한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/6/13

秋葉原の事件について、小中高と偉人伝を読んでいれば防げたかも  環境・教育

 秋葉原の無差別殺人について、どのようにすれば、防げたのかという議論が盛んに行われています。
 言われているように、掲示板への書き込みに犯罪の予告があった場合に、いち早く察知したりしかるべき機関に素早く通報したりできる体制を構築したり、説得したりなだめたり聞役に徹したりできれば、かなり予防ができるのではないかと思います。

 これは自殺を防ぐことも含めて機能できる活動であって、ボランティアに頼るばかりでなく、社会の安寧を保つことは国家の責務だという意味で、一定の予算も立てて臨まなければなりません。

 こんな時に徹底討論をやって、再発が防げる体制が構築されるところまで迫っていくことは大事なことだと思います。

 そこで私は私なりの提案をもって、議論の渦に参加していきたいと思います。

 それは、小・中・高校と学校教育の中で偉人伝に親しむことができるように、学校図書室の充実を図ることも大事だと思います。

 学校図書の充実のために上乗せされた地方交付税を、ほかの目的に使ってしまうのは、論外です。

 偉人伝を読めば、二十代というのはまだまだどん底時代で、底辺から抜け出たいと願い、大志を抱きながら苦闘している頃です。晩年にやっと芽が出た伊能忠敬なんかどうしますか。20代ぐらいで負け組といって卑下していますが、だったら勝ち組の20代とはどんな人たちですか、親の七光りでいい教育いい財産が利用できるなどによる度合いというのが大きいのではありませんか。

 親の七光りがない人は、若い頃は将来の飛躍を目指しながら苦学している人々ばかりです。

 『少年老い易く、学なりがたし、一寸の光陰軽んずべからず』

という言葉はしっかり噛み締めて味わいたいことです。

 私は、働きながら、韓国語でも中国語やベトナム語でも、暗唱法によって学ぶことはできるのではないかと思います。

 新しい展望を開くのは苦学ではないかと思います。何のために人間となってこの世の中に生まれてきたのか、人を殺すためなのか?それとも人を愛するとはどんなことなのかを知るためなのか?

 愛されていなかったなどと言っているようですが、与える愛があってこそ受ける愛があるのです。愛してくれないくれないと嘆くのは『くれない族』です。人を愛することによって愛されるという感覚を身につけることです。そのためには、大地震が起こって困りきっている被災者を助けるために駆けつけたら、しなければならないことがたくさんあろうし、やったらやっただけ感謝されることでしょう。

0

2008/6/13

西原村議会はHPで…熊本県議会も新聞で一般質問情報の事前広報  村議会

 先日の熊日新聞を開いて『オオッ』と驚きました。

 『熊本県議会広報』が新聞に出ているではありませんか?!議会事務局名で、『北から』のページの広告スペースです。こんな形の『議会広報』もあるんですね。

 今回の定例議会で、どの議員がどんな内容で何日の何時から一般質問をするのか、しっかり知らせてくれているのです。また、最近行われた定例議会で誰がどんな内容で質問をしたのかも掲載しています。

 欲を言えば、これから行われる質問の通告内容も掲示してはどうかと思います。インターネットの県議会広報でも日程までは掲示がありません。しかしともかく、インターネットライブ中継もしているという案内もありまして、これだけ丁寧に案内を受けたら、県民としても傍聴に気軽に足を運んでみようかなとか、インターネットを開いて見ようかなと有権者に思わせることができるのではないかと感じました。

 つまり県議会からの案内を受けて、県議会や県議との垣根がだいぶ低くなった印象です。

 西原村議会は、一般質問の通告内容をホームページで事前公開することを3月議会から始めていますが、広報手段として、各嘱託区の公民館などの掲示板や回覧板などの手段を採用することが考えられます。

 北海道の栗山町議会はそれをやっていました。

 西原村議会も栗山町議会ほどではないまでも議会広報の『ゆうすい』の編集充実ぶりで熊本県内の町村議長会から最優秀賞を受けるぐらいになってきているし、私も西原民報で独自に情報公開に努めてきた訳で、栗山町に対して甚だしく劣るレベルだという訳でもありません。

 ぜひ、掲示板・回覧板での通知も始めて、全国から進んだ議会として、研修に訪れるような議会にしていこうではありませんか…

 掲示板・回覧板方式は、印刷の予算も若干とりますし、手分けして貼って回ったり区長さんたちに回覧板を頼んで回るのは誰かなど分担を決めたり、区長さんたちへの事前のお願いなどの準備も必要になりますから、議長や議会運営委員長に申し入れて、全員協議会での協議を経る必要があります。

…………………

 なお、今回の一般質問は、私が知るかぎり過去最高ではないかと思うのですが、7人が登壇予定となっています。議員定数12人中の7人は過半数です。栗山町議会を研修したので、その熱気が伝染したのかもしれません。

 一般質問の7人とは、桂悦朗・今村和己・渡邉公男・田島敬一・西村成美・山田政晴・宮田勝則の各議員です。

 私のブログからは、四年間の一般質問の各議員ごとの一覧を、エクセルで見ることができるようになっています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ