한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/9

手笛の吹き方に4種類もあるとは知りませんでした。(ノーマル)(お祈り)(アンダーハンドパス)(なむなむ)  環境・教育

 先日、赤旗しんぶんコラムの『潮流』で、ハンドフルートの演奏会が感動的だったということが紹介されて以来、物好きな私はすっかり夢中になって練習をしています。

 ハンドフルートとは従来から手笛と呼ばれてきたもののことです。検索してみたら、やり方に4種類もあると知りビックリ。すなわち【ノーマル】【おいのり】【なむなむ】【アンダーハンドパス】
 なむなむとは南無妙法蓮華経、または南無阿弥陀仏と唱える時の、両手を合わせる形にして息を吹き込むやり方のようです。
 全く知りませんでした。奥が深いものです。

 私が十数年も前にできるようになったと喜んだのは、アンダーハンドパスという型でした。これは比較的大きな、フクロウが鳴いているような音が出ます。

 低音でホ−ッ、高音でピーッという2つの音階しか出せないのでメロディは難しいものだと思い込んでいました。まさかメロディまで演奏ができるとは!

 今は、音域の変化をつけやすいという理由で、『お祈り型』を練習しているところですが、両手の間の空間を膨らませたり狭めたりして、やっと2つないし3つの音階が出るようになりましたから『咲いたー、咲いたー』を練習しているところです。かなり指を組むときに力をいれて隙間から空気がもらない密封した状態にしなくてはなりません。

 子どもたちに読み聞かせの時に披露できる日はいつのことでしょうか…

 あと、舌を丸めて突きだして吹く口笛の存在も書いてあり、これもビックリ! 練習したら指笛なみに大きな音量ではありませんが、かん高い音を響かすことが何とかできるようになりました。舌が笛を口にくわえているような役割をするようです。

 唇をすぼめて突きだす普通の口笛は、子どもの頃に練習したものですが、出っ歯のためかなかなか音域が広がらず、自分にはダメなんだと諦めていましたが、単に練習不足・根気不足だったのかも知れないと思い直しました。

 しかしいざ、口笛を練習しようとしたら、美空ひばりの『川の流れのように』以外、メロディがさっぱり浮かんで来なくて愕然としました。

 娘は吹奏楽を続けているというのに、日常いかに音楽と縁のない生活をしていたか、思い知らされました。でも副産物として、指笛の吹き方を説明しているサイトも発見できてよかったです。

 指笛は、災害の時に2キロ先の人にも伝えることができるなど、役に立つものですが、練習をしないでいたらなかなか音がでない状態に戻っていました。

11

2009/9/9

八景水谷(はけのみや)に歩いて遊びに行く時、雲の影に入ったり出たり…雲の動く速さは飛行機なみです。  俳句鑑賞

大花野 ときどき雲の影に入る 加藤瑠璃子
ジンジャー

 この俳句からは、池田小学校5年生の頃、八景水谷(はけのみや)水源地まで1人で歩いて遊びに行き、菊池電車の北熊本駅近くの広々とした田んぼを畦道に腰かけながら眺めた時、次々と雲の影が動いていたのを思い出します。

 プロペラ機ぐらいの速さはあったと思います。当時はブーンという音を立てる、セスナみたいな飛行機の上からキラキラさせて広告の黄色いビラをよく撒いていたものです。

 風に吹かれて落ちてくるのを拾いに走って行ったものですから、飛行機の影が稲の穂波の上をどのくらいの速さで動くものかは知っていました。

 【大花野】とは春の季語だと思ったのですが、春は【花野】だったでしょうか?

 秋の花は春の花より全般的にでっかいものが多いから【大花野】というのでしょうか?

 俵山では一面薄に覆われたさまをすぐイメージします。秋の大きな花としては園芸的なダリアだとか鶏頭ぐらいしか浮かばないのですが…
『ときどき雲の影に入る』
の『ときどき』が飛行機の速さみたいなイメージを浮かばせます。

0

2009/9/9

海亀は 海に戻りぬ 天の川  俳句鑑賞

海亀は海へもどりぬ天の川
金子せいどう

 このNHKラジオ深夜便の一句は平凡そのものですが、文明とは何だろうと考えさせるものがあります。不思議と、広い海原と天の川の空の広さがありありと浮かぶのです。

 きっと『海(うみ)』・『海(うみ)』・『天(あま)』と、古代には同じ意味だったかもしれない言葉が3つも重なっており、打ち寄せる波のリズムを隠し味として心に響かせるからかもしれません。

 そして視線が手前の浦島太郎が跨がって乗るような大亀から、これから向かおうとする海原、そして遥かな遥かな天の川の宇宙へと、近いところから遠くへ…下から上へと視線が移っていくからかもしれません。

 私は海亀の実物はテレビの中とか水族館の水槽をガラス越しでしか見たことはありませんが、宮崎の青島海岸の白砂青松が浮かびます。

 そして亀はどこか古代のイメージを醸し出しています。ウガヤフキアエズに由来すると言われる鵜戸(うど)神宮にお参りした時の記憶。あれは中学校の修学旅行だったでしょうか?

 海亀とくればなんと言っても浦島太郎であり龍宮城と玉手箱です。

 牽牛と織女の天の川を挟んだ遥かな距離感。
 海亀座というのはありませんがウミヘビ座はあります。カラス座・竜骨座・ほ座など南天の空には海に関した星座が多いという知識はあります。

 海が水平線を跨いで自然に宇宙に連続しているという感覚が、海亀という言葉に凝縮しているようです。

 潮騒の砂浜に寝そべって、ひたすら星空を見上げて、未知の文明が必ずこの中にあるはずだと思い続けていました。そしてこの海の底にも失われた超古代文明の、かつての都が埋もれているはずだと…生まれては滅び、また生まれては滅びの無数の文明たち…

 大陸も筏のように押し合いへし合いしながらくっついたり離れたり…地球は動かない個体のようでいて、長い目で見たら液体とどこが違うんだろう?本当は液体なのに個体と思い込んでいるだけなのかもしれない…などと考え続けていました。

 【海ガメは〜】。何で【海ガメや】ではないのでしょうか?

 これは【海ガメや】では、あまりにも確固とした固体のイメージになりますが、いつの間にか何もかもがフヤフヤフヤ〜と液体になり融けてしまうような、意識が朦朧となり眠くなる感覚は、【海ガメは〜】でないと出てこないと思います。

 海亀は 海に戻りぬ天の川

 海ガメは…どこだ…ふあぁ…ZZZzzz……(-.-)zzZ
0

2009/9/9

『月刊ガバナンス』2008年10月掲載の御船町議会リポート  村のあちこち村おこし

 御船町議会の議会改革をインターネット検索しているうちに、ぎょうせいが発行している【ガバナンス】という月刊誌の去年10月号に詳しく御船町議会のことが紹介されているのを発見できました。

 早速プリンターで打ち出して熟読させていただいたところ、はたせるかな西原村議会にとって勉強になる部分がありました。

 『議会改革』をいかに前進させるかは、去年の選挙で住民と約束した、私にとっての今期4年間の最大の公約課題です。

 『望めば叶う』の見えない法則があるのかどうか、それ以前の4期16年間には私は日本共産党だからとして徹底的に萱の外、窓際に置かれた格好で疎外され続けてきました。

 そのため、私が『議会改革をやります…』といくら公約しても、
『万年窓際族のあんたに何ができるんだ』
と冷笑する人まで出てくる始末でした。

 私が議会運営委員長に就任するなど誰も予想できなかったに違いありません。私自身もそうでした。私は盛んに西原民報で書き立てて要求をしていくつもりでしたから。

 住民の皆さんの中には誤解されている方もあるかもしれませんが、議運は調整機関であり、いくら議運委員長になったからと言って他の議運メンバーに向かって『こうしろ!』と命令する立場ではないのです。社長でも部長でも課長・係長でもありません。

 また、せっかく議運メンバー6人の中で合意できたとしても、議会日程ならまだしも議会改革のような議会の全員にかかわる内容になると、全員協議会に諮って12人の合意に到達できなければ足を踏み出せないのです。

 先日は、やっとの思いでインターネット上の議員名簿に住所・電話番号を記載するという合意に達することができたところです。このように、あくまでも粘り強く議論を繰り返して合意を目指さなくてはならない、全員一致制の原則があるのです。多数決でというのはなにか緊急な場面ではありうるのかもしれませんが…

 議会報告会がなぜなかなか実現できないのか?…誰とは申せませんが、住民から突き上げを食らうから…と強い抵抗感の表明もあります。

 そこのところをクリアしないと、いつまでたっても議会改革は堂々巡りと足踏みを続けるばかりとなってしまいます。

 御船町議会もかつては実はそうだったらしい。そこをどう乗り越えたのかが、今度10月5日(月)の御船町議会訪問しての研修の一番大事なポイントだろうと思います。

 議会議員の研修として、ある時全員で行ったそうです。すると住民からその研修報告会をやってほしいという強い要望があがってきたそうです。

 いきなり難しそうな『議会報告会を!』ではなくて、比較的簡単そうな『研修報告会を!』というところにミソがあったのではないでしょうか?

 しかし、14人のうちの1人が抵抗したため、なかなか実現できそうにありませんでした。そんな状況の時に、参加できる者だけで非公式にでも報告会をやろうじゃないか!ということになり、結局14人の議員中の13人でやったそうです。

 すると(案ずるよりも生むがやすし)はこのことか…と、すっかり自信をつけたのでした。
 住民から質問を受けて1人の議員が答えることができず詰まった時に、他の詳しい議員が助け船を出すなど、集団の力が発揮できるじゃあないかという、『なんとかなる』の自信でしょうか。

 どうも熟読してみて私の直感ではありますが、御船町には議会を育てようとしている住民の存在がありそうです。頭の中のスクリーンに見え隠れしてきました。

 【ローマは1日にしてならず】…住民の意識レベルの醸成も議会改革の大事なポイントではないかと、私は受け止めることができました。
 岩をあげるのが難しければ、山の周りを転がしていけばどうか…

 そこをいかに御船町議会訪問で引き出すことができるかです。

 

1

2009/9/9

KYOCELAケータイ速打法  携帯入力速打法

 ケータイ速打法にも…機械を開発した人の意図を察して練習して初めてできるようになるものがあります。

 今回は、私が愛用しているauのキョーセラにしかあてはまらないかもしれませんが…

 キョーセラでも、以前のは横一列に並んだ漢字から選択する画面だったのが、縦横に朝礼台の前に集合したような形に並んで表示されるようになりました。

 発見したのは、よく見ると、上下左右とカーソルを動かすキーが、例えば下と右・上と左のように斜め方向に重なるようにデザインしてあることです。

 『これはどういう意味だかわかるかな』
と、開発した人から謎なぞを出されているような気がしました。

 何回もやってみたら、はたせるかなカーソルの斜め移動ができるようになりました。

 今までなら右→下と二回キーを押す動作ではなくて、両方同時に押すことによって一回の動作でできるようになりました。かなりなスピードアップの要因になりました。

 面白いことを発見しました。それは上一列の中の一番右に選択したい漢字を見つけた時に、下と左のキーを一緒に押せば、列の一番右まで何べんも【右】キーを押していかなくてもいっぺんに飛べるということです。これも熟練していけば入力スピードアップにかなり貢献しそうです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ