한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/6/4

夏は非常に熱いミニハウスの屋根…ゴーヤを植木鉢に…文化創造だ  村のあちこち村おこし

 ゴーヤも庭の植木鉢にとりあえず植えました。袋には『太レイシ』と書いてありますからゴーヤとは沖縄の苦瓜であると同時にレイシの一種でもあるらしいことが分かります。

 芽が出た後でネットなり竹の支柱なりを考えても遅くはないのでは…結局、夏に猛烈に熱くなるミニハウスの屋根の方へ誘引していきさえすればいいのですから。

 【緑のカーテン】を壁面から屋根に掛けるのは、従来の感覚では朽ちかけた『廃屋』のイメージでした。

 私の父が元気ならあっという間に延びかけた弦は取り払われてしまわれることでしょう。緑が建物を覆う光景は、大正生まれの美的センスからは遠くかけはなれていました。

 しかし、クーラーによる電力消費を抑えるために苦闘する昭和生まれには、【緑のカーテン】が覆う建物の景観を『美しい』と感じる必要があるかと思います。また美しいと感じるように【緑のカーテン】を整える工夫も必要です。

 例えば、熊本市内の電車通りの交通局だったか、ビルの壁面にまるで広告を掛けるみたいに整然と緑をまとう工夫がしてあるのを見掛けました…。

 西原村全体でも国なみに、具体的な数値目標をもってやっきとなって二酸化炭素排出削減に取り組まなければならない時代が、目の前に来ていますから、新しい行動様式を『美しい』とか『ナウい』と感じる文化を築いていかなくてはなりません。

 『緑のカーテン』を各家庭でやったらいいということは、誰でも分かりきっています。しかしやろうとしていないのは、『文化』になっていないからです。

 これも誰かが手本を示して呼び掛けをしたり、苗とネットをセットにして準備したりという、文化創造のためのキャンペーンが必要なのではないでしょうか。

0

2008/6/4

ニアレトロ物語 しずく&春男 しんぶん赤旗日曜版のこんな記事!  日本共産党

 「しんぶん赤旗日曜版には こんな記事が載っているんです」  と、紹介するメルマガがあります。

 このメルマガを読めば あなたもきっと日曜版と赤旗日刊紙が読みたくなる!? 

………………………

 という訳で、今回は「ニアレトロ しずく」という漫画の解説がありました。

 それがとてもすばらしいのです。

 私が、このブログに転載してもいいでしょうか?と、尋ねたのですが、まだ返事がありませんから、転載ではなく引用紹介だけしておきます。

 ニアレトロとは、昭和30年代の頃のことをいうのではないかと思いあたりました。当時は子どもたちは川で泳いで遊んだり、どろんこになって日が暮れるまで遊んでいました。また紙芝居のおじさんが自転車に乗って拍子木を打ちながらやってくるのを楽しみにしていました。ちょうど団塊の世代の子ども時代ですし、私もその末尾の年代に当たります。当時はこれが当たり前とされていたことが、今振り返ってみると、「子どもの天国」だったことに、今になって気づかされるのです。子どもの世界が歪んできたと思える現代に、たんなるノスタルジーではなくて何か貴重なヒントを与えてくれるのではないかと期待したいと思います。

 「しずく」は、東北の子どもたちの人間模様を描いているようです。今回はきいちのぬりえに夢中になる場面です。

『大判シリーズ きいちのぬりえ 春・夏編 (大判シリーズ)』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409681878X/minshushugish-22/

『THEきいちのぬりえBOOK』 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4096810223/minshushugish-22/

『わたしのきいち―ぬりえ作家、蔦谷喜一の世界』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4096810215/minshushugish-22/

 まぐまぐにありますが、私は日曜版だけでなく、日刊紙の内容紹介メルマガにも登録をしようと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ