한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/2/1

安上がりな封筒の提案  

先日、益城町の黒潮市場に立ち寄った時に、ハガキより少し大きいぐらいの封筒を買ったことは先に書きました。

 これは活用のやり方次第で、ハガキ道の発展形になりはしないかと閃きました。

 18枚で百円ですから、一枚が六円弱にあたります。何も書いてないハガキ大の台紙でも一枚が八円ぐらいのはありますから、高くはないなとは思いました。

 でも、ノリヅケしないで折り畳んで中心にシールをペタンと貼って出す形式にこの封筒を改良すれば、もっと経済性アッブを図ることができるのではないかと思いました。

 すなわち、封筒自体の裏側に便箋の役割も兼ねさせるのです。ちょうどエアメールのように紙の節約になります。

 また、ノリヅケという行程が、シールを消費者に自分で貼ってもらうことでひとつ省略されますから、もっと安上がりな封筒になりはしないでしょうか。

 そのシールの形がハートマークだったりすれば、貼る行為自体を楽しめるではありませんか。もっとも、ラブレターだと勘違いされる危険もありますから、ハガキ道だと断らなければなりません。ご用心、ご用心。それは冗談として、ブログやホームページを紹介したQRコードをスタンプシールにして差し上げるという景品なんてのもあっていいのではないかと思うし、街角で顔写真を一緒に撮影して喜んでいるようなコーナーで、スタンプシールが制作できるようになっていたら、女子高生がよく利用することになりはしないでしょうか。

0

2008/2/1

ケータイで英語学習を兼ねてアルファベット入力訓練  

 私は、まぐまぐから英語学習のためのメルマガを購読しています(無料)。送っていただいている英文は、転送機能を用いて自分あてのメールにした上で、英語の勉強を兼ねて、ケータイのアルファベット入力の訓練を始めました。

 アルファベット入力に十分に慣れて考えたり迷ったりしないで打てるようになることは、将来、韓国とのメールのやりとりをするにも、ハングル入力ができない日本のケータイからであっても可能になるということです。

 いやいや中国ともpinyinでメール交換ができるようになるかも〜

 もともと中国国内のケータイはpinyin入力だったのではなかったでしょうか。

 このように、アルファベット入力に慣れることによって大きな可能性が開けてくると思いますねえ。

0

2008/2/1

ケータイ入力コンクール。あるいは段級位認定試験を設けてはどうでしょう。  

 【ということ】は、【っかな】=【425】と四打数ですますのが私のやり方です。

ケータイ入力スピードは、ケータイ・メーカーに単語登録可能数を現状の百から千ぐらいに増やしてもらえれば、文法に沿ったケータイ入力速打法を用いてかなり速く入力できるようになります。いわば仕事に使える水準になると私は思います。

 【ケータイ小説】というものが出現したという話題がありましたが、このことは、パソコンではなくてケータイを使っていつでもどこでも身軽に仕事をしたいという潜在的な層があることを示しているのではないでしょうか。

 私などは、ブログに投稿している時刻をみて、自宅でパソコンにばかり向かっていると感じるかもしれません。しかし必ずしもそうではなく、実は外出先から、極端に言えば県外にいてさえブログ更新はケータイからできているのです。あるいは寝床の中でカチカチ打って投稿していることもあるかもしれません。

 出先からでも文章を本社のパソコンにケータイから放り込むことが簡単なら、そうしようかなと魅力を感じる人もあるのではないでしょうか。

 私は、とりあえず百個の単語登録を駆使して、ケータイ入力がこんなに速くなるということを、【赤旗主張】などを日々入力してブログにアッブし、入力練習ならびにデモンストレーションをしてみたいと思います。党員であり議員でもある私も、赤旗主張は熟読しなければ、日々の情勢に追い付いてはいけませんから、自分自身の勉強にもなります。

 パソコン入力速打法は、おいおい公開していきたいと思いますが、その前にケータイ入力のスピードをあげる私の方法を皆さんに惜しみなく少しずつですが、紹介していきたいと思います。

 ところでケータイ入力のスピードと正確性とを競うコンクールを、携帯電話関連各社が連携して、催してはどうでしょう。ある程度まとまった分量の文章を入力して、それ専用のブログまたは掲示板に投稿して正確性とスピードを競うという大会です。囲碁将棋の新人王戦を主催しているように、しんぶん赤旗が主催するのも面白いと思うのですが・・・

 ケータイ入力速度の段級位・・・日本人は何ごとも段級位が好きです。一段ずつ階段をあがりたいというのは、自己啓発にいつも取り組んでいる日本人には刺激的な目標になります。就職試験において、ケータイ入力五段なんて履歴書に書けたら、有利になるなんてね。そんなのがあったらいいですね。
0

2008/2/1

安上がりのハガキ道に向けた研究  

 ハガキ道は、1ヶ月300枚出せば1万5千円の切手代がかかるということで、いかにしたら安上がりでできるかということを考えてみました。

 益城町の黒潮市場に寄ったら、そこに、ハガキよりも少し大きいだけ封筒が100円で18枚の束になって売られていましたので、早速購入しました。

 封筒ひとつが約五円ということになります。

 この中に西洋紙か便箋に書いた手紙を入れて、村内のいろんな人の家の玄関に自分に届けたら、経費は安くつきます。また、白い封筒は外見がハガキに似ていますので、外側にもハガキに見立てて文章を書くこともできますから、スペース的に節約になるともいえます。

 また、遠くの人にハガキを郵送するにしても、あて先を職場なり施設である場合には、白い封筒に何枚も入れてまとめて切手を封筒に貼って出せば、個々に別々のハガキを出すよりも割安になりはしないでしょうか。その点は、実際に郵便局に行って確認してみたいと思います。

 たとえば、菊陽病院の誰それに出す場合だとか、役場職員の誰それ、あるいは日本共産党の事務所の誰それに出す場合、あるいは、かつての職場の同僚たちなどが想定されます。

 いろんな節約術を駆使したにしても、受け取る人にとってはたったひとつしかない掛けがえのないハガキだということになります。

0

2008/2/1

ASOナビの改善点 地図にクリックアイコンを設けては  村のあちこち村おこし

 阿蘇ナビの改善点について、提案をしていきたいと思います。

 まず、今年から始まる『ASOまるごと検定』への挑戦者数が多くなるような目的意識をもって設計をしてはどうかということです。



 そしてもうひとつは、ASOナビに挑戦した人の検定合格者が多くなるような、過去問、といってもまだ初回ですが、予想問題集を阿蘇ナビのあちこちに設けておくことです。

 2点目は、地図をもとに

 地図の中の現在地はどこなのか。これからの携帯はおそらくはカーナビのような現在地を知りながらという機能が標準装備になるのかもしれません。それはわかりませんが・・・

 そうした場合、現在地の最寄にはどのような観光スポットや歴史探索スポットがあるのかという情報を知りたいのではないでしょうか。クリックアイコンを設定して、迷いながら広大な阿蘇のあちこちを行ったりきたりする人々のナビとして文字どおり役にたつ方向性を模索することです。

 3点目は、『阿蘇さるく』の携帯版をめざすという観点です。

 『阿蘇さるく』にもいろいろなコースが考えられることでしょう。それを辿るのはボランティア案内人がついて説明してもらうのが一番適当ではありましょうが、それにしても後々、どのような説明だったのかを確認できるのも便利なものではないでしょうか。ただ、文化財など貴重なものについては、携帯での説明をあまり緻密なものにすれば、維持管理が難しくなる怖れもありますから、それは考えながらではありますが・・・

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ