한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/2/25

寛永通宝が法的には私が生まれた1953年まで使えたとは驚きです。  村のあちこち村おこし

 インターネットで検索していると、まるで地球の大きさの百科事典だなあと感心させられますね。

〜次々にたぐりながら知識を広げていくことができます。

 歴代で昭和天皇に次いで在位年数が長い後水尾天皇について、引き続いて検索していたら、寛永文化という言葉を知り、ついで寛永通宝という江戸時代を通じて鋳造され続けた貨幣を知りました。

 大川橋蔵主演の銭形平次が投げるのは寛永通宝でした。テレビ画面に『寛永通宝』の真ん中に四角い穴が空いた円い通貨が脳裏のスクリーンに大写しになります。

 大川橋蔵の見栄を切り銭を投げる時の顔と仕草と独特な声。ライバルの十手持ちの親分の顔も浮かびます。

 またこの寛永通宝が、一時中国にまで流通したことがあるとは驚きの記述で、本当かなと確かめたくなりました。

 また、ウィキペディアによると、江戸時代の通貨が昭和28年の私が誕生した年まで、法的には生きていたとは、これもホントかなと、にわかには信じられないことです。

0

2009/2/25

早春の庭をめぐりて門を出でず  俳句鑑賞

黄梅や 鎌倉山に、風出でぬ 嶋田麻紀

 黄梅なんてのがあるとは知りませんでした。鎌倉山は海に近いところにあるというイメージです。海風と陸風が昼夜交互に凪を挟んで規則正しく吹き続けているのだと想像ができますので、鎌倉山からの風が出るのは時計がわりなのかもしれません。

 ガラス越しに見える黄梅の花びらが、細かく揺れ始めました。さあ、仕事にかかろう…山の照葉樹も真昼の陽射しをキラキラとはねかえしながら揺れています。

 日照時間の長短が、うつになるかどうかを左右すると申します。光が合図となって心のスイッチも入りました。

…………………

早春の 庭をめぐりて 門を出でず 虚子
 この俳句を読むと、なぜか河原の矢野邸が浮かびます。門出という集落にあるからかもしれません。

…………………

 記憶力を強化するために必要な、イメージを心の中に描く能力は、俳句をたしなむことによって養うことができることがわかってきましたが、反対にふと浮かんできたイメージを捉えようとして心の中の目を右左にいたずらにキョロキョロとさせると、イメージが雲か霧のように消えてしまいます。

 しかしおぼろなイメージを凝視しながら、どんな俳句で表現しようかと思って観察すると、急に映画のスクリーンのような大画面が目の前に出現してくることに気づかれるかもしれません。

 禅を学んだら呼吸の仕方とも関連したもっと違う側面が見えてくるのかもしれません。

 私は精神障がい者家族会の会長をしている関係で、健常者であっても心の管理を行って向上をはかっていかないといけないなと思うようになりました。
 俳句とはがき道と、記憶術と映画鑑賞・歴史小説、そして呼吸法あるいは禅、これらはみな底の方でつながっているように思えてきました。

 イメージが浮かんできた時、その場に浸って禅のように無念夢想になってみると、そのイメージの先に新たな視界が開けてくるのかもしれません。

 呼吸法は、精神を整えて安定させる効果があるというし、尺八の演奏はすなわち呼吸法をマスターすることとイコールだとも言います。

 禅だとか尺八の練習によって、精神病の発症を防ぐことができないだろうかと思うのですが…

0

2009/2/25

身体・知的と同様に心の相談員制度もほしい  菊陽病院精神家族会

身体・知的と同様に、
心の相談員制度がほしい


 佐賀県の嬉野温泉で開催された九州ブロックの
家族会精神保健福祉促進活動研修会報告
              田島敬一 二月十二日・十三日

精神保健福祉予算の充実求め
 精神科医療のこれからの方向について国はど
う考えているのか、鮫島健 日本精神科病院
協会会長が基調講演されました。少子高齢化の
中で新自由主義的な医療費抑制政策を続けて
きたけれど、その方向には限界があることを、
これまで旗振り役だった中谷巌氏の反省の弁を
紹介しながら述べられました。しかしそれにも
かかわらず解決策は消費税の増税だとの結論
では、庶民の暮らしをいっそう圧迫し経済は回ら
なくなります。大企業と金持ちへの税制優遇を
やめることが必要だという視点が語られなかっ
たのは残念でした。

精神医学の進歩に希望 
 今回は従来と違い、当事者の分科会もありま
した。精神医療は、この十年ほどの間に格段に
進歩してきたようです。早期発見・早期治療さえ
できれば、風邪をひいても治る感じで社会復帰
が可能になってきたようです。当事者も希望を
もって集まってきておられました。遺伝ではない
という知見も広がりつつあります。
 発症の確率はだいたい0.7%ですから、ひとつ
の学校に千人の生徒がいたら、その中から貧
血で倒れる生徒はひとりふたりかもしれません
が、精神を病む可能性のある生徒となると七人
もいるという割合です。心の相談員が制度化
されるならば、発症を未然に防ぐこともでき
ないでしょうか。

イギリスではひきこもっている人
まで訪問し相談活動

 二日目講演の全国精神保健福祉会連合会理
事長の川崎洋子さんは、イギリスではひきこも
っている人を訪問までする相談支援事業がある
と話されました。日本においても精神に関する
公的な相談員制度が身体・知的に対してと同様
に求められています。私は、家族会の中からも
積極的に地域の中で気軽に相談に乗れるような
人が出てきて、同じ目の高さでの親身な相談が
できたらいいなと思いました。
 
0

2009/2/25

先日のNHKスペシャルは精神科医療の進歩と問題点でした。  菊陽病院精神家族会

 私は、菊陽病院精神障がい者家族会『のぞみ会』の会長をしています。

 今は、早期発見・早期治療さえできれば決して深刻な病気ではなくなってきたし、遺伝ではないという科学的な知見もしっかりできあがってきました。

 発症の確率はだいたい0.7%だということですから、高校受験の頃ですがひとつの高校に千人の生徒が講堂に勢揃いしたとしたら、その中から貧血で気分が悪くなって倒れる生徒はひとりふたりかもしれませんが、精神障害者となる生徒となると七人もいるということです。

 そんなにたくさん発症の確率が多いのならしっかり対策を取らなくてはならないと、みなさんのところや学校などで心の相談員をおくようになっているでしょうか?

 発病した家族が、遺伝的な欠点があるのを知られたら恥だと思ったり、世間の目から隠そうとして病院に連れて行かなかったりためらいのために治療の開始が遅れてしまったりして、症状を重くこじらせてしまうような悲劇を少しでも少なくしたいと思っています。

 誰でもなりうる病気だということは、『ふるさとを下さい』という、ジェームス三木さん脚本の映画を見たらよくわかります。風邪も空気中のばい菌を口・手・鼻を経由して入れてしまい、なおかつ体の抵抗力が弱い状況にあれば誰でもひいてしまいますし、こじらせたら肺炎になってあっけなく死んでしまうことさえあります。

 精神病も同じです。ほうっておけば自殺なんて悲劇になる可能性もあります。

 だから、公的な相談員制度が身体・知的障害者に対してと同様に精神についても必要であるし、家族会のメンバーの中からも積極的に地域の中で気軽に相談に乗ってやれるような人が出てくることが望ましいのです。

 とりあえず私も西原村でそんな人でありたいと思います。

 今はまだそこまでは行っていませんが、将来精神医学がさらに進歩すれば、生涯固定した意味での精神障がい者という言葉はなくなり、何歳から何歳までは精神障がい者だったけれど、治療の結果何歳からは治って健常者になりました…という感じで使われるようになっていくかもしれません。

 視聴覚障がい者にたとえると、医学の進歩でいったんは失明してしまった網膜が再生したとか、聴覚神経が復活したなんてことは夢ではなく、おそらくは今世紀中に組織を再生する医療技術が実現すると思います。となるとこれも(何歳から何歳までは視覚障がい者でしたが、今は健常者です)という言葉が使われることでしょう。

 この10年ほどの間に精神科の薬と治療は格段に進歩しており、早めに治療を開始したならほとんど風邪をひいたぐらいな感じで軽癒するようです。

0

2009/2/25

後水尾天皇は1627色になしえず・紫衣事件。  記憶術

 メールで届いた日本史問題から…

 1758年に竹内式部が処罰される事件が起きたが、その事件名を答えなさい
────────
1.明和事件
2.蛮社の獄
3.宝暦事件
4.紫衣事件
────────

 江戸時代のこのあたりの事件を並べてみれば、天皇の権力が、徳川幕府によって次第に押し込められていく過程とも見ることができますが、蓄積されていくエネルギーが、最後に幕末になって爆発するというところまでみてはじめて完結したストーリーになります。

 このへんは武家政権に対するアンチテーゼとして、天皇や公家政権に希望を託した思いとは一体何だったのだろう、固定化される身分制の息苦しさだったのだろうかなどと考えさせる点です。

 思想・言論の自由を弾圧と、それをはねかえしていく歴史として考えるならば、幕末の横井小楠の思想や、熊本バンドなどキリスト教の広がり、貧困と戦争の関連を小説の形で訴えた小林多喜二の虐殺にもつなげて考えることができるます。

 もっと言えば、少数の意見を国会の議席から排除する小選挙区制も、言論弾圧の一形態だとしてここに並べることも可能です。

正解:
(3)宝暦事件
────────
 宝暦事件(1758年)は竹内式部が尊皇思想を説いて京都から追放された事件。

 語呂合わせでは、【ホレ竹ノ内避難小屋(1758)】というリズムで覚えていましたので簡単に正解が出てきはしたのですが、尊皇思想を説いたから処罰された事件だとまでは覚えていなかったので、あんまり意味のある記憶ではありませんでした。

 宝暦の改革という肥後熊本藩の細川重賢公の改革は有名ですが、関連して1758のあたりの年代だなと見当をつけることができるので便利です。宝暦の改革の方は身分の低い人であっても大抜擢することの必要性を示した点で竹内事件とは逆のベクトルです。

 竹内という名前は竹内文書という奇書と同じですから暗示的でもあります。

 避難小屋を提供した人は迷惑したのでしょうか?『明和事件(1767年)で処罰されたのは山県大弐』迷惑否むなり(1767)

 紫衣事件:後水尾天皇が江戸幕府の許可を得ずに与えた紫衣の勅許を幕府が無効にした。反抗した沢庵は1629年(色服)流罪。色のついた服の問題から流罪です。

 紫色になったタクアン漬けを食べ過ぎてミゾオチ「後水尾(*_*)」が痛くなりました。

0

2009/2/25

源氏物語絵巻の後水尾天皇は、幕府から紫衣事件など締め付けられ  村のあちこち村おこし

 蛮社の獄1839は、どういうふうに覚えたらよかろうかと考えていたところに、教えていただきありがとうございました。
1839批判裂くとは野蛮だわ。とは=鳥居ようぞう 野蛮=蛮社 だ=高野長英 わ=渡辺崋山
 それにしても蛮社とは奇妙な名前ですね。蛮勇をふるう気持ちを込めたのでしょうか。
 フランスでは七月革命後のルイ・フィリップの時代で、1848年の革命まての暗闇。

 日本でも幕末が始まるペリー来航まで14年しかないこの時点というのは、やはり最も暗い野蛮な時代というべきかもしれません。

 紫衣事件の方は「色になしえず その後みず」 1627=いろにな しえ=紫衣 その後み=後水尾 み=家光

ですね。後水尾天皇・院の立場を『その後見ず』とびったり表現するとはなかなかよく出来ています。

 色とは紫色のことでしょうね。紫色とは最も高貴な色だと聞いたことがあります。

 虹の七色を思い浮かべながら、紫を家光から駄目と言われたら次は藍・青色でどうかとは言えない辛さ。

 ノーベル賞を授与すれば受賞者の誉れとなるばかりでなく与えるノルウェーという北方の国の王室の権威と栄光にもなります。

 紫衣事件とは、僧侶に与えることによるノーベル賞効果を、徳川幕府が皇室から奪ってしまったという意味があるんでしょう。

 おまけに徳川和子(まさこ)との結婚は公武合体を目指して押し付けられるし…

 その分茶や花や和歌の隆盛に力を尽すサロン的役割を果たしているようです。

 それでは問題です。江戸初期の後水尾院のサロンが隆盛をひっぱった文化のことを○○文化というが、それは何か?
 元禄文化でもなく文化文政文化でもありません。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ