한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/6/3

子ども会の夏合宿でしょうか。  俳句鑑賞

ひしめきて 子らの眠りし 夏座敷

(ひしめきて こらのねむりし なつざしき)
中野千秋(なかの ちあき)

 黛まどかさんから送られてきた俳句メール。

 私には夜中の情景よりもワッシワッシとやかましく熊ゼミが鳴く、昼間のお寺の夏座敷がどういうわけか目に浮かびます。
 お寺も夏合宿の場所に提供されるという多角経営をしているのでしょうか。

 地域の子ども会を指導する親たちとお寺さんとのいい関係が感じられます。緑の樹 木が揺れる中で、子らはひしめいて昼寝をしているのです。

 熊本の夏はとても暑いので、子どもたちも昼寝が必要です。遊ぶのは涼しくなって から。夜になってスイカを皆で一緒に食べるのも夢に見ているかもしれません。

0

2007/6/3

Japan Constitution in English に2種類?あることに気づいて  隣国との友好と平和

 日本国憲法9条の、『交戦権は認めない』と述べる大事な部分で、英文に違いが見 つかりました。

 私が暗唱のために持ち歩いていたsentenceでは、『the right of aggression』とな っており、以前どこかで覚えていた時にはたしか、『the right of belligerancy』と なっていたんだがなあという、かすかな違和感がありました。

 おかしいなと疑問を抱きました。『侵略権はこれを認めない』では意味が全然違っ てきますからね…

 そのようなわけで、もう一度インターネットを検索して調べてみました。

 するとはたして、私の記憶する表現が正解のようでした。

 preambleもprefaceになっていたり、duly electedとdulyがついていたり、the ble ssing of liberty all over this land が、thoroughout this landになっているのが 主流でした。

 一体私が最初ダウンロードしたのはどこからだったのか…探したのですが、わかり ません。

 英訳文にもいろいろあるとわかりましたが、より正解な方に乗り換えることにしま した。

 せっかく丸暗記できてよかったと思って喜んでたのに、また覚えなおさなければな らないのは大変だなとは思いましたが、文の組み立て自体は同じです。暗唱をしてみ たことによって違いが発見できたのですから、よしとしましょう。

 もうここまできたらからには、日本国憲法は最後まで全文英語で丸暗記するところ までいきましょうか。

 何しろ政治・法律・行政的な身につけておくべき基本的な英語表現の宝庫ですから 、英検1級めざす勉強なもなりますからね。

 同時に行政書士試験には、出題率は低くても日本国憲法はやはり基礎として、十分 に腹に据えておかなければなりません。
 改憲の動きがここまで勢いを増してきている時だけに、五月三日の【憲法記念日】 を誕生日とする私だけに、そして日本国憲法に描かれた人類普遍の原理と絶対平和主 義の理想は、私の生きる原動力・推進力そのもの。エンジン部分ですから…
0

2007/6/3

天皇元首化しようという改憲案に驚くとの赤旗投書は、端的に説明していてピリリとしている。  隣国との友好と平和

 今朝のしんぶん赤旗の『読者の広場』を読んでいて、短文だけれども現在の日本の政治状況を的確に分かりやすく表現した一文をみつけました。大阪府の井手猛太郎氏の一文です。

 引用してコメントをさせていただきたいと思います。以下引用。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 天皇を元首化 改憲案に驚く

 大阪府 井手猛太郎(自営業 65歳)

 「戦後レジームからの脱却」を唱える安倍首相を後押しする「日本会議国会議員懇談会」なるものが作成した「新憲法大綱案」(五月二十日付)を見て、驚いた。

 明治憲法下の絶対主義的天皇制を「国柄」として賛美し、天皇を「わが国の『元首』であるとして、その権能の拡大を主張している。憲法第九条二項を全面削除し、「追う英軍」の保持、海外派兵や治安行動の合憲化、首相の「非常措置権」まで定めている。

 国民には「国防の責務」として、徴兵制を押し付け、軍事裁判所の設置も規定している。「わが国の伝統」だとして、「家父長制度」の復活を予定している。また、現憲法の「政教分離の原則」を緩和し、侵略戦争を賛美する「靖国思想」の「国教化」を策している。

 国民主権・恒久平和・基本的人権などを基本とする戦後レジームを解体し、日本版「アンシャンレジーム(フランス革命が打倒した絶対王政)」の復活をめざしているのだ。まさに十八世紀的発想である。

 たとえは悪いが、終戦時の「大手術」の医療ミス(?)で取り残されたがん細胞が再び増殖を始めた観がある。この難病をみんなで克服しよう。
0

2007/6/3

ミネソタにe-mailして思ったこと  村のあちこち村おこし

 昨日は、私の生まれて初めてケータイからe-mailを送信した記念すべき日となりま した。

 アメリカ・ミネソタに戻った、2メートルの友人にあてて、英語で送ってみたので すが、無事に届いたかどうか…返事がまだないのでわかりません。

 でも慣れたパソコンでも、日本語での入力は速くても英文となるととたんにぎこち なく遅くなるものですが、それがケータイのテンキーを使って英文入力、しかもその 英文も全く英作文をしながらとなると、幾重にもバリアが張り巡らされた起伏の多い 野をほふく前進するように困難を感じました。

 しかし、ケータイだろうが英文だろうが、在住・滞在外国人が急増している今世紀 の日本に生きるものとして、そんなことは必須の能力にこれからはなってくるでしょ う。

 それなら私はこのように訓練をしようと考えつきました。

 私のもとにはミニまぐに登録しているので、毎日英文で聖書の一節一節が、また、 Toeicの試験問題が送られてきます。

 その短文を例文として、何度も何度もケータイテンキー入力での書き取り練習を、 ちょっとしたヒマに繰り返すのです。

 これだとケータイで英文を打つのがだんだんと苦にならなくなっていくだけではな くて、外国人の中で欧米人などの精神を理解するための基礎である聖書などの勉強に もなるという一石ニ鳥です。

 今年度の村の生涯学習講座には、エミリー先生の【英語】に娘と参加することにき めました。生徒同士ケータイでe-mailを送り合うなんてことも挑戦してみたいことで す。

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ