한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/11/5

小室哲哉が詐欺容疑で逮捕されましたが、大分トリニータのパトロンでしたか…  村のあちこち村おこし

 小室哲哉が、詐欺容疑で逮捕されましたが、実は音楽に疎い私は、どっかで耳にしたようではありますが、今まであまり名前もよく知らなかったことを白状いたします。

 でも人生の中で締め括りにあたる最晩年で、逮捕という破局的場面をさらして、私やたくさんの音楽門外漢からもしっかりと名前を覚えられてしまいました。

 『終わりよければすべてよし』という諺がありますが、残念なことですね。

 無限大に欲望を募らせた結果の破局であるようです。

 月は満ちれば欠けるのが、世の習いです。平家物語を獄中に差し入れてもらって読了するのも悪くはないかもしれませんが、もっとこうなる前の人生で、日常の忙しい生活に追われるのを敢えて少し緩めて読書の習慣をつけておくべきではなかったでしょうか。

 今週の赤旗日曜版の中で、五木寛之さんが、人生最後の時期は『遊行期』だと論じておられますね。先人の知恵を吸収することができる読書に親しむ習慣があるかどうかは大きな違いとなりますから、人生をトータルを見た時に、図書館が身近に存在していることの大きさ…小中学校での『読み聞かせボランティア』が行われていることの意義ははかりしれないものがあるようです。

0

2008/11/5

アメリカ大統領は、一年前から予想していたようにオバマ氏の勝利です。  村のあちこち村おこし

 文化の日は、憲法公布の日ということでもあり、9条を守りたい私たちにとっては記念すべき日でした。

 5月3日の誕生日の私にとっても11月3日は、ちょうど半年、太陽の向こう側に地球が来ているところです。

 今、9条の平和の理想にも関係する大きなニュースが、アメリカからの中継でもたらされました。

 イラク戦争を終わらせるという公約を掲げて大統領の選挙に勝利宣言するオバマさんの姿が、シカゴからのテレビ中継で生で映し出されているのです。

 最初は、何の背景ももたず、ほとんど徒手空拳で出発したひとりの理想に燃える青年が、堂々たる演説をやっている長身の姿を見ながら、涙を流して喜びました。

 アメリカン・ドリームですね。

 どこかケネディ大統領の再来のような雰囲気が漂っていますから、くれぐれも暗殺にだけは用心してほしいと思います。

 日本の戦国時代を勝ち抜いた豊臣秀吉が、朝鮮に出兵したことの裏側に、成長してしまった戦争経済を持て余していたということもありはしまいかと、産業構造的に論ずる見方もあるようですが、アメリカも日独伊との第二次大戦に勝利してからが、すっかり戦争をし続けねば承知できない軍需産業を育ててしまったのではないでしょうか。

 すると、今回の大統領選挙にオバマ氏が当選したことの歴史的意義は、パールハーバー以来という見方もできるのではないでしょうか。

 つまりこれから、オバマ大統領と彼を当選させたアメリカの平和勢力は、アメリカの巨大な軍需産業との壮絶な闘いを開始しなければならないのではないでしょうか。

 その闘いは、拙速にならずうまく矛先をかわしながら、しかも勇気を出さねばならない時には出す…という粘り強く高度な判断力と団結力を発揮しながらいかなくてはならないということだと私は思います。

 つまり、まさしく太極拳の要領、あるいは柔道の極意で、長期的視野に立って産業構造を平和の方向へ切り替えていかねばならないと思います。

 オバマ大統領が演説の中で、しきりに『団結・団結』と呼び掛けていた本当の意味はそういうことだと思うのです。

0

2008/11/5

今日は紙芝居の日です。大津図書館から孫悟空を借りてきました。  環境・教育

 さあさ、今日は山西小学校へ読み聞かせのボランティアに出かける日です。

 私は読み聞かせと言っても、ほかの方のように絵本ではありません。紙芝居に特化して専門家になろうとしています。とにかく子どもの頃に、紙芝居の伯父さんが地域に自転車に乗ってやってくるのを楽しみにしていた思い出が忘れられないために、紙芝居の道を究めたいと…というと大げさですが、紙芝居を演じながら楽しんでいるのは自分自身なのです。

 また自分自身が楽しまなければ、ボランティアなんて長続きしませんからね。

 孫悟空は、やはり子どもの頃に絵本で見たのか、それともラジオ連続ドラマで聴いたのか、どっちだったか忘れましたが、とにかくわくわくして夢が膨らんだ記憶がほのかにありますから、童心に戻れるかも…
0

2008/11/5

やっと推薦人40人突破。後期高齢者医療制度の広域連合議会立候補  村議会

 町村議の部で、後期高齢者医療制度の熊本県の広域連合に立候補を表明していた多良木町の町会議員・久保田悦子さん(日本共産党)の推薦人の数が40人をやっと突破することができました。

 私も村議の間を回って推薦人署名集めに奔走しました。

 これまで一年間の広域連合の議事録を党が調べたら、たった三十何分で終わってしまって質問も出ない会議をやっていたなんてことで終始してきたようで(私が確かめた訳ではありませんが)、市議の部は熊本市会議員の益田牧子さん、町村議の部は久保田悦子さんを立候補めざして全県的に取組んでいるのです。

 これまで益田牧子さんが立候補したけれども、選挙の結果当選にはいたりませんでした。今回は町村議の部で新たに立候補への挑戦ということになりました。

 お年寄りを差別する後期高齢者医療制度を廃止するという公約を全力で取組む日本共産党でありますから、広域連合議会に一人も議席を確保できていない状況は何とか打破しなくてはならないのです。

 保守系の議員を説得しなければなりませんから大変ではありますが、こんな時に『はがき道』をやってきてよかったと思うのです。私は、同僚議員の皆さんにもせっせと時に応じてはがきを書き送って、コミュニケーションをできるだけ密にしたいと思ってきました。

 さて、久保田悦子さんは、日本福祉大の出身だと経歴で読みました。それからケースワーカー。社会保険労務士の資格も取られて、全県の社会保険労務士会の副会長でもあるとはすごい勉強の努力をされてきたんだなと、あらためて感心させられました。敬意を表したいと思います。

 2001年の多良木町議補欠選挙定数1で、当選した実力がありますからすごい人です。いろいろと唯一で初めての日本共産党議員であり、また女性議員でもあるということからか、ニュースでも報道されたような(いじめ?)を散々受けて来られましたが、世論の後押しを受けてはねのけてきた方のように、私は遠くから観察しています。
0

2008/11/5

山梨県の早川町では間伐材で源泉加熱して二酸化炭素排出削減。森林保護  環境・教育

 山梨県の早川町では、間伐材を熱源に使った『エコ温泉』がお目見えしたというニュースが『地方議会人』という雑誌に紹介されています。

 温泉を灯油を使うんでしょうか、それとも重油を使っているんでしょうか?

 いずれにしても間伐材を薪にして温泉加熱に使えば、間伐材は二酸化炭素の排出は燃やしてもゼロと計算されますので、地球温暖化対策になります。また森林の手入れをする林業が息を吹き返す起爆剤になりはしないかと思うのです。

 加熱用に薪を使う特殊なボイラーを、西原村の龍神の湯と泉力温泉につかってもらいたいのは山々ですが、チェコ製で設置工費は4700万円もすると書いてありますからあまり無理も言えないと思うのですが、では『のぎく荘』のお風呂を暖めることに考えたらどうでしょうか。

 この記事を読むと、チェコ製のボイラーは、薪を高熱でガス化して効率よく燃やすのだそうです。

 これまで新聞記事などで散見していた最近のボイラーは、木質ペレットに固めて小さな塊にしてから燃やす方式のものでありまして、体積が小さくなると表面積が大きくなってより燃えやすくなるという原理だろうと思うのですが…木質ペレットを供給する体制が確立しなければ機能しないという難点があります。

 はたしてどちらがいいのか?でも永続できる文明を築くためには、全熱量を電気に頼る状況は変えていかないといけません。

 まあ初期投資は4700万円であっても、重油代よりも薪を燃焼させるお金の方がどれだけ経費的に安上がりであるのかが問題であって、何年か何十年か後に取り戻せておつりがくるというような見通しが立てば検討しやすいのですが…

0

2008/11/4

衆議院の早期解散を前提にして、ハンドマイク宣伝  日本共産党

 一昨日は、議会報告を兼ねて、衆議院選挙を前にしたハンドマイク宣伝を五回行いました。

 県道沿いは、文化の日を含む連休初日だということで南阿蘇方面からの帰りの車でラッシュでした。

 文化の日は、日本国憲法が公布された日ですから、日本国憲法を論ずるにふさわしい日でもあります。

 せっせと(はがき道)をやるのは、日本国憲法の精神を広げるための平和の行としても意義があると思います。

 しかし、字を書く作業は集中しますので何時間もやっているうちにだんだん欝に沈んでいくような気がします。

 欝もいいんだけれども、ハンドマイク宣伝もやらなくてはなりません。

 ハンドマイクを手にとっても、出かけるまでには悛巡があります。最初はエイッと気合いを入れて心を懆状態に上げないと出ることはできません。

 でも、一旦出てみると通りがかりに合図や声かけをしていただきまして気がだいぶ楽になりました。

 各紙の報道で、来年に先送りになったと盛んに言っているのに何のハンドマイクだろうかと怪訝に思われるかもしれませんが、実は『しんぶん赤旗』は12月7日あたり選挙になる可能性が残されていると述べているのです。選挙が始まったらハンドマイク宣伝はできなくなってしまいますから今のうちなのです。

 麻生総理がしきりに飴玉の減税を言っていますが、秋刀魚の匂いだけに終わるかもしれません。なぜなら、補正予算案を提出していないからです。

 先日の熊日に、ある密室で麻生総理と公明党の幹部とが会見を行った時、公明党が『誰のお陰で総理になれたと思ってるんだ!』などと怒号飛び交う様子を記事にしていましたが、私は、この記事は『怪しいな』と思いました。

 密室会談がなぜ記事になるのでしょうか?密室なら外部に漏れるはずないでしょうに…

 自民・公明がある意図をもってリーク記事を書かせているのではないかと思えました。

 その裏にあるのは何なのか?怒号は、とかく自民党の腰巾着を勤めてきた公明党の存在意義、発言力がこんなに大きいんだというアピールもあるかもしれません。
 それにも関わらず解散をあくまでも来年に延ばそうとしている麻生総理の意志の堅さを有権者に知らしめる芝居?

 バレーボールで日本女子チームが得意にしている【時間差攻撃】ではないのかなという疑問が湧いてくるのです。

 早期解散にあくまでも麻生総理が抵抗して、来年に延期したんだという絵を印象づけて野党を油断させる…頃合いを見て一挙に解散して有利に展開させるという魂胆ではないかと。

 つまり、打つぞ打つぞと見せかけて打たず、油断した次の瞬間に強打しようという策ではないのかと匂ってならないのです…

 特に、ずっと以前に商品券を配ったことがありましたが、今回も公明党の手柄にしようというのでしょうか、国民ひとりあたり一万なにがしの減税をすると言っていますが一向に補正予算案が出てきません。

 麻生総理大臣も公明党から怒号を浴びせられて、させられるのはホントは嫌でたまらないのかもしれないと。ならば補正予算は出さないままに解散に打って出るのではないかという見方もできるのではないでしょうか。

 日本共産党は、野党ですので、今月解散であろうと来年解散になろうと走り続けたらよい訳です…争点はたくさんあるのに有権者にひとつひとつ浸透させるには時間がかかりますので…

 私も実は、かつて宮崎で創価学会員でした。クラスメートが強力に勧誘さあために、そんなにいうんだったら、じゃあ入ってみるか、という程度でしたが…共創協定が結ばれた時でした。

 ですが、突如破棄し反共攻撃を開始した学会に愛想つかせてやめました。日本共産党員として腰を入れて活動を続けてすでに三分の1世紀になります。

 公明党は、中国の三国志に紹介されている『天下三分の計』を大いに参考にしている気がしています…

 劉備玄徳は、一時呉の孫権の傘下に身を寄せて魏の曹操に対抗していたことがありますが、チャンスを見て四川省に活路を見い出しました。蜀の建国です。

 公明党も、いつまでも自民党という『呉』の配下から、蜀の建国のように決別すべきでしたが、与党の悪政を助け、民衆いじめに加担してきました。一体どこが福祉の党でしょうか。与党のうまみに馴染みすぎて、今さら離れることができないでいる図でしょう。天下三分の計に見習って自民党との融合路線から離脱すべきではないでしょうか。

 今月から熊本の映画館でもタイミングよく始まる『レッドクリフ』には離脱のヒントが与えられるかもしれませんよ。三国志のクライマックス・赤壁の戦いを描いているそうですから。

 そもそも、現在の圧倒的な自民党の議席は、財界・大企業優遇の税制にメスを入れることなく…郵政民営化を進めることこそが政治改革だと国民の批判をそらし歪めてしまった小泉改革…たくさんの国民が支持をして、それがさらに小選挙区制のレンズ効果によって、偽りの圧倒的多数の議席を占めたことによるものです。

 自民党の議席はバブル状態です。小選挙区制のレンズ効果が逆回転に作用し、サブプライムローン崩壊みたいに、今度の衆院選では自民党の地滑り的大敗北になることは間違いない訳ですからね。

 消費税を10%に引き上げる工程表を示すなど、景気対策とは裏腹でピントはずれもいいところです。格差社会のもとで苦しんでいる人々…特に若い世代の気持ちが全然わかっていないようです。

 日本共産党は国民のひとりひとりに訴えてカンパ(募金)を求めて活動しています。しんぶん赤旗をご購読いただいてずいぶん助かっています。しかしその他の政党は国からの助成金と企業からの献金を受け取っています。経団連に消費税をあげる約束をさせられているのですから、大企業・大銀行には減税をして庶民からは消費税増税とは、経団連に糸を引かれているのです。

 自民党か民主党かの二大政党しかないようなマスコミ報道ではなく、日本共産党という選択肢が多くの関心を呼んでいることを報道すべきでしょう。

0

2008/11/4

ナビスコ杯サッカーで大分が  健康

■サッカーナビスコ杯決勝、大分が清水下し初タイトル

 そんなニュースが携帯に届きました。

 サッカーについては、ロッソ熊本を見に行った訳でもない私ではありながら、紙面で応援しているのですが、大分と言えば隣県。トリニータとはひょっとしてキリスト教でいう『三位一体』を意味してはいないでしょうか。

 フランシスコ・ザビエルが布教し、キリシタン大名の大友氏が領していたことを記念しているのでしょうか?

 Jリーグには疎い私でした。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ