한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/30

空気ほど旨きものなし豊の秋 成田千空…堀内豊秋大佐の気持ちを表現したような句ではないでしょうか?  隣国との友好と平和

 インドネシアのセレベスに落下傘で舞い降りた堀内豊秋大佐は、終戦後日本の家族の元に戻った後に、オランダに呼び出されB級戦犯として、ほかの誰かがやった残虐行為(事実関係はよく吟味する必要がありましょうが)の罪を被って処刑されたと聞いております。

 この句は堀内豊秋大佐が戦争から戦争、戦闘から戦闘、猛訓練から猛訓練への人生からつかの間、熊本北部町の実家に帰郷した時、ホッと吸った平和な空気が何と旨かっただろう…としみじみ回想しながら、処刑の日を待つ牢の中で詠んだ俳句…と仮に想像するなら、実に味わい深い反戦句となります。

 【空気】とは、ただの空気ではなく、戦のない平和国家の【空気】と読むのです。

 また【豊の秋】からは、黄金色に染まった一面の稲穂が、美しい平和な日本の象徴のようにありありと目に浮かんできます。

 私は二本木の家のすぐ近くを幅の広い道路が建設されるに伴って、池田町に引っ越したのですが、熊本電鉄の【韓々坂】停留所から今の崇城大学あたりにかけて、稲穂を垂れた黄金色が山の際まで広がっていた光景がありありと浮かびます。

 当時、東京オリンピックを見たばかりで、日本期待の飯島選手にかぶれていました。100メートル短距離競争の【位置について】でラインに両手をついて、【ドン】で前傾姿勢のまま走り出すスタートダッシュの練習を、道を歩きながら時々思い出したようにやっていたものでした。

………………

ケータイ速打法の提案

 句読点

【、】=【わた】=【04】
【。】=【わな】=【05】

と単語登録しておけば、【0
♯♯♯♯♯♯…】と何度もキーを押し続けなくてもよいのです。

一回【04】と打って【、】を出した後は、【0】の1打か2打だけで【、】や【。】はケータイの学習機能が働いて出てくるようになりますから、入力し始めだけの打数省略にはなりますけれど…
 
0

2009/9/30

西原民報を慣れないWordで作成しようと四苦八苦。でも毎日少しずつ『習うより慣れろ』  村のあちこち村おこし

 私は21年前からずっと手書きで西原民報の原稿を作り、印刷し村内全戸に配布してきました(その大部分で両親が一緒に配布に協力してくれたことに感謝)。

 しかし、去年の選挙後、字が汚いからこれからはパソコンで作ってくれという声が私の家内を始め、数人から強く寄せられるようになりました。

 ブログはせっせとケータイから親指入力で投稿しているのに、パソコンで民報作るのが嫌いとか苦手だとか、皆さんもおそらくは理解できないだろうと思います。

 私も自問自答してみました。ワードの編集作業が嫌なのか、時間がかかるのが嫌なのか…キーボードをいじるのが苦手なのか、はたまた文章を何べんも手直しすることが嫌なのか?

 私は、このままでは『ガラス張り』の公約に反するだけでなく、議員として国保税の値下げや議会の改革など、粘り強く世論づくりと運動を作り出さねばならない問題を前に進めるためには、西原民報の発行がどうしても欠かせない…何とかしないと…

 実は先日、【人のふり見てわがふり直せ】という標語がぴったりなことがありました。

 議会改革をテーマにして、議運で討議した時のこと。インターネット上の西原村議会の議員名簿を名前だけではなく、隣接の大津・菊陽の両町議会並みに、住所と電話番号を加えてはどうかと議論した時に、そんなことしたら全国から『あれ買ってくれ、これ買ってくれ』だとか『抗議の電話』などがかかってくるからなどの消極意見を克服して、ついに全員協議会で決定することができました。

 まったく西原の議会改革の進捗状況は非常にのろいと呆れる方もおられるだろうと思うのです。名前と議員番号だけとは誰もがおかしいことだと思うことですから…

 ところがふと私が個人として作っているブログを見たら、意外や意外、私自身が住所と電話番号を載せていなかったことに気づいたのです。

 まさにこれこそ【人のふり見てわがふり直せ】を地でいくことでした。

 議会改革はまず自分から…そしてこのブログから…そのことがよくわかりました。

 でもブログだと何人が村内で見て下さっているのか…アクセス総数は確かに6万にはなりましたがこの数字は全国で、さて村内のアクセスは?と考える時、村内世論の形成はブログだけでは不十分だとわかります。確かに速報性と網羅性という利点はあるにせよ…

 『人のふり見てわがふり直せ』と口の中で何度も唱えて、なるほどなるほどとうなずいているうちに、ふと連想が働いて思い出しました。『習うより慣れろ』…

 『そうだったのか…』
 嫌だ嫌だという感情は、たんに慣れていないだけかもしれないぞと。

 つまり慣れてないなら慣れる努力をすればいいだけではないかと…

 Wordは、毎日の流れの中で少しずついじることを習慣化して、とにかく慣れていくようにしたらどうだろうかと…

 いっぺんに民報の完成品を作ろうとしないで、【今日の西原民報つくりかけ】をブログにリンクの形で掲載することにしました。

 子犬の脚は人間の脚の4分の1しかなくても人間よりも速く走れるのは何故なのか?歩幅は小さくても回転が速いからですね。一回の文章量は少な目にして、少量印刷・少量配布で、チョコマ・カチョコマカ路線で西原民報のワード版もやっていったらどうかと…

 かえってその方が赤旗読者へのサービスになるかも…

 早速ひとつができましたが、できてすぐ次に取りかかることが肝要です。イチロー選手のように…

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ