한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/8/3

かの有名な吉野ヶ里の近くの小学校でも平和の歌声響くか・・・西原村でもひびかせたいものです。  隣国との友好と平和

 佐賀県の吉野ヶ里遺跡に一番近い小学校で平和の歌声が響き渡ったとのことですが、なかなか胸が躍るような話です。

 西原村でも秋にはチェルノブイリ原発事故で苦しんでいるウクライナの合唱団がやってきて、美しい歌声を去年に引きつづいて響かせていただけるはずだと思っているところです。

 私は佐賀の歌声サークルで唄っていた以外には、しばらく熊本市内の歌声喫茶で合唱に参加していたことがありますが、西原村に来てからはすばらしい音楽家がたくさんおられますので、その紹介だとか作曲のお願いをしてみたり、裏側の音楽活動に終始している感じです。

 今は娘が中学校三年生で、吹奏楽部の後援会長も大体終わりました。最後に8月30・31日の24時間テレビで西原村のミルク牧場での吹奏楽部の演奏の裏方が残されています。

 とても見晴らしがよいところなので、佐賀平野だとか吉野ヶ里も望遠鏡で見えそうですよ。

 ひさしぶりに山下明子さんの歌声が耳に蘇りました。頑張って下さい。

0
タグ: peace friend no war

2008/8/3

合否の事前連絡…これも人事介入を頼まれていたことを問わずがたりに語っている。  環境・教育

 やあ驚きました。

 熊本県教委は、2007年度の採用試験で、県議や国会議員秘書、県教委の元幹部ら約30人からの要請を受けて、約100人分の合否を発表前日夜から当日の朝にかけて知らせていたというのです。

 公務員に対して余計な仕事をさせて、一体何をしているのか?時間外労働を強いた分だけ税金を無駄使いさせていたことになります。

 これは熊日の記事です。

 今後は一切応じないだけでなく、事前公表の要請があったらそれも口利きに関連した行為とみなして文書化してはどうでしょうか。

 この記事でわかることは、口利きをやらかしそうな者は、地元の議員ばかりでなく、元幹部や国会議員秘書など多岐にわたるということです。

 西原村で議論する際にもこのことは十分留意して臨みたいと思います。

 ブログ一覧をみていたら、長野県でも申し入れが行なわれていたので紹介します。

0

2008/8/3

青年たちのおかれている実態・・・夏休みの補導パトロールに参加して  環境・教育

 昨晩は、PTA会長や防犯委員会メンバーや常任の人・先生方とが一緒になって村内補導パトロールを行いました。

 私も補導パトロールなんて実は初めての経験で、どんなふうにやるのか興味深々で時刻に中学校についてみると、PTAの腕章がどこにしまいこんであるのか校長室をゴソゴソとひと探し。

 それから車に分乗して中学生が暑い夜をたむろしていないかと、コンビニやジョイフル、体育館の裏側などを手分けして見て回りました。

 村営グラウンド裏側にゲートボール場があります。ベンチに、二人の若い男が、夕陽が沈むのを見ながら黄昏まで話し合っていたという格好で並んで腰かけていました。

 最初、アベックではないかと思い、お邪魔ではないかなとおっかなびっくりでありましたが男同士でした。ひとりは煙草をふかしていました。

 会長がパトロールの趣旨を語りかけ、名前は?年齢は?煙草はいかんだろうが…などとと話しかけ、よくよく顔を見ると

『あれ××君じゃなかか!今ごろなんばしよっと?』

 私は彼らから木山川の多々良のあたりにある「向こう渕(ぶち))で高校生が泳ぎに来ていると聞いて、半分嬉しくもあり半分不安にもなりました。中学生は高校生が泳ぎに来ているので、たぶんおっかなくて泳ぎにはいけないでしょうと言っていました。誰か危険がないように管理する人がいた方がよいのではないかとも思います。

 二人とも未成年でした。3人が組になってのパトロールでなければ問いかけもおっかないところです。

 慌てて煙草の火は消してくれましたが…

 高校は中退したということです。

 校長先生も前の会合の時に言われていましたが、西原中学を卒業して高校に入った後、退学する子が結構多いらしい。

 そこにはどちらかと言えばやさしい性格で育った西原の子どもたちが、市内などあちこちの荒れた子どもたちと急に一緒になるなかでショックを受けて学校にいけなくなってというパターンがあるらしいと…。そして救いは中学校の校長先生のところに相談にきてくれることなんだと…転校を勧めて環境を変えてはどうかなどとアドバイスをしたりはしているが…と言われていたことを思い出しました。

 せっかく合格した高校に通い始めたのに中途退学をしてしまうことの原因は、本当に性格的な側面ばかりとみていいのでしょうか?高校の学費が払えないからだとか家庭の経済状態の反映ははたしてないのだろうかと、私は思うのですが。

 多くの子どもたちの親は格差社会の中であえいでおり、退学した子どもたちの前にはまた、派遣や臨時雇用などの非正規雇用が待ち構えており、いやそれさえもなかなかありつけなくてニートになってしまうような、ひと昔前にはありえなかったようなつらい現実の反映がありはしないか…と。

 諸外国では学費が無料かまたは非常に安くおさえられているという状況の中で、日本だけ、高い学費が若い向学心に燃える青年たちを苦しめたり絶望においやったりしている

 未来の日本は技術立国であり科学立国であるはずなのに、貴重な向学心にあふれた学生にまで受益者負担をおしつける、小泉改革以来の新自由主義では、青年に希望を与えることはできません。こんな世界の大多数の国々の中でも異常な政治はやめにして、大企業優遇の政治をきっぱりとサヨナラしなければなりません

0

2008/8/2

開くよりはや鷺草の飛ぶ構へ 宇都木水晶花  村のあちこち村おこし

開くより
 はや鷺草の
  飛ぶ構へ
   宇都木水晶花

 これは鷺草の花がよく浮かびます。

 構えと表記せず「構へ」としたところは、文字の形からも鷺草の花のイメージが浮かびやすいようにする意図が私には感じられますけれど…

…………………

朝顔の
 紺のかなたの月日かな

 石田波郷

 「紺のかなたの月日かな」

 からは、朝顔の花に顔をくっつけるぐらいに近づけて見ている作者の姿が想像できます。

 (月日かな)からは、朝顔の花にくっつけて接写カメラの視野からは、早朝の有明の月が小さく、また薄雲を通してにぶく光る朝日も小さく小さく、まるで魚眼レンズで見るような感じと言うべきかもしれません。

 ところが「月日」を歳月と解釈すれば、思い出に浸っている様子が見えます。
の・の・のと重ねることで、平坦な人生だったかなと思えます。

1

2008/8/2

高千穂町が熊本空港まで、一日4往復の片道2100円で実証実験を国の補助を受けて始める  村のあちこち村おこし

 高千穂町が、阿蘇くまもと空港までのシャトルバスの一日4往復の実証試験を、国の補助を受けて始めるそうです。

 8月1日の熊日報道です。

 3年後の九州新幹線開業を見据えた交通結節強化策で、来年度からの本格運行を目指すと書いています。

 この記事を読めば、シャトルバスは西原村を通過し俵山トンネルをくぐるコースを走るようですが、西原村内で停車してくれるかは不明です。

 片道2100円はガソリン代高騰の折から安く感じます。これからはバス便・鉄道便が息をふきかえしてくる予感があります。

 高千穂町はなんといっても台風被害で復旧のめどがたたなくついに廃止にいたった高千穂鉄道があり、鉄陸両用車(デュアルモード車)を導入して再起を図ってはどうかと私は提唱しているのですが、今回のニュースの裏側に車体として鉄陸両用車を高千穂鉄道を走らせる構想が検討されているのではないかと期待したいと思います。

 まずはシャトルバスで阿蘇くまもと空港から高千穂までの観光客の流れを太くして定着を図るのが第一段階で、高千穂鉄道の残存レールを最大限活用しての延岡市との連絡の復活が第2段階です。

 そして鉄陸両用車(デュアルモード)で阿蘇くまもと空港から延岡市まで観光客の遊覧を図るのが第3段階です。

 デュアルモードにこだわるのは、これを採用してこそ阿蘇の観光は豊かにみのると考えるからです。

 このコースは百済王伝説も阿蘇神話も高千穂神話もあり、やり方次第では韓国からの観光客が急増するウォン箱になる可能性を秘めています。

 それを足掛かりに阿蘇くまもと空港の中九州の拠点としての地位を高くしていけばよいのではないかと思います。

 阿蘇くまもと空港の地位が高まることは、とりも直さず熊本駅の地位が…西原村の地位が高くなることでもあります。

 蒲島県知事には、中国戦国時代末期の、合從連衡の策を引き合いに出して、福岡に対抗するには熊本・宮崎・鹿児島の南九州3県が横に団結することだとはがきを書きました。そうすれば阿蘇熊本空港が3県の入り口に昇格するということです。

 西原村には、サルタヒコやアメノウズメノミコトの神話もありますが、巨石遺構やペトログリフなどの神話以前の【神話】もあります。

 今回の高千穂町の取り組みは、西原村民として片道2100円の手軽な観光として利用しつつ、古代観光の流れを引き寄せていくのもよいかなと思います。

0

2008/8/1

8月定例議会は19日から・・・質問通告は4日(月曜日)  村議会

 今期の議員として最後を飾るべく、最後の定例議会に備えています。

 言いたいことは数ある中に、質問項目は絞らないといけません。私は田島敬一だより(赤旗読者だよりにまとめましたので、質問内容はこれをご覧下さい。

 大分県内の教育界を揺るがしている口利き問題について、熊本県行政や県教委句会ばかりでなく、西原村も口利き文書化を行なうよう求めることは、やはり欠かすことはできないと思います。

0

2008/8/1

夏を涼しく過ごす知恵  日本共産党

 今度の赤旗日曜版には、『夏を涼しく』という題で、生活評論家の佐藤順子さんがアドバイスしてくれています。

 生活の知恵ひとつで、猛暑をしのぎクーラーなどの電気代を少しでも節約して、地球温暖化対策にも貢献できるのであれば、どんどん取り入れていきたいものです。

 朝顔のつるを窓いっぱいに伸ばしている写真はとても涼しそうで、子どもも喜んでいる感じがよく出て詩情性が漂っています。

 ゴーヤやキュウリや朝顔などが緑のカーテンを作れば涼しくなりますが、照り返しが強いベランダにプランターや植木鉢を置くだけでも涼しく感じると…つまり、何にも植えてない植木鉢であっても、生のコンクリートよりはましだということでしょうか。

 一般的に路面や駐車場のアスファルトの照り返しが、街中になればなるほどきつくなりますが、何か材質的なこととか工学的にひと工夫がありそうな気がするのですが…

 これから都市部のヒートアイランド現象はますますきつくなります。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ