한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/10/31

ジェームス三木。精神障害者の就労支援を描いた映画・モデルは和歌山の麦の郷  菊陽病院精神家族会

 精神障害者家族会、岡山での全国大会で、記念講演をされたのは何と脚本家のジェーム ス三木さん。名前の由来は「『税務署行き』で忙しい」と言われたことだなどと、ユーモ アあふれる話術を間近で堪能できました。
 どうしてジェームス三木さんが招かれたんだろうと不思議に思っていたら、来年2月完 成見込みで、和歌山県の精神障害者の共同作業所を舞台の「ふるさとをください」という 映画の脚本を書かれていました。この10月に撮影に入った(きょうされん)の記念映画 が、グーグル検索で出てきました。
 精神障害者と聞けば、映画に描かれているように共同作業所に反対運動が起こるぐらい まだ偏見が社会には渦巻いているようですから、この映画が精神障害者に対しての見方を 社会的に変えていく力になりはしないかと期待できます。和歌山の共同作業所が映画のモ デルになったのは、どうも精神障害者の就労支援体制が非常に全国的に先進的だというこ とかららしいのです。就労支援についての分科会で紹介されたのが、まさにその和歌山の 「麦の郷障害者就業生活支援センター・つれもて」でしたから。
 就労支援の分科会でしきりに強調されたのが『雇用促進法には、障害者自立支援法の場 合の1割負担がない』という利点でした。そもそも社会復帰を図ろうと第一歩を踏み出す のを援助する、共同作業所を利用すれば、わずかな報酬を得た中から利用料を取るという 障害者自立支援法を制定したこと自体、自立を阻害するやり方であって、一日も早く廃止 しなければならないという思いがあります。
 そんな中でも何とか精神障害者の就労支援にむけての活路を開かなければならないと、 家族会が手分けして職親探しをやって、簡単な作業内容から就労への突破口を開いた岡山 や横浜の事例にも感心させられました。あたって砕けろと数多く折衝することで職親を確 保するのは、大変な努力であったろうと思います。でもこれは学ばないといけません。
 和歌山麦の郷の就労支援システムには、3カ月間のトライアル雇用事業、ジョブコーチ といわれる職場適応援助者、就業面と生活面との一体的な支援、事業主の方への支援とし て、就労の受け入れについての各種助成金や税制上の優遇措置などについて説明ができる 体制が整えられているなど、周到にできています。就業形態としては週に20時間から 30時間程度で、無理のない形になっています。熊本県でもこのような制度の充実をめざ していきたいものです。
 ところで、採択された大会宣言の中で、JRの運賃について割引を求めようという文言 が盛り込まれています。熊本県家族会ではバスの運賃割引を求めています。身体・知的障 害者に肩を並べて認めるべきだという主張をしています。私は精神障害者がこれを実現す るためには、何を目的とする移動なのかが重要ではないかと思います。なぜなら、例えば パチンコ依存症という病があります。精神障害者が洪水のようなパチンコ広告にさらされ たら行ってみたくなるでしょう。運賃割引を利用してパチンコ店に入り浸って手持ちのお 金をみな使い切ってしまうと、そんな運賃割引の利用では一般の人々の理解を得ることは 難しいでしょう。絶叫調のテレビコマーシャルを規制したりなど、精神障害者の心を乱さ ない静穏な社会環境を実現していく運動も必要ではないか、また自殺願望の精神障害者に 運賃割引が手助けになっても同様に理解されないでしょう。運賃割引が理解されるのは、 社会復帰をめざして共同作業所に通ったり、就労のためなんだとして運動していったらい いのではないかと思いました。
0

2007/10/31

中央企画に周辺企画も加えてはどうでしょう。スポーツフェスティバル  村のあちこち村おこし

 スポーツフェスティバルのことです。

 やはり中央企画だけでは退屈の一字です。各スポーツサークルの紹介と言ってトラ
ックを行進するだけでは芸がないなあと思います。

 バドミントンのラリーが何回までできるかを競うなど、周辺のテント裏なりで、そ
れぞれのサークルや集落が創意を発揮したイベントを同時進行させたらどうでしょう


 腕相撲・指大会やら、腕立て伏せ競技・太極拳・ダンス・キャッチボール・詰め将
棋・詰め碁・ルービックキューブに、鬼ごっこ、広報西原検定など、いろんなものが
あっていいのでは?

 日本では文化系の範疇とされている頭脳プレイも、そもそも脳細胞も肉体の一部で
すから鍛えなければなりません。

 夏祭りでおなじみの【たこ焼き】ではないけれども、100円ぐらいの参加費を取
って賞品に当ててもかまわないし、集落ごとの総合得点に加える企画てもいいし…と


 スポーツに関連する同時平行企画を、各テントに任せて柔軟な発想でやってはどう
でしょう。それでこそスポーツの祭りではないでしょうか。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ