한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/31

還付金詐欺が流行っているらしい  日本共産党

 8月3日付けの赤旗日曜版には、急増する【還付金詐欺】の手口を詳しく紹介しています。

 一時期【オレオレ詐欺】だとか【振り込め詐欺】という言葉が流行りましたが、手口がより巧妙になり、振り込めという要求ではなく還付金が戻ってきますと言って足を運ばせることから始まります。

 ケータイで機械をいちいち操作させるうちに暗証番号などを知り、預金口座から引き出してしまうというのです。

 西原村にも郵便局にもコンビニにもATMがあります。ケータイをATMに持っていき、誰かと話しながら操作している人を見つけたら、ご用心!ご用心!と教えてあげましょう。

 そしていったん払い込んだ後にだまされたことに気づいた場合には、まだ相手口座を封鎖するように金融機関にお願いするという手が残されていることを教えてほしいのです。時間との勝負になります。

0

2008/7/31

城北高校の末次敬典監督が…遠くにて 水の輝く 晩夏かな 高柳重信(じゅうしん)  俳句鑑賞

 今度の赤旗日曜版には、熊本から甲子園に出場が決まった城北高校の末次敬典監督のことが大きく紹介されています。

 解雇反対闘争を行い裁判に勝利し、和解し、四年ぶりに監督に復帰した経過ばかりか、小学校の頃のいじめられっ子だった話や、高校の時の恩師からユニホームをプレゼントしてもらった話など涙なしには読めない部分もあります。

 末次監督がんばれのはがきを早速書いて出しました。

 熊本で末次監督と言えば済済黌選抜優勝の時の選手と間違う人が多いので、福岡県八女市役所で働きながら当初野球の指導に通っていたことなど丁寧に生い立ちから書いてあるという気もします。

…………………

遠くにて
 水の輝く
  晩夏かな

 高柳重信(じゅうしん)

 これが今日の俳句ですが、晩夏とはまだとうてい言えないと思いますから恐らくは旧暦の7月31日なんでしょう。

 大嶺山の展望台や、一の峯あたりから遥かに西を望むと有明海の水がうっすらと輝いて浮かぶはずですが、今の季節は空気に湿り気が多いせいかなかなか遠くが見えません。

 熊本市内の空気が澄まないとなかなか見通すことができないのです。

 遠くにて水が見えることに空気清涼な晩夏の季節感を感じるということは、毎日毎日遠くを見張るかすところに作者は住んでいるのではないかという推理ができます。

 まるで俳句鑑賞とは、少ない証拠からどれだけの推理をするかという探偵小説に似ているようです。

4

2008/7/31

雷光。感動をどう表現するのか、俳句を注意深く読むようになりました。  村のあちこち村おこし

 何かの瞬間にオオッとなることがあります。これを切り取って俳句としてどんなふうに端的な表現ができるだろうか?

 なかなかすぐには俳句はできませんが、少し俳句鑑賞をやってみただけでそんなふうな意識になってきたのですから…

 最近は【NHK俳句】で紹介される有名な俳人たちの作品も、新聞に掲載されてくる投稿句さえも注意深く読むようになりました。一句一句味わいますから時間はかかります。流し読みの速読はお預けして、手で書き取るような遅読法が一番俳句にはふさわしい読み方かもしれません。

 昨夜、菊陽病院夏祭りに顔を出したついでに『ひかりの森』に行って、『NHK俳句』と『ラジオ深夜便』の8月号を買いました。

 夕立がすごく、雷<#THUNDER>に撃たれないかとヒヤヒヤしながらバイクを走らせました。

 前方に黒い雲・灰色の雲。そこから斜めに刷毛で描いたシャワーみたいな線が見えて、あれは豪雨が降っているしるしかなと見ていたら、ビカッと雷の真っ直ぐなのが落ち、信号待ちで後ろを振り返ると西原方面ですが、今度は稲光とよく言ったもので、稲穂を逆さまにしたような、絵本でよく見るような枝分かれした雷光が瞬間的に目に焼き付きました。

 少しして『西原夢運太鼓』を叩くようなドロドロドレドレという雷鳴が届きました。

 西の方に雲が薄く明るいところがありますから、もうすぐ雨はやむだろうと楽観して出てきたのですが、司馬遼太郎の本で読んだ、日本軍の砲撃を受けている時の旅順市街地の人々の不安な気持ちが浮かんできました。

 前後左右に砲撃を受けて進むナポレオンの歩兵隊の行進みたいです。戦争と太鼓は昔から相性がよく、空一杯を使って戦争があっているような、ベートーベンのコンサートがあっているような…

 雷の直撃を受けるかどうか、大砲の弾に当たるかどうか、広い面の中の一点に過ぎない…確率・確率と唱えながらバイクをまた走らせました。

0

2008/7/30

『九州じゃらん』に西原村のパラグライダーが紹介されています。  村のあちこち村おこし

 『九州じゃらん』8月号に、西原村のパラグライダーが大きく2ページにわたって紹介されています。

 これは、夏休みの体験型のレジャー紹介企画の数ページの中のトップに位置づけられていますから、西原村の宣伝効果は抜群です。

 パラグライダーを体験した後は、人吉に行って球磨川のラフティングを楽しむという流れが一般的になっているそうです。

 遠く関東・関西から飛行機に乗ってやってくる人が多くなっていると、『火の鳥パラグライダースクール』の山本英王さんは語っていました。

 来た客は、温泉に入り山田牧場のソフトクリームを買って食べ、近所の飲食店で食べたり…ただ宿泊施設がないためよそに流れて西原村にお金を落ちないのが残念だと嘆いておられました。

 目の前のゴルフ場は温泉つきで泊まることができるんではないですかと話しました。

 私は一度横井小楠にちなんだ集いを企画した時に、横浜から駆け付けて下さった方に、宿泊を紹介したことがありました。

 桑鶴地区の様々な自然や施設が連帯し一体となって、西原村の経済が回っていくための【外貨】を獲得していけたらいいなあと思います。

 8日には韓国から農業視察団がきますが、観光推進協議会作成のマップを韓国語バージョンにして人数分を差し上げるかなができたらいいんだけどなあと思います。

0

2008/7/30

出の口のヒマワリの花はみな東を向いている  村のあちこち村おこし

 大峯山の麓に広がるヒマワリ畑がいっせいに咲き始めました。

 不思議に思うのは朝見ても夕方見てもほとんどの花が東を向いていることです。

 なかにへそを曲げたように南を向いたりしているのもありますが…

 太陽の向きにはお構いなしです。よそのヒマワリ畑はどうなんでしょう?教えてください。

 出の口の集落にも、その他の村内集落にも「東」という姓の家が多く点在していますから、それでヒマワリも東を向くのでしょうか?

 昔、鎌倉時代あたりに東の方から守護・地頭の武士団がやってきたのか、それとも佐々・加藤・細川の戦国大名が引き連れて入国したのが起源なのか?

 ふるさとを思慕するかに南太平洋のモアイみたいに並んで立っているヒマワリに、歴史ロマンを感じてしまいます。

 それとも阿蘇神話のタケイワタツノミコトを慕ってのことか?はたまた姿が似ている西原村の風車を仲間だと思って見ているのでしょうか?

 近くを飛ぶパラグライダーはタンポポの綿毛です。詩情を感じさせられますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 追伸・新聞をみたらそもそもヒマワリというものは、蕾の時こそ太陽の方にまわるものの、開花後は東の方を見るものだと書いてありました。すると、ヒマワリが咲いているのをいんたら東の方角がどちらかをたとえ曇っていても雨が降っていても知ることができるということになりますね。

 夜の北極星や北斗七星やカシオペアなどは北の方角を教えてくれますが、ヒマワリは昼間道に迷った時に方角を教えてくれる便利な植物なんだということですね。

0

2008/7/30

元の佐賀市議会議員の牧昭道さんが亡くなっていたとは・・・ご冥福を祈ります  日本共産党

 全国日本共産党議員のブログ集をひさしぶりに見てみたら、現在の佐賀市議の山下明子さんのブログに、以前私が佐賀市にいた頃に市会議員をされていた牧昭道さんの葬式の様子が書かれているのを発見しました。

 なつかしいお名前で、お坊さんの風貌でありながら日本共産党の議員という、全国でもあまり聞かない立場で活動をされていた姿が目に浮かびました。

 弱者を支援する活動がとくに印象的で、生活保護を受けたい人が次々に相談に来られていたようです。

 田越しの風・・・何という涼しそうな言葉でしょう。

 ご冥福をお祈りします。合掌

1

2008/7/30

今夢中になっているものがあるかどうか・・・ブログ人のアンケート投票  

 はがき道ですね。せっせとはがきを手書きで一枚一枚書いて友人・知人に届けることです。

 書いているうちに、脳が活性化するし文章を書く能力が少しずつ向上していくような気がしています。

 インターネットには、もうかれこれ20年にもなろうかという歴史があり、パソコン通信の時代にアクセス数トップを記録したこともあるぐらいブラインドタッチで大量に書き込んでいました。

 そんな私が3年前に広島県にお住まいの坂田道信さんがNHK『こころの時代』に登場されてハガキ道を実践することによって次々にアイデアが湧いてくるという話をされているのを、偶然耳にしたことからはがき書きを始めたようなわけなんです。

 それ以来、ブログとはがきとの両刀使いとなりました。

 たしかにブログにはブログのいいところ、はがきにははがきのいいいところがあります。いろいろなアイデアはブログを書いているうちにもいろんな人との交流をしながら触発されて出てくることはありますが、ハガキにもそんな効用はあります。

 私の印象では、キーボードを叩く時とボールペンで文字を手書きする時の脳の部位が違うんではないかと感じています。

 手書きする時の方が、脳をたくさん使っているような感じはありますから、アイデアが湧き出す感じは大きいようです。

 私は、例えば大分県の教職員人事に関連した汚職事件に関して、熊本県では議員が口利きを頼んだ人に対して、試験結果の発表前に合否の連絡をするということが、当然のように行われていたことに対してハガキでせっせとコメントを書いていく中で、だんだん考えが明確になりつつあります。

 つまり熊本市が5年前に踏み切ったような『口利きの文書化』を、確かに導入したとしても万能ではなく隙間が大きい網ですくうような感はいなめませんが、今こそほかの自治体でも取り入れてはどうかということです。

 これはほんの一例です。ブログだと一回書いたら終わりという感じですが、はがきだと一枚一枚をひとりひとりに書いていきますから、同じ論点を何回も何回も反復していきます。ところが人間は同じことを書こうとしても飽いてしまって実際には書けません。そこでいろんな角度から書いてみたりしてという文章のゆらぎが生まれます。論理の展開がしっかりしていないなと感じる時はいろいろと調べて補強をしたりしたくなります。

 みなさんもやってみてはどうでしょう。忘れていた漢字を思い出したり頭の体操になること請け合いです。

0

2008/7/29

懐かしい蝉の穴  村のあちこち村おこし

 蝉の穴
  あまたのひとつ
   鮮(あたら)しき

 正木ゆう子

 NHK俳句にありました。この句からは、セミ時雨が聴こえて来そうです。

 花園の本妙寺参道にある並木を思い出します。熊ゼミの大合唱です。

 足元を見ると穴が…鮮明な穴を言うことによって不鮮明な穴があることを暗示しています。雨が降るごとにセミが次々に出て来ることも見えてきます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ