한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/8/31

星型・ハート型・卵型の花火を西原村夏祭りで見た…24時間テレビに吹奏楽部も  村のあちこち村おこし

 最近の花火は、21世紀型に進化しており、私が子どもの頃とは雲泥の差があることが分かりました。

 ミルク牧場での夏祭りです。

 何しろ、夜空に円とかハート型とか星型のマークを描くのですから。

 北京オリンピック開会式で、巨大な鳥の足形が鳥の巣スタディアムまで歩いてくるように花火を打ち上げるという仕掛けを、トリックも使って見せてくれました。

 でもまさか西原村夏祭りでも、星型のマークやハート型のマークの花火を見せてくれるとは思いもしませんでした。

 すでにこの発想の花火技術というのは広く普及しているんだということが分かりました。

 また、巨大なヒマワリみたいな橙色の大輪の花もバジャバジャバジャと一面に炸裂させることで表現されており、見事でした。

 百合の花みたいなのは20年ぐらい前から出現していたように記憶していますけど…

 以前は村民グラウンドでやっていた夏祭りですが、ミルク牧場に会場を移してすっかり定着してきました。

 ミルク牧場から見る熊本市街地の百万ドルの夜景は、夏祭りに集まってきた人は感嘆したことでしょう。

 今日の11時からは西原中学校の吹奏楽部がミルク牧場で演奏し、24時間テレビのチャリティ活動に協力するのですが、私も保護者として楽器運びに協力しなければなりません。

 せっかくできたミルク牧場を活用することによって、少しでも河原地区の魅力を広く知っていただくことは、今後の活気をもたらすきっかけになることでしょう。

 近年の下あげ地区における益城への道路の開通は、西原村のチベットみたいだったこの地の利便性を格段によくしました。

 小野地区のすばらしい眺望の地に、少しずつ若い人が家を建てて住み始めているのもその効果かもしれません。

 河原地区に道路を無理して作っても税金の無駄使いだという人もあるかもしれませんが、結果オーライにしていかなければなりません。

 河原地区に、自然環境を破壊しないように、調和した人口増の策を考える時、廃屋バンクのような制度を設けていく必要がありはしないかと思います。

 今は朽ちはてたり朽ちはてつつある廃屋は、建物それ自体を活用することは修理にお金がかかり過ぎてしかたがないことになりますが、長年人が住み続けることができたということは、自然災害から免れる土地だという証明でもあります。

 廃屋がある土地をバンク登録するという構想です。

 県南から南阿蘇への最短ルートに位置する河原地区には可能性が潜在しています。

 このようなユニークな施策を実現するには、やる気のある議員と有能な職員の採用が鍵となります。

0

2008/8/30

選挙があと3日後に迫りました。  村のあちこち村おこし

 今、ミルク牧場で夏祭りに来ています。

 村Pでパトロールをしにきたのですが、カライモダンサーズの踊りについみとれていました。
 これから花火です。

 さて、9月の2日が告示で、7日が投票日です。

 今回は、これまでせっせとはがき道をやってきたことが、プラスに働いたかどうかも試されます。

 私は、どれだけの人の名前と顔と住所が自分の頭の中にインプットできるか、それと得票数とが比例しているのではないかという仮説を確認したいと思います。

 そのためには、人事を尽して最後まで頑張り抜いて勝ち抜かなければならず、落選したでは話になりません。

 この3年間に出したはがきは、通算で3851通となりましたが、村内に出したのは残念ながらそれほど多くはないというのが心残りでなりません。

 でも、たしかに名前と顔と住所を覚える効果は感じておりまして、はがき道はよい方法です。

0

2008/8/28

乗り合いバスには無線配車管制。予約は電話とメールで  村のあちこち村おこし

 デマンド式の乗り合いバス・タクシーというのは、私は携帯ではなく無線で管制することを想定しています。

 なぜなら西原村には携帯がつながらない地域が中山間地にまだ広く残されているからです。

 ですが、携帯電話も補助的に活用することはできます。

 ジャンボタクシーの中にモニター画面を示すことは、もしそれが村内だけの運行であれば地理を熟知している運転手であれば必要はないかもしれませんが、隣接の大津町・菊陽・益城までを広域でカバーするように将来なることを展望すれば、運転手のストレスを少なくする意味でモニター画面が必要になるかもしれません。

 最近の若い人は携帯メールを活用してなじんでいるという話なので、併用するというのはありでしょうか。

 電話予約だと時間的に受付時間は制限されますが、メールだと深夜にでも予約を入れることはできます。

 でもメールが届かないということもありえるということはあらかじめ了解していないといけませんから、翌朝確認の電話を入れて後に契約成立!というふうに事前に念入りにあらゆる可能性を視野に入れて契約関係の内容はしっかり作り上げなければなりませんね。

 空港という利便性があるポイントははずせないにしても、まずは狭い範囲から慎重に…徐々に広げていくのがいいかもしれません。

0

2008/8/23

落雷により被害が…  村のあちこち村おこし

 落雷によりモデムもMEのパソコンも壊れてしまいました。

 下小森のある家にも落雷があったようです。

 早朝四時、日本軍の旅順市街地への砲撃で聞いたような腹に響く雷音が、ドーン・ドーンと鳴っています。

 すると亡くなった人々を鎮魂するかのようにしとしとと陰鬱な雨が降り始めました。

 ねむりても
  旅の花火の胸にひらく

 大野林火

 雷鳴のことを、花火の音と聞けば、戦争の連想は消えてしまい、やすらかな平和の象徴に変化してきます。

 これは遠花火でしょうか。
 『胸にひらく』は、『胸ひらく』または『胸ふくらむ』と、つい勝手に誤読してしまいそうで、そのことが、表面的な意味とは別にこの句の隠し味になっているように思います。

 旅館の布団に休む若い女性の胸が、ふくよかに膨らんでいて、寝息まで聞こえてきそうなイメージです。

 障子の隙間から花火の一瞬の光が浴衣の胸に映り、また暗がりに沈む。そんな密やかな感じがしてきます。

0

2008/8/22

必ず廃止に「後期高齢者医療制度」  村のあちこち村おこし

 診療差別の骨格維持

…………………

 政府・与党は、後期高齢者医療制度の医療内容について、「受けられる医療に違いはありません」などと盛んに宣伝しています。

 しかし、新制度には、75歳以上と74歳以下で、はっきりと区別する診療報酬(医療の値段)の体系が導入されました。それは、外来、入院、在宅、終末期の分野にわたっています。

 このなかで国民の大きな批判が集中したのが、「後期高齢者終末期相談支援料」です。医師が「回復をみこむことが難しい」と判断した場合、医師・患者・家族らが終末期の診療について話し合い、その内容を文書などで記録すれば、一回に限り二千円が医療機関に支払われます。その狙いについて、厚生労働省の担当者は「延命治療」を制限して医療費を抑えるためだ、という趣旨を解説書に記述しています。

 このため、「七十五歳を過ぎたら、治療を打ち切り、早く死ねということか」と大問題になり、政府・与党は、同相談支援料を「凍結」せざるをえない事態に追い込まれました。

 しかし、これはあくまでも、一時的措置。そのほかの診療報酬体系はそのままです。

 外来診療に導入された「後期高齢者診療料」。糖尿病や高血圧などの慢性疾患を抱える高齢者が、一人の「担当医」を選ぶというものです。どんなに検査や画像診断をしても「担当医」に支払われる診療報酬は一ヶ月六千円の定額制(包括制)とされたため、丁寧な検査や診断をすればするほど医療機関側は赤字になるおそれがあります。都府県の医師会も「質の高い医療を提供できない」と次々“ボイコット”を表明しました。しかし、政府・与党は、あくまで制度の目玉として続ける構えです。

 「退院困難」な後期高齢者の退院計画をつくった医療機関への診療報酬を手厚くする「退院調整加算」という仕組みもそのままです。

 後期高齢者医療制度をこのまま続ければ、こうした年齢による差別医療体系を温存・拡大させることになるのです。

0

2008/8/20

考えを、何度もはがき書きで血肉化する  村のあちこち村おこし

 昨日から今期四年間の議員生活の、最後の総まとめとも言える定例議会が始まりました。

 9月2日告示・7日投票の村議選が目の前に迫っているのですが、一昨日の説明会に15名が出席しましたので、3名はみだしの多数激戦になる見通しです。

 落雷でモデムがやられたようで、電話が不通になっていました。電話線をモデムからはずしてとりあえずの復旧をはかりましたが…

 後期高齢者医療制度について、中止・撤回・見直しを求める意見書(案)を、総務福祉委員会の論議によって書き直そうにもできなくなって、やむなく議会事務局に入力をお願いしました。

…………………

 後期高齢者医療制度の中止・撤回・見直しを求める意見書(案)

 この制度は、都道府県ごとに市町村が加入する広域連合が運営し、原則として対象者全員から保険料が徴収され、診療体系も74歳以下の高齢者とは別建て…

……俳句鑑賞……

 鬼灯や
花のさかりの
花三つ

水原秋櫻子

 ふっくらと紙風船みたいな鬼灯のことをはたして花と読んでいいのか、ちょっと疑問が湧いてきます。

 でもホオズキのことを鬼灯と書くと、いかにもオドロオドロしく感じられます。昔は墓地は土葬で、新しく葬られた遺体からリンが抜け出て人魂が現れていたらしいのですが、ホオズキぐらいの大きさと色合いをしているということなのかもしれません。

 ホオズキは小さな女の子が大好きです。恐らくは三人姉妹なんでしょう。『花のさかりの花三つ』と、なんべんも唱えてみると、夜店を見ながら星空の下を浴衣姿で歩くそんな風景を連想させてくれます。

 夏祭りの思い出です。

0

2008/8/13

俳句脳とは?鑑賞も脳を鍛える力があるのではないか  村のあちこち村おこし

 『俳句脳』という本が、発売されたらしい。黛まどかさんからのお知らせをメルマガで受けとりました。

 脳科学者・茂木健一郎さんとの共著で740円。

 「俳句」に秘められた閃きと発想力は何なのか? 芭蕉は最高の「脳トレ」をしていた?! 俳人・黛まどかと脳科学者・茂木健一郎さんが語る俳句の魅力と深さ…

 しかし私は、俳句鑑賞がどれだけ脳を鍛えるかについて書かれているかに関心があります。

 四五人に
  月落かかる
   をどり哉
      蕪村

 こんな、ありありと布田の夏祭りフィナーレの様子がありありと脳裏によみがえるすばらしい俳句を、せっせと一枚一枚はがきに書いて送るうちに、すっかり覚えてしまいます。

 俳句の素晴らしさをひとりでも多くの人に伝える嬉しさがあります。

 秀句はまさに文化財ですね。

0

2008/8/12

『防人の山』『かなかなしぐれ』  俳句鑑賞

 防人の
  山のかなかな
   しぐれかな

(さきもりのやまの かなかなしぐれかな)
 メルマガで送られてきた黛まどかさんの俳句です。

 『防人の山』の一言は、福岡県の基山か水城あたりの相当に古い鬱蒼とした樹木を想像させます。

 私は佐賀民商事務局員など、佐賀市民であった頃に、福岡市までよく高速を飛ばしたものでした。

 ですから、なんとなくこの辺のことかなという地理感とともに後方へと去っていく映像が浮かんでくるのです。

 『かなかなしぐれかな』という言葉は、初めて出会いますが、ぴったりです。

 この俳句には、『かな』という言葉が3つも入っています。それも最初の二つが連続したかと思えば次は間を少し空けて…という配置に【かな】が置かれており、いかにも【かなかな蝉】の声を耳に蘇らせる効果があります。実は、我が家の周りで早朝からしきりに鳴いています。その間欠的な反復を私はどう表現したものかと考えあぐねていたのですが、この句に出会ってこれだと気に入りました。早速はがきに書き添えて涼しさを届けることができそうだと喜んでいます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ