한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/2/8

カープ―リングにヒッチハイクまでも  村のあちこち村おこし

 熊日暮らし欄に連載されているドイツ・フライブルク在住の今泉みね子さんの環境レポートは、大変示唆に富んでいます。

 詳しい解説をお願いするハガキを送ったら熊日からカープーリングやブルクドルフでのヒッチハイク支援事業まで、詳しいご返事をいただき、ありがたいことです。

 まったくドイツ国民のアイデアいっぱいの取り組みには感心されられます。

 何しろ、ヒッチハイクまで制度化を検討している町があるというぐらいです。このようなアイデアが誕生して議論され実行に移されるまでの過程そのものにも興味が湧いてきました。

 日本でだったら、そんなアイデアをもし述べる人があったとしても、かえって奇人変人として馬鹿にされる心配さえあります。奇抜さを奇抜であるが故に好まないというような精神性でしょうか。また、なかなか議論したり世論形成の場もないという気もします。

 ドイツには、イギリスのパブみたいな、あるいは古代ギリシャの広場(アゴラ)みたいな、議論し世論を形成するための仕掛けがあるのでしょうか。(ビアガーデン?)

 たんに国民性に帰するなら日本人には無理だという結論になってしまうかもしれませんから、その点今後のレポートに期待したいと思います。

 日本人にはブログや掲示板などのインターネット利用、それからハガキ道に絵手紙という遅効性の手段が伸びていますし、公民館活動は外国にはあまり聞かない優れた点かもしれません。

 通勤や通学など、自動車に相乗りをする相手について、どのように組み合わせを作るかということは、いわば縁談みたいにあまり難しく考えないで、結局は自己責任に任せるということなんですね。

 私は、バス便がまばらな西原村において、うまく乗り合いのカップリングが検討できないかなと考えています。

 そもそも中山間地にはバスが来ないので、お年よりが病院に通うにも高いタクシーに頼らないといけない状態です。

 また、空港に近い高遊の西の方は、山西小学校まで通学距離が3キロを超えており、子どもには時間がかかりすぎるということも、交通量増大による事故の心配もあり、切実になってきました。

 これも、乗り合いの組み合わせができれば、解決できるかもしれません。

 …………………

 日本人の得意分野・インターネット利用で世論形成の場にするためには、ケータイ速打法のいっそうの普及を急がねばなりません。

【される】=【され、】=【35】
【されます。】=【356】
【されない】=【358】
【させる】=【させ、】=【36】
【させない】=【368】
 これも早稲田速記を参考にしています。受身形と使役形です。また否定形に【8】を使っているのもやはり早稲田速記を学んだ人には『あれだなははん』と思われることでしょう。

 これはケータイメーカーに希望したいことですが、*♯マークも単語登録可能にしてほしいのです。そうなれば、
【できれば】=【45♯】【思えば】=【7♯】
【あれば】=【6♯】
【考えれば】=【1♯】
【されれば】=【35♯】【させれば】=【36♯】などと速打法の幅がいっそう広がります。

0

2008/2/8

阿蘇まるごと検定は受けましたが、熊本観光文化検定はまだ受けてません。  村のあちこち村おこし

 くまもと温泉検定なんていうのが、あるなんて初めて知りました。

 熊本検定で検索していて、この温泉検定について書かれているサイトを発見しました。

 去年熊本観光文化検定を受けようとテキストは一昨年から買っていたのに、とうとう受付締め切りが分からなくて受けることができないままでした。

 もう3級と2級試験まで実施されたんですね。それは相当難しかったのではないでしょうか。私は、ご当地検定は、前々から受けてみたいと思っていたのに、阿蘇ご当地検定を受けたのが初体験でした。

 温泉検定というのは、問題をダウンロードして送付したら受験ということになるのでしょうか?

 私は、これからますます韓国人の観光客が増えてくることを考えて、ご当地検定も韓国語で実施することを提案したいと思います。韓国人との買物程度の会話も合わせて試験問題に加えると、韓国語を学習しようという意欲もかきたてることができると思います。

 私は、ラジオで韓国語を長いことだらだらと学習しているのですが、店先で売り買いする会話ぐらいは、そう高度ではなくて、初級も初級ですから、語学の三日坊主の人も大抵はこの辺までは続くようです。

 問題もハングルで書くことにするとしても、大体ハングルを読めるぐらいというのもそう高度なものではなく、初級です。設問はやはり五択として正解と思う番号にマルをつけるだけですから、可能ではないかと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ