한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/11/30

二酸化炭素排出抑制を家庭から 冷蔵庫に透明なすだれ等  環境・教育

 今朝のNHKでチラッとみたのですが、家庭での二酸化炭素排出量が、電化製品のさらなる普及によってかえって増えてきたことを示していました。京都議定書での約束がなかなかこれでは守れないと歎いていました。

 でも、家庭での心がけによってどういう工夫をすれば抑制する事ができるのか、具体的に提案していたので参考になりました。

 天井を開閉式にして夏の熱気を逃すようにするとか、天窓をつけるなどもありましたが、これは設備の段階で考えておくことで、後からはお金がかかります。

 家の周辺に緑を増やすというのも夏を涼しくしてクーラー代が安くなる方法ですね。私はまどに入る日ざしを和らげるために緑を考えてみたいと思います。

 電気製品を使わないときには根元から切ることを励行したいと思いますし、これなら何とか簡単なのでできそうだと思ったことの一つは、冷蔵庫にすだれを下ろすと言うことです。ドアをあけた時に、せっかくそれまで時間をかけて電気エネルギーを使って冷してきた庫内の温度を一気に上昇させてしまわないように、透明なすだれをおろしておくことぐらいは、ビニールを使ってすぐにもできることではないかと思いました。

クリックお願いします。→ 

2

2007/11/30

アメリカの戦後第二期の反映の時代は終わり、ドル離れの時代へ  隣国との友好と平和

 グリーンスパン前アメリカ連邦準備制度理事会議長が回顧録を発売したとのことで、今日のしんぶん赤旗時評に、友寄英隆氏が書いています。

 私も経済が苦手なので、友寄氏が時折時評を出されている時には、できるだけ熟読するようにしています。

 著名なグリーンスパン氏の回顧録も、そこに描かれているのは、アメリカの戦後第二期の経済繁栄(1980年代から2000年代初め)は、懸念する必要はないとしているのに対して、友寄氏はアメリカ一国反映の構図はしだいに崩れはじめているとして、原油などの国際商品の決済がドル建てからユーロ建てに転換するきざしをみせているなどドル離れが感じられるとしています。

クリックお願いします。→ 

 へえそうなんだ。

0

2007/11/30

趣味悠々の書家・武田双雲さんは熊本の人  村のあちこち村おこし

 昨日、『昼のプレゼント』見たら武田双雲さんが出ていました。

 アートみたいな書をかくので有名な人になりつつある若い人です。

 書家といえば髭と白髪のイメージを打ち破り、書とは人が書いたものを写すんでは
なくて、自由に気持ちを表現したらよいのだと教えてくれます。

 実は西原村にもおいでになったことがあり【風】だったか【滝】だったか書いても
らっていたようです。亡くなられた吉岡厚喜さんが案内されていました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ