한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/9/29

子ども医療費の窓口払いの簡素化を(8月一般質問三)  環境・教育

【田島】
 この4月から小学校の3年生まで医療費無料化を実現してありがたいという声がたくさん寄せられているが、その手続きが煩雑なので簡素化してはいかがか。

 病院の窓口でいったん払って、その書類をもって役場に行き手続きをするということでは時間がかかるし、共働きの方は仕事を休んで手続きをしなくてはならない。

 益城・大津では小6まで医療費無料になり、南阿蘇では中3までになっているが、西原村が肩を並べるにはいくらかかるか。

 公園の設置を…

 土曜日の終日保育はどうか。若い人は低賃金・長時間・過密労働となってきた。お母さん方も働きにいかざるを得ないのではないか。ところがサービス業にパートに出ると、土曜は平日よりかえって忙しく休みにくいのでは。

 村も出資してJAや小売店とも協力してショッピングセンター(共同店舗)を作って、日常必要な品目はそろっているようにすれば、村民の稼いだお金が村外に出て行くのを防いで、村内での富の循環ができて経済的な活性化・自立につながるのではないか。
 宅配サービスを備えたら、中山間地域のお年寄りもどれほど助かるか分からない。

【加藤村長】
 小3までの医療費を無料化したことは一歩前進かなと思っているが、小6・中3というのはできないことではけしてないと思うが、安易に病院にかかることにならぬよう、子どもが本来持つ治癒能力を阻害しなければいいかなあと、住民課でも心配している。当面小3まででやって見守っていきたい。

 子どもが安心して過ごせる場として公園をということは、私も同感で、私どもが小さい時には鎮守の森が公園であった。木登りや相撲やいろいろな遊びを覚えた。必要性があると思うので、しっかり前向きに取り組んでいきたい。

 村も出資してJAや小売店とも協力して(共同店舗)ということですが、協同がはたして簡単にいくものか。民業圧迫も伴うのではないかと考えられるので、慎重に考えていくべきではないか。宅配機能は、民間で考えていくべきではないかと思う。

【森永住民課長】
 国保法の44条の件について、国保法施行規則の14条については、どこの町村もこういう形でうたっているので詳細にはうたっていない。ただこの内容については、国保法44条1項で災害・地震・風水害で死亡の場合とか、雪害・例外旱魃等で農作物に被害があった場合、会社の倒産、収入が著しく減った場合に保険者が認める範囲内でどこまで減免するか、詳細にうたっていないので、近隣市町村でその辺まで詳細にうたってあるところがあれば調査しながら今後検討させていただきたい。

 小6中3まで医療費無料化する場合、どのくらいの経費がかかるかということでは、9歳までで1700万円。さらに小6までで500万円増とさらに中3は500万円増だ。

【玉永園長】
 土曜保育の終日について考えると、子ども達は月曜から金曜まで朝早くから夕方遅くまで生活している。保護者には子どもとのスキンシップや祖父母とのふれあいの大切さを話している。実際仕事をしてらっしゃる保護者も土曜の午後からはどちらかやおじいちゃん、おばあちゃんが迎えに来られたりと上手に子育てをして、こういうつながりが今の時代には大切ではないか。

 近隣の保育園で土曜保育を始められたところに尋ねたら、今まで預けなかったところも、仕事はお休みなのに夕方遅くまで預けられるようになったそうだ。育児放棄になりかねないとも言われた。西原は今のままで最適ではと思う。

 どうしても困る方は、社協で子育てサポートがあるので利用してほしいと思う。

【加藤村長】
 国保税を基金の取り崩しをしてでも値下げをということだったが、突発的な医療費の歳出に対応するために、今まで一億円が理想ということで基金を貯めていたが、二千万円を取り崩して八千万円だ。できるだけ早く一億円に戻すべきだと考える。

【田島】
 国保法の44条に基づいて条例化という点で、大津町では、自然災害だけでなく、失業とか経済的な急な困難についても明記している。今経済的に多難な時代に自然災害だけでなく、経済的困難にも対応できるようにうたっていただきたい。





 
0

2008/9/29

国保税(一部負担金の減免)を…(国保法44条)8月質問(二)  村議会

【田島】
 国保税は阿蘇郡一高い状況だ。真ん中ぐらいへと一世帯で2万円引き下げるには、基金積立金8000万円の一部を取り崩してあてればできるではないか。

 窓口払いについて、国保法44条の精神に基づいて、村には国民健康保険条例規則があるが、対応する条例が見当たらない。村民によくわかるように周知すべきではないか。

 保育料の値下げを検討しては?

 障害者への施策の充実を…3年前に障害者年金5000円が廃止された。敬老年金廃止には乗合タクシー・バスを検討するとの村長答弁があったが、障害者年金の廃止の代替措置には何か考えているか?

 不妊治療に対して西原村も助成措置を。県の助成措置と合わせて、南阿蘇では20万円出している。

【加藤村長】
 保育料は大津・益城・菊陽・熊本市と比べて決して高くはない。南阿蘇は非常に安いが、あまり下げすぎたので運営が非常に困っているので上げる方向で検討したいと問い合わせで答えた。

 障害者の方々にも納得していただく施策は考えていきたい。年金廃止の代替措置は田島議員の意見を伺いながら進めていきたい。

 不妊治療への助成制度は、今後村民の方から多くの相談や要望があるということなら、前向きに検討していかなければと思っている。

 医療費の窓口払いの簡素化は早急にやれるかは、もうちょっと考えていきたい。

 医療費の無料化を小学校3年までにしたことは一歩前進という思いでいるが、小6中3までできないことではないが、安易に病院にかかるようなことにならないように、本来子どもが持つ治癒能力・健康を作り上げる能力を阻害しなければよいがと、住民課でも心配している。今後見守っていきたい。

 子どもが安心して過ごせる場として公園をということは、全く同感です。しっかり前向きに取り組んでいきたい。

 村も出資してJAや小売店とも協力して共同店舗、はたして簡単にいくものか、民業圧迫等もそれに伴って出てくるんじゃないかと考えられ、もっと慎重に考えていくべきじゃなかろかと思う。宅配機能は、民間の企業の方々の発想に期待していきたいと思う。
0

2008/9/29

口利きの文書化を…8月議会一般質問(1)  村議会

 【田島】 大分県教育界の汚職事件以後、熊本県は大丈夫か、そうならないように口利きの文書化が求められているのではないかと思う。熊本市では五年も前に、口利きの文書化が行われた。その後件数が激減している。佐賀市でも激減していると聞く。西原村でも時代の流れに沿って、今が表明するタイミングではないか。

 【加藤村長】 西原村でも取り組んでいかなければと思い、熊本市から取り寄せて勉強をさせていただいている。西原村に合ったものを文書化していきたいと考えている。

 【田島】 高遊の県道は拡幅が計画されています。ふるさと市場の付近の混雑・渋滞解消のため、右折レーン、左折レーン、信号機の設置がなされるべきではないか。県警や益城町などに要請をしたり働きかけをするべきではないか。

 【村長】 県の拡幅計画が進行しており、そちらが先ではないか。中央部に3mのゼブラゾーンを全線で設ける計画なので、右折レーンは特に設けないと。3mのゼブラゾーンが中央につけば非常に走りやすくなり、渋滞もそれでずいぶんと緩和されていくんじゃないか。

 信号機については、御船署で検討していくということなので、われわれもそういう方向で要望もしていきたい。

 【田島】 空港に駐輪場を設けてもらえば、バスに乗り換えてどこへもいけるという声に基づいて、騒音の代償行為として実現を要求していきたいと思うが、あの交差点への信号機設置への優先順位をあげる論点にしていただきたい。

 【村長】 信号機が点々つきすぎると、逆に渋滞を起こす点もまた出てくる。あの場所は非常に事故も多いし、距離的にも優先順位はあがるのではないか。中央部分だけでも相当の年月がかかると思うので、平行して検討していかなくてはならないのではないか。
0

2008/9/29

無線によるインターネットは、反応が窮屈なようです。  村のあちこち村おこし

 落雷を嫌って、電話線をつながないことにしました。無線でインターネットにつないだのですが、電話線とは違ってまだまだ容量が小さいのかもしれず、ブログへの書き込みをしようと管理画面で操作をしようとすると、なかなか画面が動かなかったりして時間がかかり苦労しています。

 あんまり無線は快適ではないなあという状況です。

 でも、パソコン通信をやっていた時代がまさにそんな感じでしたから、便利に慣れないでも我慢してどう乗り越えていくかを追求していきたいと思います。

 待ち時間は長いのか短いのか、判断はつきませんから、端切れの時間を利用してできることとして、私は手元にはがきを置いて誰彼を思い浮かべながら少しずつ書き進めるという作業を始めています。これだったらひと段落したところでパソコン画面を見れば、次の画面に切り替わっていることが多いので、またキーボードを叩くことになります。

 一面、富士通のパソコンは、まるでテレビ画面を見ているかのように滑らかな動画を提供してくれます。動画の動作性にすぐれているあまり、のめりこんで、どれだけでもインターネットにばかりはまるかもしれず、時間は何に使わなくてはならないかの優先順位を忘れないようにしたり、取得する情報量が過大にならないようにするブレーキと思えばありがたい不便さと言えるかもしれません。

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ