한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/10/19

横井小楠の旧居からも桂浜の坂本龍馬に宛ててはがきを出せるようにしよう…  

 桂浜の坂本龍馬にはがきが出せるなら、秋津町沼山津に復元された旧居【四時軒】を持ち、記念館もある横井小楠にもはがき書いたら届くように、郵便受けを設けてはどうでしょうか?
 ついでに矢島家旧居の四賢婦人の家にも…

 墓苑を管理する事務所も、故人それぞれに宛てて書いた郵便物が届いたなら、燃やして【あの世】に届けるというようなサービスもあっていいかもしれません。はがき道をやっている私も、すでに故人となっている人にもはがきを書きたい気持ちに駆られることがあります。

 例えあの世の人であっても(はがき)を書き始めると、とたんにアラジンの魔法のランプのように故人の面影がありありと目の前に浮かんでくるのです。
 熊本市秋津町沼山津の旧居【四時軒】まで足を運べば、高知県桂浜に立って太平洋のかなたを見つめている坂本龍馬に届くという、『はがき』付き年賀状セットが買える企画があれば、訪問者が増えるのではないでしょうか?

 夕刊を読むと、【龍馬街道】と名付けた町おこしを福岡市でやっているようです。福岡中央郵便局に行けば、高知の桂浜の坂本龍馬に宛てたはがき付きの年賀セットが買えるそうです。

 届いた文面はホームページで紹介してくれるそうですから、私も出してみようと思います。

 年賀はがきには、坂本龍馬の肖像が描かれているとか…若くして新撰組の刃に倒れた坂本龍馬は、日本史上最も人気のある人物…一回でも歩いた道までが慕われています。
               クリックすると元のサイズで表示します

 先日、第一高校を出発し、一新幼稚園内にあった迎賓館(勝海舟や坂本龍馬が泊まった所)を見てから、沼山津の横井小楠先生旧居までのウォークも、小楠先生が歩いた道としてではなく、坂本龍馬が歩いた道として行われています。

 坂本龍馬が生まれた土地にある郵便局の名前が龍馬郵便局であるならば、横井小楠が生まれた土地の近くの郵便局も小楠郵便局でよいかもしれません。小楠塾とか小楠アパート、小楠不動産などはあるようですが・・・小楠郵便局がありません。阿蘇くまもと小楠空港なんてもいいかもしれません。小楠ていったい誰だろうなんてね、そこから興味が湧いてくるのです。

 小楠ウォークに参加して、なるほどこの道は江戸時代の道だったのか…今は住宅地の中の道になってしまっているようですが、道の曲がり具合とか道幅などにやはりどこか昔の風情が残っているような・・・坂本龍馬の、死してなおの絶大な人気ぶりには改めて感心させられました。

 沼山津の横井小楠先生旧居からも、桂浜の坂本龍馬に宛ててはがきが出せるようにしたらどうでしょうか?福岡中央郵便局の二番煎じになるかもしれませんが、よいことは真似してもよいのではないかと思います。

2
タグ: 竜馬 ブログ 龍馬

2009/10/19

漢字能力検定協会が選定して、清水寺が発表する【今年の漢字】は、恐らくは…  環境・教育

 11月2日から募集が始まると新聞で読んだのですが、日本漢字能力検定協会からは今年の漢字は何かと言われても、別に何か抽選に当たるとも書いてなかったので、はがきに書いて出すよりも私はブログに予測を書いておきます。

 今年の漢字は、恐らくは【愛】ではないかと…オバマ大統領が【チェンジ】といって当選したり自公政権が退場したことで変化が起きているので【変】ではないかという向きもあるようですが、私は【愛】に一票を投じます。

 総選挙で大勝した民主党の鳩山さんのキャッチフレーズが【友愛】でもありますし、NHK大河ドラマに描かれている上杉家の重臣は、兜に【愛】と書いています。

 上杉家は広い領土の越後から狭い米沢に改易されても、家臣団をそのまま抱え込んで、殖産興業に懸命に努力したという話がテレビであっていました。これも君・臣・家族が仲むつまじい家風のあらわれなのでしょうか?

 また、『ちょっとひとことの中国語』に出演して愛嬌を振りまいているのも、中国の卓球リーグに参加している福原愛ちゃんです。

 愛子さまもずいぶん成長されたことでしょう。

1
タグ: 社民党 民主党 友愛

2009/10/19

西原村議会のおてもやんブログ加入者は二人となりました。  村のあちこち村おこし

 熊本県のローカル色豊かで、地域の活性化に役立つと、ある人からかねて推奨されていた『おてもやんブログ』に加入することができました。

 私のブログのアドレスは、
http://tajima.otemo-yan.netです。

 オートページのブログとは違って、無料でも熊本県内の近場の商店街などの広告がついてきますので、まことに好ましい気がする【おてもやんブログ】です。

 同僚議員たちに勧めるには一番自信が持てるブログなのではないかと目星をつけて、まずは私が加入し、次に今村和己議長にも加入していただきました。→ http://imamura.otemo-yan.net

 インターネットで発信する議員の割合が高くなればなるほど、西原村議会の改革(情報公開)は進むだろうと思います。また、住民からの意見がコメントで寄せられるようになれば(住民参画)にもいくぶん資することと思います。

 仮に3分の1の4人の議員でもブログでの情報発信を始めたら、全国1は間違いないと思います。それはとりもなおさず日本1の情報収集力ということになりますから…

 また、議会自体のインターネットでの情報発信を制度化するためにも、弾みがつくたろうと思います。

 確かに私は日本共産党の議員ですが、民主党を中心とした政府に対して、建設的野党として(是は是・非は非)の立場を国会において表明しているように、西原村議会の中においても積極的・建設的役割を果たしたいと思います。他党派であろうが保守だろうが右翼だろうが、ともにこの村をよくしていこう!という立場で臨みたいと思います。

 さて私は、(おてもやんブログ)を近未来のスケジュールなど、できるだけ多くの皆さんを何か有意義な催し物にお誘いする内容に特化して、Autopageのブログとは分業体制にしたいと思っています。

 というのは、未来も今日のことも過去のことも一緒くたに書いてみたら、未来が今日の書き込みに覆いかぶさって邪魔になり、どうも具合が悪いのです。

1

2009/10/19

おてもやんブログに加入しました。  村のあちこち村おこし

 ついに阿蘇の『ゆめ』さんから勧められていた『おてもやんブログ』に加入しました。

 ブログのアドレスは、
http://tajima.otemo-yan.netです。

 オートページのブログとは違って、無料でも熊本県内の近場の商店街などの広告がついて好ましい気がする【おてもやんブログ】ですから、同僚議員たちに勧めるには一番よいのではないかと思って、まずは私が加入したというところです。

 インターネットで情報発信する議員の割合が高くなればなるほど、西原村議会は改革が進むだろうと思いますし、情報発信力は、情報収集能力に結びつきますから…

 私のブログとしては、おてもやんブログは近未来のスケジュールなど、できるだけ多くの皆さんを催し物にお誘いする内容にしたいと思っています。

 近未来のことですから、今日と過去の日記となっているオートページのブログとは分業することになります。

1

2009/10/19

最初から濁点・半濁点は打たないで済むように熟語をケータイに覚えさせると、その分速くなります。  携帯入力速打法

 例えば【民報(みんぽう)・民法・民放】など、二字目が単独では清音なのに濁音になったり半濁音になったりしてしまう漢字熟語によく出会います。お隣の【大津町】を入力するのにご丁寧に【おおづ】と濁点のキー(*)に指を動かさないでも【おおつ】でちゃんと【大津】が出てくるのです。【小国】も【おくに】で出力するように覚えさせるのです。【宮崎】も【みやさき】だと頭の中にインプットさせていたら、出力が速くなります。
 最初から【みんほう】として入力し記憶させると、濁点や半濁点を打ちに『*』に指を持っていく動作が省略できるのです…

 これも入力スピード・コンテストがあったりした場合に、タッチの差で優勝できる裏技になるかもしれませんね。

0

2009/10/19

*を捉音に使いたいケータイ入力速打法  携帯入力速打法

ケータイ入力速打法の提案

【いっち】を【い*ち】。【さっち】を【3*ち】などとすれば、打数がさらに減ります。【3*ち】は表示自体は【ざち】となりますがそれには目を瞑るのです。つまり
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ