한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/15

6月議会質問(3)乗合タクシー・バスとスクールバス。総合的公共交通網の構築を!  村議会

【田島敬一】乗り合いタクシー・バスとスクールバス。総合的な公共交通網の構築を!

【村長】民生委員と一人暮らしのお年寄りを訪問したが、中山間地や一人暮らしのお年寄りの方々には必要かなという思いをしている。

 旧蘇陽町が福祉バスと通学バスを共有している。スクールバスについては教育委員会の考えも尊重しながら、観光にも福祉にも教育にも連動した総合的な交通網の体系を作り上げる必要がある。

【曽我教育長】長いところは4キロ半ぐらいあり、スクールバスは当然必要かと思いますが、通学の一時間ほどは貴重な体験なのでそれを奪う必要はないだろうというのも一つの考え方だ。

 ラブホテル前でコートを脱いだら下は真っ裸だったという男の例もある。防犯上と言われるときついところもあるが、歩く途中のお年寄り・地域の方々との交流もある。学校安全ボランティアを募集したところでもある。一概に言えない部分もあるが、地域の教育力が発揮されるのは登下校だと思っているところだ。

0

2008/7/15

学校図書室の充実を!6月議会一般質問(2)  村議会

6月議会一般質問(その2)

【田島敬一】今後、中学校の図書室の一般開放をして、村民も利用できる中心的図書活動センターになってくると、無人ではうまくいかないと思う。専門の司書を採用して、人間的な魅力のある図書室にしてはどうかと思うがどうか。

【教育長】中学校図書室は外部から入られる玄関も作って、センターにするつもりで作られている。県の社会教育課から図書関係の方にも見てもらったところだ。当然司書の免許を持たなくても司書の配置も考えなければならない。財政も伴うのでその折は相談したい。

0

2008/7/15

夏祭りの季節・明日の『今日の俳句』は祭笛  村のあちこち村おこし

祭笛
 吹くとき男
  佳(よ)かりける
    橋本多佳子

 これは、NHKラジオ深夜便にある『今日の俳句』の中の、7月16日の分ですが、かなり情熱的な雰囲気をかもしています。ピーヒャララ、ピーヒャララ…

 私は最近、笛に縁がありました。

 徳島県上勝町のヤマビコ認定士試験におけるホラ貝吹きへの挑戦から、その縁は始まりました。

 ワサモンである私は、指笛に草笛に、さらにはフクロウの『ホーッ・ホーッ』ッと鳴き声の手笛まで、練習をして吹けるようになっていますので、ホラ貝もぜひ吹けるようになりたいものだと思いました。

 『絵本の読み聞かせ』や、『紙芝居』のボランティアもやっていますから、童心に返ることが必要でもあります。

 でも『ホラ貝』は滅多に買えないし数万円もする高いものだということが分かって、途方にくれていたところでした。

 すると、ヤマビコ認定士の藤本紀子さんから、上勝町ではラップの芯でみな練習をしていたと助け舟を出していただき、結局FAXの芯を鳴らすことに成功したという訳です。

 ホラ貝の吹きかたは、ブラスバンドのチューバなどトランペット系の吹きかたと同じだったとは、この歳になって初めて知ったことでした。

 この俳句の中の『祭笛』とは、横笛の印象があります。でもホラ貝をブオーッブオーッと響かせてから太鼓の『ドン!』に入っていく形で祭りの始まりを告げたら、様になるかもしれません。

 私は、甲斐利雄さんから、直伝で発砲スチロール人形の作り方を学ばせていただくつもりですが、ホラ貝の響きとともに紙芝居の演出として使えば、かなり子どもたちにも喜んでもらえるんではないかと思います。

 いやあ楽しくなりました。\(^_^)(^_^)/

0

2008/7/15

住民参加型の村政運営を 6月議会一般質問(1)  村議会

 田島敬一の6月議会一般質問(その1)

 住民参加型の村政運営を!

【田島】行政・住民・議会が情報公開をしっかりやって問題意識を共有することが大事ではないと思うがどうか?

 中標津(なかしべつ)町では議会を館内放送しているが、インターネット・イントラネット・掲示板など具体的な手段を考えてはどうか

【村長】潮谷知事からパートナーシップの大切さを教えられ、問題点・課題など共有するため、これまで財政状況が厳しくなることなどお知らせしてきたつもりだ。

【田島】議案が出される前に一般会議を活用して議会との協議をやっているのが栗山町議会。パブリックコメントは潮谷県政で採り入れられたもの。導入してはどうか。

【村長】検討していきたい

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ