한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/12/17

釣りバカ日誌であまりにも有名な三國連太郎さんが『北辰斜めにさすところ』に  隣国との友好と平和

 今日のしんぶん赤旗の月曜インタビューのコーナーに、三國連太郎さんが答えています。

 三國さんといえば釣バカ日誌のおとぼけ社長のイメージがあまりにも定着しているような気が、私はしています。それどころか最近は防衛省次官夫婦の収賄容疑事件を契機にして、ゴルフバカ日誌という言葉がつい口に出そうになります・・・ということは宮崎容疑者が釣バカ日誌の三國連太郎のイメージにだぶってしまうのです。

 でもどっこい、月曜インタビューを読めば、無謀な戦争を批判する台詞が言いたいからということで『北辰斜にさすところ』に主演されたことが述べられておりました。何しろ三國さんは中国出征中の二年半、一発の実弾も撃たずに終戦を迎えたというぐらい、戦争が嫌で嫌でしかたがなかったぐらい筋金入りの戦争反対だということがわかりました。

 防衛省事件とイメージをダブらせるなんて失礼のきわみでした。

0

2007/12/17

高田屋嘉兵衛と名づけられた山がカムチャッカ半島にあるとか・・・  隣国との友好と平和

 『菜の花の沖』(司馬遼太郎)六巻を読んでしまって、一巻一巻ごとに高田屋嘉兵衛の人生の節目を迎えているような印象を受けました。

 というのがひとつひとつの巻を独立して読んでも十分に味わうことができるように構成されているようなのです。

 最終の六巻目は、ロシアの艦に拿捕されたのを機会に日露の間を調停する機会として活用しようとして、このままではロシアによる日本への攻撃という事態になるのを防ぐことができたというわけです。

 日露外交史の最初と言ってもいい嘉兵衛でした。私はエカテリナ女帝に会うのではないかと思っていましたが、それはコウダユウという別人の話でした。それでもカムチャッカにいながらフランスのナポレオンによるモスクワ侵攻の情報が伝わってくる話があって、世界史と日本史の座標関係がぴったり理解する事ができました。つまり、トルストイの『戦争と平和』の映画の場面場面が目に浮かぶようでした。ロシアの貴族というのはまことに紳士的なところがありますね。

0

2007/12/17

菊陽町議会への傍聴者がなぜ毎回数十人と多いのか・・・私の推測  村議会

 菊陽町の議会広報誌に目を通して感心したことがあります。

 それは、毎号冊子の裏表紙1ページを使って傍聴をした人が書いた文章が掲載されていることと、傍聴者が50人だとか70人だとか、1・2名という極端に少ない西原村とは段違いに多いということです。

 西原議会広報は、編集技術を磨いて本当に読みやすく作られ、全国的や全県的な表彰も受けていますが、その努力の結果が傍聴に足を運ぶ人が何人になったということには表われていないようです。もし仮に議会傍聴者の数を点数化するということを議会の広報活動に加味したランキングが全国的に実施されたとしたら、菊陽町議会はかなり高いところに位置するのではなかろうかと想像しています。

 菊陽町議会の傍聴者は、過去を遡って見てみるとだんだん多くなってきているようです。何かの工夫をされているに違いないのです。議会の改革を西原村において行うとすれば、菊陽町議会のなぞを探求して取り入れる必要があります。そこで、菊陽町の議会情報はどのようにインターネット上で提供されているのかとクリックしてみますと、議会開催日程も詳しく紹介してあるばかりか、各議員の一般質問についてもその項目とともにおおまかに何日の何時ぐらいからその議員の質問が始まるかということも掲載されていますので、その内容を見れば傍聴にかけつけたいと思わせるものがあります。 http://portal.kumamoto-net.ne.jp/town_kikuyou/gikai/event/upload/p582_8_21一般質問表.doc

 ついでに益城町議会情報はインターネット上でどのように提供されているかを見に行きましたところ、菊陽町ほどではありませんが、一般質問などの日程と質問者は掲載されていました。

 実務的に考えるに、刻々と変化するであろう議会日程などの情報提供ができるようにするためには、役場総務課では対応できないだろうと思います。やはり議会広報委員会なりがきちんとインターネットでの情報更新というものを位置づけて取り組む事ではないかと思います。ということは議会情報に関しては議会独自の編集権を持つことだろうと思うのです。

 西原村議会でインターネット情報をという提案は以前やったことがなかったわけではありまえんが、やはりどうもインターネットに慣れていないことからくる怖れみたいなものがないものかどうか? 議会運営委員長と、議会広報委員長に、もう周辺の町村議会がここまで開かれた議会になってきているという話をして、西原村もどげんかせんばいかんですね。
0
タグ: 菊陽町 菊陽 傍聴者

2007/12/17

お年寄りに幸あれ  

       クリックすると元のサイズで表示します

 どうも寝たきりになる寸前であるような気がします。

 というのも左手の甲が腫れていて、車椅子から引張り起こそうとして少しでも触るととても痛がるのです。今は車椅子の生活ですが、何とか脚の筋肉をつけて、将来はまた歩けるようにしたいと希望しています。脚力というのは本当に衰えるのは速いものですね。手の甲の痛みを何とか解決して、脚力のリハビリに励む日を待ち望んでいます。なんでかというと、やはり脚の衰えは脳の衰えにつながると私は思っているからです。

 まあしかし、手の痛みが治るまでにはなるべく顔をあわせて心が寂しくならないようにしたいと思います。

0

2007/12/17

語学は動きながらできる勉強  環境・教育

 語学というのは、いろいろな仕事をしながらでもできる、ほとんど唯一の勉強ではないかと思います。

 けっして学校に行かなくても、本気になりさえすればできる勉強ではないかと思います。

 私は今、韓国語の習得に取り組んでいるのですが、新聞の配達をしたりビラを配りながらの路上学習がほとんどです。つまり歩きながら手にはNHKのテキストを持っているのです。時折文章を見ながら暗誦していくのです。たしかに根気は必要です。

 二宮尊徳は、ぐるりいっぺんということで、何かの作業をしながら大学だったか論語だったかを朗読して学習していたと、昔伝記で読んだ記憶があります。

0

2007/12/17

殺傷能力が高い散弾銃を簡単に持てる許可試験は考え直すべきでは・・・  村のあちこち村おこし

 長崎県の佐世保で、散弾銃による殺人事件が起きました。

 犯人は猟銃の所持許可を受けていたけれども、住民からうろうろして不安だからと通報が警察に寄せられておりながら、何らの手も打てなかったというシステムのあり方を、よくよく検討しなければなるまいと思います。

 テレビのワイドショー(昼)を見ると、現在の日本で猟銃をもつ許可は簡単な高校程度の試験に合格して、実技試験を練習した後に受けたらいいというものでした。

 世の中にはいろいろと人に対する恨みを持ったり、殺意を抱くような人も現実にいるわけですから、そんな簡単に猟銃を持てるようだと、アメリカと同じくこれからも事件は続くに違いないと思います。

 今回の殺人事件はそのことの恐ろしさを教えてくれました。2人の犠牲者と大勢の負傷者という痛みを伴って教訓が得られたのですから、無駄にしてはならないと思います。

 それと殺傷力が強い散弾銃というのは禁止してはどうでしょうか。

 ともかく、猟銃だけでなく、暴力団が所持しているピストルも多く出回っているらしいし、資金源とルートという根っこの方を抑えないといけないと思います。その点、私がテーマにしているパチンコ規制もあらためて大事だと思います。倫理綱領を持っている新聞・テレビがパチンコ広告を恥ずかしげも無く自粛をしていない状況から抜け出せばずいぶんまた、違ってくると思うのですが。

1
タグ: 銃規制 射撃 狩猟



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ