて 味わいがあります。

 お父さんは難聴の晩年だったようですが、初鳴きを手話でどのように表現されたの か?
 周囲の森に囲まれた静寂と、春の日溜まりが感じ取れるような気がします。

0
タグ: 黛まどか 韓国 俳句



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ