한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/11/1

田島敬一だよりができました。  村のあちこち村おこし


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/1

精製廃油で走るバイオカーはエコでありかつ、経済的かも  環境・教育

 もともとディーゼルエンジンの車は、燃料代が通常のガソリンよりかなり安いと聞いています。そのディーゼルエンジンは、精製した廃油で走るようにすることができるそうです。

 実は、先日久保田自動車に立寄ったところ、そこに廃油で走るエコカーの全九州キャンペーン中だという車が、整備のために構内に停まっていました。

 今月からガソリン代が高騰して、リッター150円にかぎりなく近い値段になっているようですから、出費が痛いだけでなく、考えようによっては二酸化炭素排出削減に向けて、追い風が吹いているともいえるかもしれません。

 食用油は、化石燃料起源ではなく、植物から採取した油ですから、そもそも空気中から植物が取り込んだ二酸化炭素ということになります。ということは、これを燃やしても空気中に戻すだけということで、二酸化炭素排出量には加算されないので、地球環境にやさしいということになります。

 経済性と環境の両者を満足させる、バイオ・ディーゼル燃料=BDF、あるいはSVOによる運行について、ガソリン高騰に悩む業者の皆さんは一度検討してはいかがでしょうか。

 SVO方式は、廃棄されつつあるディーゼル車を活用することができるということで、リサイクルではなくてリユースということで、環境保護に関して有利な点があるという記述は、勉強になりましたね。

0

2007/11/1

菊陽病院で精神障害者の働く場・喫茶部に赤木先生のすばらしい絵画が  菊陽病院精神家族会

       クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

 菊陽病院では、精神障害者の働く共同作業所として、入口左側にタコヤキ販売に続いて右側の保育園の建物に喫茶部もできました。この絵はその喫茶部の壁に掲げられた油絵ですが、パチンコ依存症も病気だとして外来を設けられた、例の赤木先生が描かれたものだそうです。

 なかなか落着いた雰囲気がかもされています。通りがかって一休みするもよし。

0

2007/11/1

庭先でミニプール利用の稲田作りをしている家をビラ配り中発見。  環境・教育

 今日も、西原民報の全戸配布で村内のあちこちを飛び回りました。その中で、ある家を訪問したところ、庭先に小さな子ども達が喜んで水浴びをするビニールで作ったミニプールに、稲が穂を垂れているのを発見しました。

 これは、聞いてみると東京など都会でもバケツで稲作など、いろいろ工夫して庭先で体験農業をやっているとのことでした。

 けっこう子どもたちの目を農業に向けるのに役に立ちそうな取り組みではあるなあと、感心しました。
0

2007/11/1

松岡洋右の『僕、一生の不覚』 大津町図書館の映像ライブラリーで   村のあちこち村おこし

 皆さんの中には、映画ファンが多いのではないでしょうか?

 でも映画館に行くのはお金がかさみますので、ごくたまにしか足を運べませんね。

 しかしそんなあなたに図書館の映像ライブラリーを利用する方法を紹介したいと思
います。

 実はよく本を借りに行く大津図書館の片隅に、映画などを見るためのブースがある
のを目のはしにとめていて、その存在を知ってはいたのですが、本棚から『その時歴
史が動いた』のCDを手に取ってカウンターにおそるおそる持っていったのは、今日
が初めてのことでした。

 貸出カードと引き換えにヘッドフォンとDVDを渡されました。

 テレビの画面は大きく、解像度もうちのとは段違いによく、臨場感がありました。

 松平定知アナウンサーでおなじみの【その時、歴史が動いた】は、日独伊三国軍事
同盟を締結した、1940年の9月27日のその時でした。

 意外にも松岡洋右はアメリカで青年期を過ごした、親米的な心情を持つ人物でした


 満州国建国について非難決議され、席を立って退場する場面が、私はこれまで繰り
返しテレビで見ていましたから、非常に悪い印象を持っていましたが、実はその裏に
苦渋に満ちた内心があったとは知りませんでした。

 満州事変を起こした時点でもう、引き返せない分岐点を超えていたのでしょう。

 世界はすでに戦争を非合法にしつつある流れにあって、遅れてきた帝国主義国は『
切り取り勝手』のパワーポリティクスの真っ只中にあったという、歴史発展段階のず
れがもたらしたのかもしれません。

 ともかく、松岡洋右のヒトラードイツと手を結んだ歴史判断の誤りが、悔やまれま
す。

 こんなふうに今日の映像初体験は、図書館活用術にささやかな一歩の前進があった
という点で、とても有意義なことでした。

 皆さんもいかがでしょう。パチンコなんかにいくよりよほどよさそうですよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ